やくし まる えつこ。 www.granddiwalimela.com: RADIO ONSEN EUTOPIA: 音楽

やくしまるえつこ ロンリープラネット 歌詞

やくし まる えつこ

都市型の憩いの場として多くの人に愛され、音楽から漫画まで、さまざまな作品にインスピレーションを与えてきた吉祥寺の名所、井の頭恩賜公園。 今年、開園100周年を迎えるこの公園を舞台とした青春映画『PARKS パークス』が、4月22日に公開された。 1960年代のテープに残された楽曲の断片を、現代の若者が葛藤を抱えつつ、完成させようとする同作。 謎を多く孕んだ実験的な物語とともに、CINRA. NETの読者なら驚くようなたくさんの音楽家が、楽曲提供や出演をしていることも魅力となっている。 自身の声や音を、受け手の想像を誘う「素材」と言い切り、つねにありきたりな「作家性」に疑問符を投げかけてきたやくしまる。 『PARKS パークス』から始まった会話は、マーケティング戦略でガチガチに固まった現代における、あるべき鑑賞者との関係性にまで広がっていく。 相対性理論のライブは、映画館での観客の体験と親和性があるなと思っていました。 やくしまる:あまり歩かないです。 でも、深夜徘徊はします。 知らない人のあとを追いかけていったり。 相対性理論はこの場所でライブも行なっていますよね。 やくしまる:2012年に、ジョルジュ・メリエス監督(フランスの映画製作者、世界初の職業映画監督といわれるSFXの創始者)のサイレント映画『月世界旅行』をスクリーンに流しながら、演奏をしました。 もともと、映画館の音響に関心があったんです。 バウスでは昔、『爆音映画祭』という有名なイベントも行われていましたが、映画館の音響体験って気持ち良い。 普段から相対性理論のライブでは、演奏者や観客のあいだに一体感があるというよりも、それぞれが個々のパーソナルな空間を意識することが多いので、映画館での観客の体験とは親和性があるなと思っていました。 やくしまる:そうですね。 相対性理論のプレイヤーもそれぞれが別の方向を向いていたりするし。 やくしまるもフロアというスクリーンを見てるような感じ。 なので同じ映画を見ながらお互いの意識を共有するというあり方はおもしろかったです。 数年前のライブでは、やくしまるが自分用に開発したオキュラスリフトで、宇宙を進んでいく映像を操作し、スクリーンに映ったその映像を指揮としてほかのメンバーが演奏したりもしています。 「ヤクシマルオキュラス」(2014年 写真:みらい制作 衣装:FACETASM) 演奏中に映像を流すことで、いい意味で意識が散漫になり、演奏が自由になったり、即興性が生まれたりするんです。 やくしまる:ただ、この時点ではまだ『PARKS パークス』の話も、吉祥寺をテーマにした曲を作るという話もありませんでした。 前回のライブから、映画を流しながらぼーっとした状態で曲を作るのも良いなと思ったので、2日間実験的に入らせてもらったんです。 お気に入りの映画館が取り壊される前に、ただそこで過ごしたいというのもありました。 このときはフィリップ・ガレル(ヌーヴェルヴァーグの継承者として知られる、フランスの映画監督)の『現像液』というサイレント映画を流しました。 映像を流すことで、いい意味で意識が散漫になり、演奏が自由になったり、即興性が生まれたりするんです。 やくしまる:変な映画館だったと思います。 バウスは録り音も規模も良かったです。 このセッションのときは、馴染みがある「GOK SOUND」というスタジオが機材を持ってきてくれたんですが、すごく贅沢な秘密基地みたいでした。 吉祥寺周辺にはわりと大人の遊べるミュージシャンがたくさん住んでいて、良い環境だと思います。 2014年6月 解体直前のバウスシアターで密かに行われた相対性理論のセッション この曲と映画は、兄弟だとも気づかず成長してきた交わらない存在が、大人になって初めて出会ったような関係。 ちょっと経済活動から離れるために来ているというか。 やくしまる:天と地の狭間の場所で、瞑想や修行をしているような雰囲気。 空間自体が「すごくスピリチュア」と思ったんです。 木々の生い茂る中に大きな池があって、そこを人工のスワンが泳いでいる。 まるで楽園のよう。 持ち込んだ曲の断片に、その印象もミックスしたりしつつ、2日目にはある程度、かたちになっちゃったんです。 それからしばらくして、「吉祥寺をテーマにした曲を」という話があったので、あれしかないなと思って。 さらに弁天感や酩酊感をプラスしながら作り上げていきました。 そもそもこの『PARKS パークス』は、バウスのオーナーの方の「映画館が無くなるときに、映画が誕生したら面白い」という発想から生まれたそうです。 当初それとは関係なく動いていた、バウスで生まれた相対性理論の曲が、映画の最後で出会うというのは面白いですね。 やくしまる:『PARKS パークス』のプロデューサーの樋口泰人さん(映画評論家、音楽評論家。 吉祥寺バウスシアターを拠点に全国各所で爆音映画祭を開催している)は、この曲と映画は兄弟のようだと言っていたのですが、そうなのかもしれません。 時空間を共有せず、兄弟だとも気づかず成長してきた交わらない存在が、大人になって初めて出会ったような。 じつは同じ場所から生まれていたふたりが、その映画館が無くなった後に映画の中で合体するなんて、ちょっとしたタイムマシーンみたいですね。 やくしまるえつこ 『わたしは人類』 2016年9月16日(金)に配信リリース 価格:500円(税込) みらいレコーズ• イベント情報 相対性理論 presents 『証明III』 2017年6月17日(土) 会場:東京都 中野サンプラザホール 出演:相対性理論 料金:6,300円• プロフィール やくしまるえつこ 音楽家、プロデューサー、作詞・作曲・編曲家として「相対性理論」など数多くのプロジェクトを手がける他、美術作品、プロデュースワークや楽曲提供、朗読、ナレーション、CM音楽、と多岐に渡る活動を一貫してインディペンデントで行う。 数々のヒット曲を生み出す一方、坂本龍一、ジェフ・ミルズ、マシュー・ハーバート、Sonic Youthのサーストン・ムーア、my bloody valentineら国内外アーティストとの共演や共作、人工衛星や生体データを用いた作品、人工知能と自身の声による歌生成ロボット、オリジナル楽器の制作などの試みを次々に発表。 新曲『わたしは人類』はバイオテクノロジーを用いて制作、人類史上初めて音源と遺伝子組換え微生物で発表し、日本人初のアルスエレクトロニカ・STARTS PRIZEグランプリを受賞した。

