コロナ ウイルス 終息 いつ。 新型コロナウイルスの、感染拡大は、いつ頃終息するのでしょうか?専門家でも難しい予測ですが、終息予測の情報を集めてみました。

【新型コロナウイルス】いつ終わる?いつまで続くの?終息の時期を予測・予想をまとめてみた

コロナ ウイルス 終息 いつ

今回の記事では新型コロナウイルスへの質問世界保健機関(WHO)David Heymann教授が、アメリカの記者に答えた情報を翻訳して皆さんにお伝えしたい。 彼はSARSとMERSの両方を経験、新しいコロナウイルスの蔓延を阻止するために個人ができること、そして彼がパンデミックの終息にあとどれくらいの時間がかかるかをこの記事では述べている。 WHOアドバイザーのDavid Heymann教授は、COVID-19の大流行について語った。 つまり感染が最終的にいつ終息するかは誰もわかりません。 HIVは20世紀初頭に出現し、その後世界中で流行しました。 動物界から 季節性インフルエンザが出現しており、現在、ヒトが保有する 流行性の季節性インフルエンザウイルスが3つあります。 そして、結核のような風土が関係する多くの病気もあります。 それらもまた 動物界から来たと考えられています。 問題は次のとおりです。 この新しいコロナウイルスは、これらの感染症のように風土病になるのでしょうか、それとも、発生したときに封じ込めて将来再び出現するだけのエボラ出血熱のようになるのでしょうか。 こ のウイルスの運命を確実に予測することはできません。 コロナ終息はまだいつになるか誰もわからない・・・ コロナ終息時期について、様々なメディアで色々な情報を流しているが、WHO デイビッド・ヘイマン教授が述べた見解が一番正しいかもしれません。 夏には終息する、一年後には通常通りの生活をおくれることができるなどデマが飛び交っているが、まだワクチンの開発中の今、世界的にパンデミックが治るまでにはまだ時間がかかりそうだ。

次の

新型コロナウイルスいつまでに感染終息?消毒に紫外線は有効?

コロナ ウイルス 終息 いつ

先見の明とはまさにこのことでしょうか。 こういった発言力のある方が発信するのは素晴らしいことだと思います。 人類VSウイルス NewsWeekに戻りまして。 ( インペリアル・カレッジ・ロンドンの臨床上級講師・名誉コンサルタントを務める感染症の専門家である クリストファー・チュー氏によれば) 新型の病原体は 「ある時点で人口のかなりの割合が免疫を持つようになり、感染拡大に歯止めがかかる」のが通常のパターンだが、封じ込め策も流行を終わらせる効果がある。 『 新型コロナウイルス感染症はいつ、どう終息するのか 』 より早く多くの人が免疫を獲得できればいいですよね。 また、 史上最多の死者を出した1918年のスペイン風邪は、 感染者が死ぬか、免疫を獲得し、ウイルスがとりつく新たな宿主がほとんどいなくなった時点で終息した。 1957年のアジア風邪はワクチンが早期に開発され、抗生物質で合併症が抑えられ、一部の人たちが免疫を獲得したことがあいまってコントロールできる状態になった。 『 新型コロナウイルス感染症はいつ、どう終息するのか 』 あまりにもウイルスが強すぎると感染者が死んでしまい、そうすると次の宿主に移れないんですね。 ビル・ゲイツが動画の中でエボラを例にあげてます。 感染拡大を防げた理由を3つ上げていますが、その中の一つとして、患者が重症でベッドから動けず、空気感染しなかったこととしています。 ( オクスフォード大学「人類の未来研究所」の上級研究フェローでパンデミックの専門家ピアーズ・ミレット は)「ウイルスの立場からすれば、 宿主を殺せば増殖できなくなり、存続できなくなる。 うまく適応したウイルスは、宿主を病気にしても殺さない。 COVID-19も動物由来のウイルスであれば、今後数週間に新しい宿主に適応するにつれて、症状の重篤さが和らぎ、流行の猛威は収まっていくと考えられる」 『 新型コロナウイルス感染症はいつ、どう終息するのか 』 ウイルスも凶暴性を和らげて欲しいです・・・。 しかし病原体が多くの国に広がり、感染が拡大すると、封じ込めでは感染を阻止できず、せいぜい拡大のスピードを抑えることしかできなくなると、チューは指摘する。 「 それでもピーク時の山の高さを抑えることで、感染者が病院に殺到して医療が崩壊する事態を防ぐ効果は期待できる」 『 新型コロナウイルス感染症はいつ、どう終息するのか 』 なるほど。 「封じ込めても結局は感染するんだから意味ない」というような意見も耳にしますが、感染スピードを遅くするだけでも、医療機関の崩壊を食い止める効果はきっとありますよね。 また、 新型コロナウイルスがどんどん勢力を拡大するなかで、世界各国が封鎖などの措置を取り、 時間稼ぎをすれば、その間にワクチンや治療薬の開発も急ピッチで進む。 『 新型コロナウイルス感染症はいつ、どう終息するのか 』 ということですね。 まさに「時間稼ぎ」でしかないのかもしれませんが、その間、ワクチンや治療薬の開発も進められるし、先に上げた医療システムを保つこともできます。 大切なことですね。 ミレットはさらに「現時点で最も信頼できる推定では、COVID-19の致死率は非常に低いと考えられる」と付け加えた。 『 新型コロナウイルス感染症はいつ、どう終息するのか 』 これが本当であって欲しいです。 やはり、常日頃よく寝てよく食べて、健康に注意することが個人できる最善の方法なのかなぁと思います。 (ケンブリッジ大学「生存リスク研究所」のキャサリン・ローズ理事長は)「人類史を振り返れば、世界全体に影響を及ぼす感染症の大流行は何度も繰り返されてきた」。 幸いにも人類は今、感染症の猛威に対し史上最強の対応能力を持っている。 「世界はかつてないほど(感染症への)準備ができている」と、チューも言う。 「パンデミックに備えた計画が発動され、治療法とワクチンの研究も驚くほど急ピッチで進んでいる」 『 新型コロナウイルス感染症はいつ、どう終息するのか 』 この記事はポジティブな終わり方ですよね。 本当にそうあってほしいです。 6日WHOのコメントですね。 「流行のピークと終息をどう予測するか。 」という問いで、 SARS のデータを元に、 今回は19年12月に始まったことから、20年4~5月がピークで、8月まで続くと推測。 夏以降も続く可能性は低いが、どうなるか分からない。 『新型コロナ「4~5月がピーク」 感染症対策の第一人者、東北医薬大・賀来特任教授』 としています。 オリンピックまでには終息してほしいですけど・・・オリンピックが開催されないとなったら、経済的影響などを考えると恐ろしいです。 最後に動画いくつか というチャンネルの動画2つ。 どういう立場の方達が作った動画か分からないのですが、絵やCGによる説明が分かりやすいなぁと思いまして。 英語訳(自動生成)を表示できます。

