お力添え 意味。 お力になれずの意味と使い方は?お役に立てずやお力添えできずなどの類語も

「ご尽力」と「お力添え」の【意味・使い方・例文・類語】目上の人に使う時は?|語彙力.com

お力添え 意味

敬語は、社会人として必須のスキルの1つです。 正しい敬語で話すことができる人は、周囲や上司、取引先からも信頼されやすく、反対に上手く敬語で話せない人は、周囲から常識がない人や失礼な人だと思われやすいと言われています。 しかし、敬語はなかなか難しいものです。 また職場では、学校のように1つ1つ言葉の使い方などを教えてもらえる機会が少ないので、誤った使い方や意味のまま覚えてしまうというケースも少なくありません。 ですから、少しでも意味が分からなかったり使い方に疑問を覚えたりした言葉については、必ず調べて意味や使い方を学んでおくことをおすすめします。 今回は、ビジネスシーンでも使われることが多い、「口添え」という言葉をテーマにして、意味や使い方、敬語への言い換えやビジネスシーンでの使用方法などをご紹介していきます。 「口添え」の意味と使い方 まずは、「口添え」とはどのような意味を持つ言葉なのか、意味について御紹介していきます。 「weblio辞書」によると、「口添え」という言葉には、「ある人の依頼・交渉などがうまく行くように,はたから言葉を添えてとりなすこと。 上記の解説から、口添えとは、特定の物事などがうまくいくように、第三者が言葉を添えて介入することであると読み取れます。 「口添え」の使い方 続いて、「口添え」という言葉の、一般的な使い方についてご紹介していきます。 例えば、新入社員Aが、新しいプロジェクトを企画します。 しかし、そのプロジェクトが実現させるには、各部署の部長が賛成しなければなりません。 新入社員Aの企画を実現させる為に、上司である部長Bは、他の部署の部長に、新入社員Aの企画に賛成するよう、お願いをします。 このような状況について、「口添えする」という言葉が当てはまります。 上記のような状況で、新入社員Aがプロジェクトを実現した場合、部長Bは、「新入社員Aの企画が実現したのは、自分の口添えがあったからだ」などと言うことができます。 上記のような使い方が、「口添え」の一般的な使い方だと言えるでしょう。 「口添え」を使った例文 「口添え」という言葉の意味や使い方について、例文を通して確認した所で、続いては目上の人などに「口添え」を使う場合について考えていきます。 基本的に、目上の人に対する言葉遣いは、敬語や丁寧語がマナーとされています。 ですから、「口添え」という言葉を使う場合も、敬語表現に置き替える必要があります。 敬語で「口添え」という言葉を使う際、どのように言い換えれば良いのか考えていきましょう。 「口添え」の敬語表現 「口添え」の敬語での伝え方や使い方を見ていく前に、まずは「口添え」を敬語に言い換えるとどのようになるのか、ご紹介していきます。 「口添え」を敬語表現に言い換えると、「お口添え」となります。 ですから、目上の人などに対して「口添え」という言葉を使いたい場合は、「お口添え」と言い換えるのがマナーとなります。 基本的に、口添えは誰かにしてもらうもの、もしくは誰かの為にするものです。 相手が目上の人であれば、自分が口添えをしてもらう側の立場に立つケースが多くなるので、「お口添え」と表現し、相手に失礼な印象を与えないようにしましょう。 「口添え」の敬語での使い方 続いて、敬語で「口添え」を使う場合の例文を通して、敬語での「口添え」の使い方を見ていきましょう。 ・お口添えをいただきまして、ありがとうございます。 「口添え」は、「してもらう」といった言葉と共に使われることが多い言葉ですが、目上の人に対して使う場合は、「してもらう」の部分も言い換えます。 「お口添えいただく」といったように、「してもらう」は「いただく」などの表現に言い換えましょう。 ビジネスにおける「口添え」の意味 続いて、ビジネスシーンで使われる「口添え」がどのような意味を含んでいるのか、ご紹介していきます。 ビジネスシーンにおける「口添え」は、誰かを紹介してもらいたい時などにも使われることが多々あります。 また、手回しのようなニュアンスで使われるケースもあります。 このように、ビジネスにおける「口添え」は、紹介や協力、手回しのようなニュアンスを含んでいることがあるので、相手がどのように受け取るのか、またどのような意味で相手が使っているのか、慎重に考えることが大切です。 いかがでしたでしょうか?今回は、「口添え」という言葉をテーマにして、口添えの意味や一般的な使い方、敬語表現やビジネスシーンでの使い方、同義語や類義語などをご紹介しました。 「口添え」は、基本的には第三者が行う行為です。 部下の仕事がスムーズに進むように、上司が他の部署の上司に掛け合うような場合などに使うのが一般的です。 ですから、自分の仕事などが上手くいくように上司などに掛け合うことは、「口添え」とは言いません。 「口添え」を上司などの目上の人に対して使う場合は、「お口添え」などのように、敬語表現に言い換えます。 その際は、「してもらう」「してもらいたい」といった部分も「いただく」などに言い換え、「お口添えいただく」といったように表現するようにしましょう。 上記のように、使い方や敬語表現が少々ややこしい「口添え」という言葉ですが、意味などを理解し、使い方を覚えておくと、いざという時に大変便利です。 同義語・類義語も含めて、正しい意味と使い方を覚えておきましょう。 ・就職の口添えをする。 ・先生の口添えで解決した。 」 そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。 実はその悩み、転職すれば解決できる可能性があります。 転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができるかもしれません。 転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

