せ ックスレス 夫 が 拒否 40 代。 40代「夜の営み」実態調査。世のパパは妻をいかにして誘うのか?|OCEANS オーシャンズウェブ

「疲れてるから」はウソ!あなたの夫が「してくれない」本当の理由

せ ックスレス 夫 が 拒否 40 代

男性はいつもヤル気満々でいるわけじゃないの? 「夫が妻とのセックスを拒否」というセックスレスのパターンも、実は相当数あることをご存知ですか。 世の中にあまたある「風俗店」「AV」「エロ雑誌」「アダルトサイト」「エロアニメ」「ポルノ映画」「オトナのおもちゃ」「自慰グッズ」「回春マッサージ」……。 これらが多くは男性向けであるという事実から、「男性はみんなセックスが大好き」「男性はいつも性欲マンマン」と考えられがちですが、実際はそうでもないのです。 いまや日本のカップルの半数近くはセックスレス。 あんなに男性の性欲を満たすためのマーケットは巨大なのに、なぜ妻とのセックスは拒否するのでしょうか?その理由は妻にあるもの、あるいは夫自身にあるものなどさまざまです。 数ある夫由来のセックスレスの理由の中から、代表的な10の夫の本音をご紹介しましょう。 「優しいパパとママ」でいるだけでいいの? 結婚前は「男女の愛」であったものが、結婚後に「家族愛」にシフトしてしまうことはよくあります。 生活を共にするうちに一緒にいることが当たり前になり、秘密もなくなりときめきもなくなり、「仲良しだし、大切に思っているけれど、そんな気分になれない」という夫にどう接すればいいか悩む女性は少なくありません。 特に子供ができると女性は「妻」から「母」になってしまい、余計に男性にとっては性欲の対象から外れてしまいがちです。 さらに「家族」ならまだしも、単なる「同居人」「家政婦」にまでなってしまうと、もうスキンシップすらなくなってしまうことに……。 もし現在、お互いを「パパ」「ママ」と呼び合っているとしたら、すでにセックスレスの危険信号がともっています。 セックスレスの理由・原因2:妻にセックスを迫られるのが嫌だ 夫婦の性欲の間にギャップが…… 妻と夫の性欲に差が出ている夫婦に多いのがこのパターン。 セックスに後ろ向きな旦那様に「なぜ抱いてくれないの」「私とセックスしないってことは、どこかで浮気をしてるんでしょ!」と妻が責め立て、旦那様は余計に性欲を失ってしまうという負のスパイラルです。 妻は「男性は必ず性欲があるはず」と考えているため、旦那様が性欲を失っているということに気がつきません。 同時に旦那様の方も「女性はセックスに対して受け身であるもの」と考えているため、自らセックスを求めてくる妻を気味悪がったり、うっとおしいと感じてしまったりします。 このようなお互いの認識のずれが夫婦の性欲のギャップをさらに大きくしてしまうのです。 セックスレスの理由・原因3:子作りプレッシャーが辛い 子作りに夫を駆り立てる妻の視線…… 「早く孫の顔を見たい」という親たちからのプレッシャーや「高齢出産になる前に産まなきゃ」という妻からの催促に、「俺は単なる種馬か……」とやる気が失せてしまうのが意外に繊細な男性の心理。 最近は30代にも見られる現象です。 そして「勃起は自らが男性であることの証」と考える人も多く、EDであるという事実を自分自身で認めなかったり、それを隠そうとする反応が一般的です。 正直に打ち明けてくれれば、一緒に対策を取ったり解決する方向に向かえるのに、プライドや見栄が邪魔をして妻には知らせまいとするあまり、セックスから遠ざかってしまうのは、妻にとっても不幸なことです。 EDの男性はしだいにライトなキスやスキンシップも避けるようになります。 その先を求められると困るからです。 もしかしてうちも…?と思った方は、別記事をどうぞ。 セックスレスの理由・原因7:また拒否されるのは嫌だ この状態では妻を起こしづらいもの 男性によっては「性欲がないわけじゃないけど、子供がいるからなぁ」と遠慮してしまう、優しすぎるタイプもいます。 子供を寝かしつけながら寝落ちしている妻をわざわざ起こしてはかわいそうだと思ってしまったり、夫婦だけの寝室にいても、隣の部屋で赤ちゃんが泣いていると、つい様子を見に行ってしまったり、「パパと一緒に寝たい」と言われるとつい子供と川の字で寝てしまったり……。 最近のイクメンパパにはよく見られるセックスレスの原因です。 川の字睡眠に関しては私は断固反対派です。 子供がいてもセックスフルな夫婦でいるためのヒントは、ガイド記事やでご確認ください。 セックスレスの理由・原因9:立ち合い出産がトラウマ 実は男性にはしんどい「立会出産」 女性が自らの命を懸けて新しい生命を生み出す「出産」は、夫婦にとってもかけがえのない機会です。 しかし、これは男性のタイプにより良い結果と悪い結果、二極化します。 神々しい生命の誕生に立ち会えて幸せ、妻に感謝!という方はいいのですが、あまりにも生々しい現場近くにいてしまうと、そのリアルな現実にドン引きしてしまう男性も一部いるのです。 妻が髪振り乱し咆哮するとともに産道から血まみれの胎児が出てくるシーンを目の当たりにして、「女性器にエロスや神秘性を感じなくなった」ということも少なくありません。 夫婦のきずなを深めるはずの立ち合い出産が、ときにはマイナス効果をもたらす可能性があることは、知っておいた方がよいでしょう。 セックスレスの理由・原因10::セックスは面倒。 1人で処理したほうが楽 妻側が受け身すぎると「セックスは面倒、負担が大きい」となることも…… 「セックスは終始男性がリードするもの」と旦那様も妻も考えている場合、「セックスは面倒、負担が大きい」となる確率が高まります。 女性を誘って、服を脱がせて、しっかり前戯で感じさせて、挿入後は絶頂まで行かせて、とやらなきゃいけないことで頭がいっぱいの旦那様。 一方で、セックスは全部男性にお任せで自分は楽しむだけ、とベッドで冷凍マグロ状態の妻。 毎回これでは男性も疲れてしまいます。 セックスは男女の「身体のコミュニケーション」ですから、一方通行だけでは長続きしません。 夫側が拒否するセックスレスの場合、性欲そのものがなくなっている場合と、性欲はあるのに妻だけNGの場合の両方があります。 妻だけNGの場合はもちろん、性欲そのものがなくなっている場合でも、妻自身にも何らかの原因がある場合がほとんどです。 旦那様を責める前に、まずは自らを冷静に振り返ってみることを忘れずに。 ちなみに私が以前書いた本『モンスターワイフ』(講談社)では「妻とはしたくない」男性型の意見をもとにセクシャル系モンスターワイフと分類し、エロゾンビやダイダラボッキという例えを使って解説しています。 今の時代、ワーキング主婦が増えたため、つい仕事を優先してしまうモンスターワイフ2. 0も現れてきました。 これに関してはまた別記事にて。 【関連記事】•