次の

新型コロナウイルスはいつ終息するのでしょうか

コロナ ウイルス 終息 いつ

2002~03年に大流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)の場合• 2002年に中国広東省で発生。 2002年11月から2003年7月の間に30を超える国や地域に拡大。 2003年12月時点のWHOの報告によると疑い例を含むSARS患者は8,069人、うち775人が重症の肺炎で死亡 (致命率9. 6%)。 当初、この病気の 感染源としてハクビシンが疑われていたが、今ではキクガシラ コウモリが自然宿主であると考えられている。 ヒトからヒトへの伝播は市中において咳や飛沫を介して起こり、感染者の中には一人から十数人に感染を広げる「 スーパースプレッダー」が見られた。 死亡した人の多くは 高齢者や、心臓病、糖尿病等の基礎疾患を前もって患っていた人であった。 子どもには殆ど感染せず、感染した例では軽症の呼吸器症状を示すのみであった。 2012年に確認され韓国などで感染が広がったMERS(中東呼吸器症候群)の場合• 最初のMERSの感染による患者は、 2012年にサウジアラビアで発見。 MERSは、 ヒトコブラクダに風邪症状を引き起こすウイルスであるが、種の壁を超えてヒトに感染すると重症肺炎を引き起こすと考えられている。 これまでに27カ国で2,494人の感染者がWHOへ報告され(2019年11月30日時点)、そのうち858人が死亡 (致命率34. 4%)。 大多数はウイルスに感染しても軽い呼吸器症状あるいは不顕性感染で済んでおり、 高齢者や基礎疾患をもつ人に感染した場合にのみ重症化すると考えられる。 重症化した症例の多くが 基礎疾患(糖尿病、慢性の心、肺、腎疾患など)を前もって患っていたことが解っている。 ヒトからヒトへの伝播も 限定的ではあるが、病院内や家庭内において重症者からの飛沫を介して起こる。 市中でヒトからヒトへの持続的な 感染拡大が起こったことは一度もない。 2015年5月に韓国の病院で起こった感染拡大では、中東帰りの1人の感染者から186人へ伝播した。 同年12月23日に終息宣言をした。 マスク熱中症予防にひんやり夏用マスクはこちら! 先日テレビを見ていたら、新型コロナウイルスについて、池上彰さんの番組でがこんなコメントをしていました。 オリンピックに影響が出るのか? と質問が飛ぶと池上は 今、中国では死者数よりも、感染者数が増えています。 つまり、これまで感染者数が把握できていなかったので、致死率はどんどん下がっていきます。 一般の風邪なみに下がるという専門家の見方もあります。 コロナウイルスによる風邪は毎年、流行ってはいます。 新型については、まだ適切な治療法がなく、未知で不安になっていますが、いずれコロナウイルスを恐れることはなくなると思います。 ウイルスは湿気や暑さに弱いので、これからジメジメしてくると活動は弱くなってくる。 ということで、個人的には楽観しています。

次の