次の

「ご尽力」と「お力添え」の【意味・使い方・例文・類語】目上の人に使う時は?|語彙力.com

お力添え 意味

「助力」の使い方と例文 - 敬語表現(尊敬語)はどうする? 「助力」は、自分自身が助ける際に使います。 「助けますよ」「力を貸しますよ」だと、少々軽い感じがするので、代わりに「助力」という言葉を用います。 使い方としては、 ・助力する ・助力させていただく ・助力となれば ・助力を惜しまない となります。 相手を立てる敬語表現にする場合は、尊敬を意味する接頭語「ご」を付けて 「ご助力」の形にします。 主に、 依頼・お願いする際に使います。 使い方としては、 ・ご助力を仰ぐ ・ご助力のおかげ ・ご助力いただきますようお願いいたします ・ご助力いただけると幸いです ・ご助力を賜る ・ご助力ください となります。 「ご助力」は、「相手から受ける助言や協力」などを全て表しています。 また、「ご助力」は「ご助力いただき、ありがとうございます」と相手からの手助けに対しての感謝を伝えたり、「ご助力いただいたにも関わらず〜」とお詫びをするときにも使えます。 例文 ・今後もご指導とご助力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。 ・事業計画の達成につきましては、御社のご助力を賜りましたことをありがたく存じます。 ・この計画を実現するために、ご助力くださった全ての方に感謝申し上げます。 ・催し成功のために、社員各位のご助力をお願いいたします。 ・多くの方々のご助力があって、プロジェクトを無事終えることができました。 ・実は、あなたのご意見ご助力を仰ごうと思っておりました。 ・当店は今年で開店5周年を迎えることができました。 これも皆様のご助力の賜物と深く感謝いたします。 ・この度はご助力いただいたのにもかかわらず、残念な結果となってしまい、大変申し訳ありません。 ・彼に頼まれたからには、喜んで助力する。 ・必ず成功するように助力する。 ・その企画が上手くいくように、金銭面で助力する。 「ご助力」の言い換えは「お力添え」 「お力添え」は <おちからぞえ>と読みます。 「力添え」の意味は 「力を添えること」「手を貸すこと」です。 それに尊敬を表す接頭語「お」を付けて、「お力添え」となります。 「お力添え」はお願い・お礼・お詫びをするときに使います。 「お力添え」の使い方としては、 ・お力添えいただく〜 ・お力添えのほど〜 ・お力添え賜る〜 ・お力添えの賜物 などとなります。 「お力添え」は「相手の援助」を意味しているので、自分の行為については使用できません。 自分の動作に対して使いたい場合は、「お」を取り、「力添え」とします。 例文 ・お忙しいところご連絡させていただき大変恐縮ですが、今回の件でお力添えいただけますでしょうか。 ・今回の件について大変お世話になりました。 今後ともお力添えのほど、よろしくお願い申し上げます。 ・どうか益々のご指導とお力添えを賜りますよう、お願いいたします。 ・お力添えをいただいたにも関わらずこのような結果となってしまい、誠に申し訳ありません。 ・皆様のお力添えのおかげで、急場をしのぐことができました。 ・私はあなたに力添えするつもりです。 ・他人の力添えや知恵を受け続ける。 「ご支援」も言い換えとして便利 「支援」は 「ささえ助けること」「援助すること」を意味します。 「ご支援」の「ご」は尊敬を表す接頭語なので、相手の行為に対して使います。 「ご支援」は主に、お願いやお礼をするときに使うことが多く、 金銭や労力など具体的な依頼をするときにも使えます。 例えば、金銭の感謝を述べる場合は「いつも多額のご支援を賜り、感謝いたします」とします。 また、「これからも変わらぬご支援をお願いいたします」といったように、メールの挨拶などでも使われることが多いです。 例文 ・皆様のご期待に添えられるよう、精一杯努めてまいりますので、ご支援いただきますようお願い申し上げます。 ・当事業に対して、ご理解ご支援のほど引き続きよろしくお願いいたします。 ・今後も変わらぬご支援ご厚誼を賜りますよう、お願い申し上げます。 ・私は彼女の活動を支援する。 ・町の人の支援で病院が建てられた。 自分に対して使う場合は「尽力」がベター《謙譲表現》 「尽力」は <じんりょく>と読みます。 「尽力」は 「あることのために力を尽くすこと」「骨を折ること」を意味します。 「尽力」は謙譲語ではありませんが、へりくだった表現です。 「尽力」は「これから尽力する」といったように行う前のことに使い、「尽力した」と行ったことに対しては使いません。 人の行動に対して使う場合は、尊敬を表す接頭語「ご」を付けて 「ご尽力」とします。 「ご尽力」は主に、お礼・お詫びをするときに使います。 「ご尽力、お願いいたします」といったように、お願いをするときにはほとんど使いません。 この場合、「自分のために力を発揮してもらうことをお願いする」という意味になるので、非常に厚かましくなってしまいます。 ですので、「ご尽力」を使ってお願いするというのは、よほどの場合だけです。 「尽力」という言葉から、「尽力を尽くす」という言葉を連想する人もいるかもしれません。 特に、ビジネスメールなどで使用してしまわないように、注意しましょう。 例文 ・今後は、誠心誠意尽力してまいります。 ・僭越ながら、貴社の発展に尽力させていただきます。 ・今後は同じ過ちを起こさないよう、尽力してまいります。 ・微力ではございますが、尽力させていただく所存でございます。 ・この度の事業成功にあたり、関係者各位の皆様のご尽力には感謝申し上げます。 ・この度はご尽力いただいたのにもかかわらず、残念な結果となりましたことを深くお詫び申し上げます。 「助力」の類語 協力 (意味:ある目的のために心を合わせて努力すること) 「私は募金に協力している」 お手伝い (意味:手助けすること・助力すること) 「お手伝いしていただき、誠にありがとうございます」 援助 (意味:困っている人に力を貸すこと) 「ご援助のほど、ありがとうございました」 手助け (意味:手伝うこと。 また、手伝いとして役に立つこと) 「お店の手助けをする」 サポート (意味:支えること。 支持・支援すること) 「新入社員をサポートする」 加勢<かせい> (意味:力を貸して助けること。 応援) 「負けている方に加勢する」 助太刀<すけだち> (意味:加勢や援助をすること) 「彼に助太刀を頼む」.