次の

やくしまるえつこ ヴィーナスとジーザス 歌詞

やくし まる えつこ

最終更新: 2020年7月24日 03:19• ニックネーム マルエツ, Yakushimaru Experiment• 生年月日 1987年06月03日• 年齢 33歳• 星座 ふたご座• 略歴 バンド相対性理論のボーカル。 個人名義でのイラスト、朗読、ナレーション、CM音楽などの活動、d. などアート系ユニットとの共演なども。 武蔵野美大卒。 やくしまるえつこのSNS 関連ページ やくしまるえつこの出演ドラマやテレビ出演情報 2015年 「久保みねヒャダ 明けましてこじらせナイト 寿スペシャル 2015」 ナレーション役で出演 2014年 「久保みねヒャダのこじらせナイト全国のみなさま初めましてSP」 ナレーション役で出演 やくしまるえつこの関連ニュース•

次の

www.granddiwalimela.com: 放課後ディストラクション(CDS): 音楽

やくし まる えつこ

都市型の憩いの場として多くの人に愛され、音楽から漫画まで、さまざまな作品にインスピレーションを与えてきた吉祥寺の名所、井の頭恩賜公園。 今年、開園100周年を迎えるこの公園を舞台とした青春映画『PARKS パークス』が、4月22日に公開された。 1960年代のテープに残された楽曲の断片を、現代の若者が葛藤を抱えつつ、完成させようとする同作。 謎を多く孕んだ実験的な物語とともに、CINRA. NETの読者なら驚くようなたくさんの音楽家が、楽曲提供や出演をしていることも魅力となっている。 自身の声や音を、受け手の想像を誘う「素材」と言い切り、つねにありきたりな「作家性」に疑問符を投げかけてきたやくしまる。 『PARKS パークス』から始まった会話は、マーケティング戦略でガチガチに固まった現代における、あるべき鑑賞者との関係性にまで広がっていく。 相対性理論のライブは、映画館での観客の体験と親和性があるなと思っていました。 やくしまる:あまり歩かないです。 でも、深夜徘徊はします。 知らない人のあとを追いかけていったり。 相対性理論はこの場所でライブも行なっていますよね。 やくしまる:2012年に、ジョルジュ・メリエス監督(フランスの映画製作者、世界初の職業映画監督といわれるSFXの創始者)のサイレント映画『月世界旅行』をスクリーンに流しながら、演奏をしました。 もともと、映画館の音響に関心があったんです。 バウスでは昔、『爆音映画祭』という有名なイベントも行われていましたが、映画館の音響体験って気持ち良い。 普段から相対性理論のライブでは、演奏者や観客のあいだに一体感があるというよりも、それぞれが個々のパーソナルな空間を意識することが多いので、映画館での観客の体験とは親和性があるなと思っていました。 やくしまる:そうですね。 相対性理論のプレイヤーもそれぞれが別の方向を向いていたりするし。 やくしまるもフロアというスクリーンを見てるような感じ。 なので同じ映画を見ながらお互いの意識を共有するというあり方はおもしろかったです。 数年前のライブでは、やくしまるが自分用に開発したオキュラスリフトで、宇宙を進んでいく映像を操作し、スクリーンに映ったその映像を指揮としてほかのメンバーが演奏したりもしています。 「ヤクシマルオキュラス」(2014年 写真:みらい制作 衣装:FACETASM) 演奏中に映像を流すことで、いい意味で意識が散漫になり、演奏が自由になったり、即興性が生まれたりするんです。 やくしまる:ただ、この時点ではまだ『PARKS パークス』の話も、吉祥寺をテーマにした曲を作るという話もありませんでした。 