次の

せックスレスの離婚率はどのくらい?別れたいときの準備は?

せ ックスレス 夫 が 拒否 40 代

当初は、ヨミドクターの「」ブログに感想を寄せてくださった方だけにインタビューさせてもらっていたのですが、全く関係ないテーマでの取材相手や、友人、友人の知り合いまでもが、ちょっと声をひそめて、「あの記事読みました。 実は私も……」と語りかけてくれたのは不思議でした。 普段は自分一人で抱え込んでいる悩みなわけですが、安心して話せる場があるならば、打ち明けたい、誰かと共有したいと思う方は多いようですね。 30代初めに職場結婚し、専業主婦となった年下の妻とは、長男が生まれて以来、20年近くほぼセックスレス。 誘っても拒まれるようになると、「それでは一緒にいられないね」と、別々の部屋で寝るようになりました。 次男を授かった時に、珍しく妻から誘われた数年ぶりの1回以来、完全に拒否されるようになりました。 「今思うと、子どもをつくるために、排卵日を狙っただけだったのでしょう。 次の日からはどう誘っても『いやだ』の一点張りでした。 最初は自分も、『子育てで忙しいのだろう。 そのうち復活するのかな』と軽く考えていました」 しかし、子どもが小学校、中学校に入って少しは手が離れても、拒否は続きました。 「きれい だね」など、たまに褒め言葉を言ってみても、「下心丸見え」と冷たくあしらわれるだけです。 7~8年前、大手メーカーの管理職として、徹夜や残業の続く毎日で、心に余裕を失っていた上に、長男がいじめを受けて不登校になるなど、家庭の問題も重なりました。 それでも、妻は、セックスはおろか、キスや触れることさえ避け、じっくり話し合うような親密な雰囲気は失われていました。 男性は徐々に眠れなくなり、出勤しても体がつらくて半日しか会社にいられない状態となり、うつ病と診断を受けました。 その後、病状はさらに悪化し、2年前に数か月休職。 一日中ごろごろしては食べるだけの生活で体重が一気に25キロ増え、糖尿病も抱えることになってしまいました。 その後、会社の復職プログラムを受けながら復帰し、病院に通いながら何とか通勤していたある日、自宅にいて、ふと妻に抱きしめてもらいたいという思いが猛烈に募りました。 妻に近づいていくと、妻はこう叫んで、身をかわしました。 「近くに寄られるだけで、ぞっとする!」 強いショックを受けて、自分の部屋に戻り、男性は隣の部屋にいる妻にメールを書きました。 面と向かって尋ねることもできない、おびえるような気持ちでした。 「なぜ?」 男性が尋ねると、妻からは、さらにつらい返信が。 「もう異性として好きではありません。 家事は引き受けますから、夫婦関係は勘弁して欲しい。 もう結婚失敗したんだから、あきらめたら?」 その時男性は、自分をかろうじて支えてきた命綱が消えるのを感じたといいます。 「妻がいたから、うつになっても仕事を20年間頑張れたのに、それは勘違いだったということを突きつけられたんです。 ああ、自分は20年近く、命綱なしで走っていたんだなと思うと、生きる意義がなくなってしまいました。 頑張る源を失ってしまい、心が折れてしまいました」 その日以来、仕事に出かけなくてはと思っても、体がどうしても動かなくなり、男性は2回目の休職をして、現在に至ります。 精神科の主治医には、夫婦関係のことも何度か話そうとしましたが、「うつ病が治ってから考えましょう」と、聞いてもらうこともできませんでした。 両親にも一度話したことがありますが、「そんなの、どんな夫婦だってそうだよ」と軽く受け流されました。 友人ともうつ病をきっかけに10年近く没交渉となり、通院以外は誰とも会話をしない日々が続いています。 「色々な要素が重なったのだとは思いますが、妻とのセックスレスが、いつも心の不安につながっていたのは間違いない。 子育ての時に、仕事で忙しくてすべて任せてしまったのが悪かったのか、何が悪かったのか、何度も自問しましたが、私たちは話し合うことさえできなかった。 我々夫婦の間では、性に関することは悪いことという扱いになってしまって、それを求める自分は悪い人間、それを口にするのも汚らわしいことという雰囲気になっていました。 糖尿病もあり、年齢的にも性欲は薄れましたが、誰かに抱きしめてもらいたい、という思いは今もあって、苦しいです」 休職の期限も間もなく尽きますが、復職プログラムに参加する気力もわかず、八方ふさがりの状況は続いています。 男性は言います。 