次の

就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

お力添え 意味

例えば、マスコミ志望の大学生が大手新聞社を受験するとします。 競争率が高くかなりの難関。 少しでも有利にはかどるように、この新聞社のOBでゼミの教授に口添えを依頼します。 「新聞社を受験することになりました。 先生にお口添えしていただければと思い、伺いました」というような場合ですね。 逆に、後輩の就職に尽力した時など、「私の口添えがあって、彼は就職できた」と言いますが、何だか自慢げに聞こえますのであまり使うことはないですね。 口添えがあって、物事がうまく運んだ場合の礼状は次のようになるでしょう。 「これもひとえに先生が電話であらかじめお口添えをくださいましたお陰です」。 尽力がなかったら到底うまくいかなかった、配慮、労をとっていただいた事への感謝の思いが、相手に伝わると思います。 「口添え」に尊敬語の「お」をつけて「お口添え」とするのですが、先ほど紹介した教授のケースなど、目上の人に用いる場合がそうですね。 「先生に口添えしていただければ」としますと、何だか偉そうで、耳にした教授もいい気持ちがしませんよね。 「お」をつけるだけで、細やかな心配りが感じられます。 逆に、後輩の就職に尽力したときに、「私のお口添えがあって」としますと、落ち着きが悪いですね。 ここはやはり「お」を付けずに謙譲語として使うのが正解ですね。 最近、社会人として敬語を使いこなせない人が多いと言われています。 就職で口添えしてくれた人への例文を考えてみましょう。 新聞社に内定した学生のゼミ教授への礼状は次のようになると思います。 先日、お願いしました新聞社へのお口添えですが、おかげさまで内定を頂くことができました。 面接官が先生のことをご存じだったらしく、先生のことが話題になり、緊張することなく、対応できました。 陰ながらのご尽力に深く感謝いたします。 ありがとうございました。 まずは手紙でお礼申し上げます。 改めて、お礼に伺います。 用例としましては「先生からなんとお口添えいただこうと、それは引き受けられません」「実は御社の上司にお口添えしてほしいのです」「もし代議士にお口添えしていただけるのなら本望です」などが挙げられます。 口添えは、交渉や依頼などに傍らから言葉を添えてとりなすことを言いますが、類似語には、口をきく、仲介する、間に入る、紹介する、橋渡しをする……など枚挙にいとまがありません。 「口添えも利いて」「口添えを願って」「上司の口添えで」などと使い方も多様です。 口をきくはとりなす、仲裁する、仲介は双方の間に入って便宜をはかる、橋渡しはなかだちをする、と同様の意味ですが、前後の文脈からどの言葉を使うのが適切か判断する必要があります。 関連語として口入れという言葉があります。 取引や金銭の賃借の仲介をすることですが、かつては「口入れ屋」という職業がありました。 お店に奉公人などの世話をする人のことをいい、時代劇によく出てきますが、今では耳にすることはほとんどありません。 使い方と用例 口添えに共通する意味には、対個人や集団との社会的な関係を促したり、契約がまとまるように働きかけること、と言われています。 世話、斡旋、周旋も同義語ですね。 これらの言葉の使い方をみてみますと、世話は「仕事を世話する」「よい建築業者を世話する」、斡旋は「マンションを斡旋する」というように事が進展するように間を取り持つこと、周旋は「土地の売買を周旋する」など売買、雇用などで用いられます。 口添えは交渉や就職などがうまくいくように傍らから言葉を添えることを言います。 実際に用いられる例を挙げますと、「先生から何とお口添えをいただこうと、私の方針は変えられません」「御社の重役のお口添えがあったと聞いておりますが」「あなたから口添えしてもらえますか」などが考えられます。

次の