豊胸 相場。 【韓国美容整形医師が教える】韓国美容整形の費用相場をパーツ別に解説

ヒアルロン酸注入による豊胸術の効果やデメリット、費用相場まとめ

豊胸 相場

経験豊富で高い技術の医師 城本クリニックの豊胸手術は、経験が豊富で高い技術を有する医師が担当します。 日本美容外科学会・日本形成外科学会の専門医が多数在籍しています。 自然な形・柔らかさを実現 高い技術に加え症例数が多いからこそ、自然な形や柔らかさを安全に美しく実現できます。 医師による直接の診察 経験豊富な医師が、患者様ひとりひとりに時間をかけながら直接診察します。 安全な麻酔管理 城本クリニックの豊胸手術は、安全な麻酔管理のもと、リラックスして治療をお受けいただけます。 医療免許を持つスタッフが対応 施術に携わるすべてのスタッフが医療免許を持ち、カウンセリング、施術、アフターケアまで一貫して万全に対応します。 リピーター率の高さ 患者様の高い満足度と口コミ等のご紹介により、高いリピーター率を誇ります。 痛みの軽減 出来る限り痛みに配慮し、軽減できる方法を選んでいます。 メンテナンス 豊胸手術は、術後メンテナンスが必要となる場合もあり、術後経過が良くなり、結果も良くなるように適時アドバイスしています。 傷跡 可能な限り目立つことがないよう、切開等について配慮しています。 城本クリニックは、豊胸で世界トップシェアを誇る米MENTOR社より、日本初の公認クリニックに選ばれました。 定期的な技術や情報交換により、常に豊胸技術の向上を目指しています。 また、ヒアルロン酸注入によるバストアップは、安全性の高いヒアルロン酸を使用しています。 CAUTION アクアフィリング豊胸について 素材の大半は水分ですが、一部が生体内に長期残留する可能性があり、安全性において疑問視されています。 世界的には、使用を禁止あるいは使用しないように求めている国が多い中、日本では安易に使用されています。 美容外科学会等は、こうした状況を問題視しており、城本クリニックでは取り扱っておりません。 小さな胸を大きくしたい• バストが小さくずっとコンプレックスです• 形の良い大きい胸に憧れる• いらない脂肪もあるし、胸も大きくしたい• バストにだけ脂肪が足りない!ついてほしくない部分についている…• 切らずにバストアップしたい• 授乳後にハリを失った• 乳頭の大きさが気になる、小さくしたい• 乳輪の大きさが気になる、小さく整えたい• 乳輪が大きくバランスが悪い• 大きすぎる胸をなんとかしたい• 大きすぎて人目が気になる• 垂れてしまったバストを持ち上げたい• バストが大きすぎて重く下がってます・・・小さくできますか?• 乳頭が陥没してる• 凹んだままだと出産後の授乳が心配•

