原油 チャート。 WTI原油先物チャート|チャート広場

本日の注目チャート【原油】 │ ✿先物の極み

原油 チャート

【リスク・費用などの重要事項】 <リスクについて> 商品先物取引は相場の変動によって損失が生じる恐れがあり、また、当社必要証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、その損失額は預託している証拠金等の額を上回る可能性があります。 <証拠金等の額とレバレッジ> 商品先物取引は委託に際して証拠金等の預託が必要になります。 最初に預託する当社必要証拠金額は商品により異なりますが、2020年6月1日現在最高額は取引単位(1枚)当り1,300,000円、最低額は取引単位(1枚)当り22,800円です。 ただし、実際の取引金額は当社必要証拠金の額の約26倍という著しく大きな額になります。 また証拠金等は、その後の相場の変動によって追加の預託が必要になることがあり、注意が必要です。 ただし、その額は商品や相場変動により異なります。 <委託手数料について> 商品先物取引の委託には委託手数料がかかります。 その額は商品・約定値段等によって異なりますが、2020年6月1日現在、最高額は取引単位(1枚)当り14,960円 片道・税込 です。 【本サイト使用上の留意点について】 本サイトのコンテンツや情報は当社が信用できると考える情報ベンダーから取得したデータをもとに作成されておりますが、機械作業上データに誤りが発生する可能性がございます。 また、当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を提供するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。 当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。 ここに示したすべての内容は、当社の現時点での判断を示しているに過ぎません。 本サイトは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の商品の売買あるいは取引の勧誘を目的としたものではありません。 本サイトにて言及されている投資やサービスはお客様に適切なものであるとは限りません。 当社は、本サイトの論旨と一致しない他のレポートを掲載している、或いは今後掲載する可能性があります。 本サイトでインターネットのアドレス等を記載している場合がございますが、当社自身のアドレスが記載している場合を除き、アドレス等の内容について当社は一切責任を負いません。 本サイトの利用に際してはお客様ご自身でご判断くださいますようお願い申し上げます。 <著作権について> 本サイトは当社の著作物であり、著作権法により保護されております。 当社の事前の承諾なく、本サイトの一部もしくは全部引用または複製、転送等により使用することを禁じます。

次の

WTI原油スポット価格 長期推移(チャート、変動要因)

原油 チャート

, , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• (USOIL)WTI原油 4時間足 長期下落していた相場が底打ちして反転するまでの流れを見ていきましょう。 常に同じパターンではありませんが、よく似たケースが多いと感じています。 安定下降のトレンドが継続してから、一旦、切り返します。 200EMAに挑戦するも抵抗を受けて反落します。 この動きを強い相場の場合は抵抗を受けずにそのまま反転上昇します。 通常は1回か2回、弱い相場はそれ以上、200EMAの抵抗を受けます。 そして、逆Cカーブのような急落などを付けて底打ちします。 そこから、急騰して底打ちしたような動きを見せてから、再度反落します。 けれども、そこが二番底となり切り返していきます。 ここでも、200EMAが抵抗になることもありますが、今回は一回で切り返しています。 その後、200EMAが抵抗線... (USOIL)WTI原油 月足チャート エリオット波動は非常に奥が深く、熟練の技が求められる手法です。 ですから、安易に波動カウントをすると誤った見方になることが多いので注意が必要です。 そこで、今回は「エリオット波動的」として、細かいカウントをするのではなく、「~的な」見方としてカウントを入れました。 エリオット波動の基本は上昇5波動と下降の3波動で構成されます。 (推進する5つの波と修正する3つの波) 2008年のリーマンショック前に史上最高値を付けました。 そこまでは、綺麗な5波動のように見えます。 そこからまず急落しました。 これを大局の「A波」と仮定します。 そこから2011年にかけて、戻り(上昇)が入りました。 「B波」と仮定します。 そうすると、現在にかけては大局のC波がきているという見方もできるかもしれません...

次の

本日の注目チャート【原油】 │ ✿先物の極み

原油 チャート

西シベリアの軽油と重いサワーウラル山脈の油とヴォルガ地域のミックス。 基本的に北海ブレントの価格に近い。 重質油で価格がWTI原油の7割程度と格安で製油業界が注目。 鉄道、パイプラインなどインフラ整備等が早急に行われている。 主な輸出先はアメリカ。 シンガポールの原油価格のベンチマークとして使用。 アジア・オーストラリアに輸出。 スイート原油で環境に悪影響を与える硫黄分が少なく、製油所での処理が少ない。 その分価格はWTIより高めの傾向にある。 【原油主な取引市場】 ・WTI:(ニューヨーク・マーカンタイル取引所(CME))・ICE ・北海ブレント:(インターコンチネンタル取引所) ・ドバイ原油:(東京商品取引所) ・オマーン原油:(ドバイ・マーカンタイル取引所(CME)) 尚取引は基本1バレル辺りのUSドルで取引される。 【3大原油価格のスプレッド】 輸送コスト、グレード、需要と供給など、3大原油価格にはスプレッドが生じます。 全て同じ価格ではありませんし、市場で取引されている以上、常にどの原油が高いということはありませんが、基本チャート的には、ほぼ同じです。 ・WTI>ブレント>ドバイ・オマーン ドバイ・オマーン原油がWTIより比較的安く取引される傾向にある理由の一つです。 【日本の輸入先は中東が8割以上】 輸入先は中東地域が全輸入量の約83. 原油の輸入先を国別にみると、サウジアラビアが全輸入 量の30. 以上のことから日本での原油価格は、ドバイ、オマーン原油の価格が指標となっている。 原油の性質について 【原油の分類はAPI度と硫黄量】 原油は産地や油田により、さまざまな種類があり、それぞれ成分や性質が異なっています。 原油の分類は、API度や原油に含まれる硫黄量で行われます。 APIは米国石油協会(America Petroleum Institute)が定める原油の比重単位のことです。 水と同じ比重を10度として、数値が高いほど軽質、比重が低いと重質と分類されます。 API度が軽質の原油を精製した場合、重質の原油よりも多くの石油製品(ガソリンや軽油など)を抽出することが可能なため、良質で割高で取引されるべき原油と考えられています。 原油に含まれる硫黄や硫化水素の量によって、「スイート原油」、「サワー原油」に分類されます。 スイート原油とサワー原油と比較すると、石油精製をする際、プロセスで装置を使って脱硫しなくてはならないので、スイート原油の方が硫黄や硫化水素の含有量が少ない脱硫コストを低減できることから良質な原油とされる傾向があります。 ・スイート原油 WTI原油、ブレント原油、タピス原油 ・サワー原油 ドバイ原油、オマーン原油 このように原油の性質的にはドバイ、オマーン原油は、WTI原油価格より良質な原油ではなく、価格的にはWTIを基準とした場合、安値で取引される傾向にある。 pwalker-NYダウチャート || | | || || |.

次の