前回のライブから、映画を流しながらぼーっとした状態で曲を作るのも良いなと思ったので、2日間実験的に入らせてもらったんです。 お気に入りの映画館が取り壊される前に、ただそこで過ごしたいというのもありました。 このときはフィリップ・ガレル(ヌーヴェルヴァーグの継承者として知られる、フランスの映画監督)の『現像液』というサイレント映画を流しました。 映像を流すことで、いい意味で意識が散漫になり、演奏が自由になったり、即興性が生まれたりするんです。 やくしまる:変な映画館だったと思います。 バウスは録り音も規模も良かったです。 このセッションのときは、馴染みがある「GOK SOUND」というスタジオが機材を持ってきてくれたんですが、すごく贅沢な秘密基地みたいでした。 吉祥寺周辺にはわりと大人の遊べるミュージシャンがたくさん住んでいて、良い環境だと思います。 2014年6月 解体直前のバウスシアターで密かに行われた相対性理論のセッション この曲と映画は、兄弟だとも気づかず成長してきた交わらない存在が、大人になって初めて出会ったような関係。 ちょっと経済活動から離れるために来ているというか。 やくしまる:天と地の狭間の場所で、瞑想や修行をしているような雰囲気。 空間自体が「すごくスピリチュア」と思ったんです。 木々の生い茂る中に大きな池があって、そこを人工のスワンが泳いでいる。 まるで楽園のよう。 持ち込んだ曲の断片に、その印象もミックスしたりしつつ、2日目にはある程度、かたちになっちゃったんです。 それからしばらくして、「吉祥寺をテーマにした曲を」という話があったので、あれしかないなと思って。 さらに弁天感や酩酊感をプラスしながら作り上げていきました。 そもそもこの『PARKS パークス』は、バウスのオーナーの方の「映画館が無くなるときに、映画が誕生したら面白い」という発想から生まれたそうです。 当初それとは関係なく動いていた、バウスで生まれた相対性理論の曲が、映画の最後で出会うというのは面白いですね。 やくしまる:『PARKS パークス』のプロデューサーの樋口泰人さん(映画評論家、音楽評論家。 吉祥寺バウスシアターを拠点に全国各所で爆音映画祭を開催している)は、この曲と映画は兄弟のようだと言っていたのですが、そうなのかもしれません。 時空間を共有せず、兄弟だとも気づかず成長してきた交わらない存在が、大人になって初めて出会ったような。 じつは同じ場所から生まれていたふたりが、その映画館が無くなった後に映画の中で合体するなんて、ちょっとしたタイムマシーンみたいですね。 やくしまるえつこ 『わたしは人類』 2016年9月16日(金)に配信リリース 価格:500円(税込) みらいレコーズ• イベント情報 相対性理論 presents 『証明III』 2017年6月17日(土) 会場:東京都 中野サンプラザホール 出演:相対性理論 料金:6,300円• プロフィール やくしまるえつこ 音楽家、プロデューサー、作詞・作曲・編曲家として「相対性理論」など数多くのプロジェクトを手がける他、美術作品、プロデュースワークや楽曲提供、朗読、ナレーション、CM音楽、と多岐に渡る活動を一貫してインディペンデントで行う。 数々のヒット曲を生み出す一方、坂本龍一、ジェフ・ミルズ、マシュー・ハーバート、Sonic Youthのサーストン・ムーア、my bloody valentineら国内外アーティストとの共演や共作、人工衛星や生体データを用いた作品、人工知能と自身の声による歌生成ロボット、オリジナル楽器の制作などの試みを次々に発表。 新曲『わたしは人類』はバイオテクノロジーを用いて制作、人類史上初めて音源と遺伝子組換え微生物で発表し、日本人初のアルスエレクトロニカ・STARTS PRIZEグランプリを受賞した。

次の