「結婚したら、求め合うのが自然な形だと思っていましたが、妻は子どもをつくるための手段としか考えていなかったのかもしれません。 この体験談で妻が拒否していた理由は、妻側に取材していないのでわかりませんが、実際この男性も、取引先の納期に追われて深夜まで働く毎日で、休日出勤も多く、育児や家事は、ほぼ妻任せだったといいます。 働く女性も増え、仕事と育児の両立は女性社員に関しては配慮されることも増えてきましたが、そのほかの男性社員、特に専業主婦を妻に持つ男性については(私のように子どものいない女性社員も同じですけれども…)、「フルに働ける」とみなされ、家庭生活にかける時間は後回しにされることが多いように思います。 日本の企業風土、働く環境の問題もセックスレスに影響しているのかもしれません。 また、この男性の場合は、何度も話し合いをしようとしたそうですが、一切拒否され、修復の機会もなく過ごしてきました。 妻側に取材していないですし、このブログはどちらが悪いと判断する場でもない(そもそも私はそんなことできませんし…)のですが、カップルでセックスレスに悩んでいる時、拒否している側が、話し合いにさえも応じようとしないのはとても問題だと思います。 セックスレスはデリケートな話題ですし、長い期間の小さな不満が重なって話し合いで解決できる問題ではないと思ったとしても、パートナーとして共に生きる形を今後も選ぶのならば、相手の不満や悩みに耳を傾ける姿勢を持つのは、当然のことではないでしょうか。 でも、夫婦やパートナーだって別々の心を持った他人。 言葉によるコミュニケーションは必須だと思うのですが、皆さんはどうお考えになりますか? ぜひ、ご意見をお寄せください。 初めての子育てだったり、不安もあったりで、 ちょこちょこっと、ヒントというのか わかってもらいたくてライトに話してみるのだけど、 ハイハイという... 初めての子育てだったり、不安もあったりで、 ちょこちょこっと、ヒントというのか わかってもらいたくてライトに話してみるのだけど、 ハイハイという感じだったり、 こっちも忙しいのに何? みたいな態度をされたりするので、 どんどん心が閉じていく。 そんなに深刻に考えてると思ってなかった!! 何でもっとちゃんと話してくれないんだ! っていう時点でアウトだよ。 そう、あなたも仕事してくれてるし、疲れてるし大変だもんね。 だから、ライトに話してみて、対応できるのか聞いてみてるのだよ。 自分のこと優先で聞く気がないのかなって思うことが続いて溜まっていく。 コミュニケーションとる気ある? 共有する気ある? 一緒に生きている者同士、 目の前にいるこの人は何を考えているのだろう?って思わない? あなたと私は違う人間なんだよ。 わかったつもりでいてるけど。 そう、自分の方法で家庭を守ろうとしてきたのだよね。 私も一緒だよ。 何の確認もなく、 俺は俺でやってるから、おまえはおまえでよろしくって 面倒臭くてやってなかったっけ?? それなのに抱きしめてほしいか? 全部、お前都合じゃん。 そんなもんだよ。 あんたも私に言ってた言葉じゃない? 男はそんなもんなんだよね~? 女もそんなもんだから、よろしくね。 あ そもそも、制度に問題があるのかもしれない。 結婚という制度が人間にあってない。 人はそれぞれが自分らしく自立して生きるべき。 合わないものを無理... そもそも、制度に問題があるのかもしれない。 結婚という制度が人間にあってない。 人はそれぞれが自分らしく自立して生きるべき。 合わないものを無理やり縛り付けているのがこの制度。 互いに不幸にしかならない。 自分らしく生きて、相手を思いやれるのなら共に歩めば良い。 自分を殺してまで他の何人のために生きるものではない。 話し合えることは話し合うべきだと思う。 けど、一番は自分を一番大切にすることだと思う。 今の生活も自分で結局は選択したこと。 今の結果も自分でしてきたことの結果。 悲劇しか想像できない精神状態では悲劇しか起こせない。 所詮、どちらも自分の所有物ではない。 とすれば、制度のために自分の心を縛り付け殺すのが結婚か? 不倫は悪いと思っていた。 でも最近違うのかもしれないと思う。 自由であるべきなのではないだろうか。 結婚=安心、これが罠なのか。 心が離れてしまえば、制度に縛られただけの崩壊した環境だけが残されたに過ぎない。 そうならないように努力できることはする。 けれど、他人を変えることは出来ない。 変えられるのは自分だけ。 どちらにも責任はあるし、どちらのせいでもない。

次の

離婚を切り出す私に、夫がすまなそうに語った「したくないワケ」

せ ックスレス 夫 が 拒否 40 代

「ウチ、でさ」なんて、同年代の飲み会で話題にあがることも一度や二度ではないだろう。 みんなそんなモンだよね、なんて思っていたけれど……。 子供がいる40代の既婚男性100人へのアンケート調査だ(協力:アイリサーチ)。 明らかにセックスレスと思しき、「1年以上しない人」も3割弱いるけれど、「2週間に1回以上」も5人に2人はいるわけだ。 2人目、3人目を目指して子作りに励む人も多いだろうが、みなさん、予想以上に頑張っていらっしゃる……! これはセックスレスでも仕方ない、なんて言っている場合ではないのでは? とはいえ、子供がいる環境下でこの頻度を実現するのは、相当な努力とコツが必要だろう。 それに年齢を重ねると、誘いづらくなる……。 あとはスキンシップを多く取るようにとか。 子供の日程でおよそ曜日が決まっています」(47歳/2週間に1回) 「したいって言います」(41歳/2週間に1回) 「素直に、しようと言う」(48歳/1年以上の頻度) 「前日に明日は?と直接聞く」(40歳/1年以上の頻度) なお、妻から誘われる人より自分から誘うという人の方が比較的多かった。 やはり疲れているから、妻から言ってくれないかな……なんて淡い期待を持つべきではないだろう。 昔ほどの精力はなくとも、昔以上のはあるはず。 頻度が低いことに引っかかりを感じているなら、無理しない範囲でサインを出すのも一考ではなかろうか。

次の