次の

豊胸の種類と値段相場|自然なインプラント2種の傷跡や口コミで人気のおすすめクリニック

豊胸 相場

脂肪注入法 脂肪注入法は、サイズダウンをしたい部分の脂肪を吸引し、バストに注入することで、バランスの取れた理想的なプロポーション作りを実現いたします。 痩身効果とバストアップの効果を同時に得られる施術です。 ご自身の脂肪を使用する為、アレルギーなどの拒絶反応が起きる事もなく、安全性も確かです。 手術は通常の脂肪吸引と同様に極細の管(カニューレ)を使用し、注入に使用する脂肪を確保することから始めます。 吸引した脂肪を生理食塩水で洗浄し、状態の良い、注入に適した脂肪のみを選別した後、注射器に移し替え、バストの筋肉層・乳腺層・脂肪層などに少しずつ丁寧に注入して形を整えていきます。 注入された脂肪は毛細血管に取り込まれて、その部位の組織として生着(脂肪が注入された場所でそのまま残る)します。 毛細血管に取り込まれなかった脂肪は、自然に吸収され、個人差もありますが状態は1ヶ月ほどで安定します。 脂肪注入法は大きくバストアップをする事は難しく、バストを一回り大きくしたい、という方におすすめです。 また、吸引した脂肪を少しでも有効活用したい方や、人工乳腺(バック)などの異物を挿入することに抵抗を感じる方、腹部や下半身が太っているわりにバストが小さいと悩んでいる方などに適した豊胸術です。 CONSULTATION 脂肪の生着について 脂肪細胞には、その一つ一つに毛細血管が入り込み、酸素と栄養分が送られています。 注入にあたり、いったん切り離されて移植された脂肪に再度血管が結ばれなければなりません。 血管と注入された脂肪が連結すると、その脂肪に栄養がいきわたり、体内にずっと残ります。 生着率には個人差があり、脂肪が生着するかどうかは、注入した脂肪が生き残る条件と、注入に適した脂肪の厳選や注入の技術によって変わります。 通常、注入した約半分の脂肪に毛細血管が造成され、残りは吸収されるといわれています。 そのため、出血量も非常に少なく、浮腫み、痛みも小さく抑えることができます。 痩身効果とバストアップの効果を同時に得られる施術です。 考えられるリスク、 副作用 むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。 注入部一ヶ所に脂肪を注入しすぎた場合、嚢腫形成、石灰化などが起こる可能性があります。 そのため、出血量も非常に少なく、浮腫み、痛みも小さく抑えることができます。 痩身効果とバストアップの効果を同時に得られる施術です。 考えられるリスク、 副作用 むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。 注入部一ヶ所に脂肪を注入しすぎた場合、嚢腫形成、石灰化などが起こる可能性があります。 そのため、出血量も非常に少なく、浮腫み、痛みも小さく抑えることができます。 痩身効果とバストアップの効果を同時に得られる施術です。 考えられるリスク、 副作用 むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。 注入部一ヶ所に脂肪を注入しすぎた場合、嚢腫形成、石灰化などが起こる可能性があります。 SIDE EFFECT 主なリスク、副作用など 脂肪吸引部、注入部に腫れが発生します。 内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに治ることがほとんどです。 手術直後は切開部分の赤みができ、目立たなくなるまでに時間がかかることもあります。 手術部位およびその周辺の感覚が一時的に鈍くなることがあります。 ほとんどの場合、時間の経過と共に回復します。

次の

豊胸手術・バストアップなら城本クリニック

豊胸 相場

ふっくらとした張りのあるバストは女性の憧れですよね。 そこで、確実なバストアップの方法として豊胸手術をお考えの方もいるのではないでしょうか。 しかし、心配なことの1つとして、手術費用のことがあると思います。 現在、豊胸手術は主に、ヒアルロン酸・脂肪注入・シリコンバッグの3種類です。 今回はその3種類の手術の費用のそれぞれの相場をお教えいたします。 豊胸手術は高額ですので、後悔することがないように、あらかじめ手術の内容と費用を踏まえて検討する必要があります。 思わぬ高額な料金を払わぬように、また安いクリニックはどうして安いのか、などを知る事により判断材料が増えます。 豊胸手術を考えている方は是非この記事を呼んでお役に立ててください。 1-1.ヒアルロン酸注入豊胸(1カップアップまで) ヒアルロン酸1㏄当り3,000円~4,000円が相場です。 100㏄が1カップの目安ですので、片胸に50㏄(0. 5カップup)ずつ入れた場合、合計100㏄で30~40万円になります。 100㏄(1カップup)ずつだと合計で200㏄なので60万~80万円です。 ヒアルロン酸は原価がかかるので、それほど安くなっていきません。 メリット• 手軽で30分で手術が終わる• 手術後の痛みや腫れ、内出血が少ないので翌日からデスクワークであれば可能• 傷はほとんど分らなくなる デメリット• 1年ほどで吸収してなくなってしまう• コストパフォーマンスが悪い• 胸を触った感じが少し硬い• ヒアルロン酸が溶けずにしこりになることがある 向いている人• 手軽にバストアップしたい方• 1カップ未満のバストアップを考えている方• 休みが取れない方• 一時的なバストアップを考えている方 ヒアルロン酸豊胸についてより詳しくご覧になりたい方は「」をお読みください。 1-2.脂肪注入豊胸(0. 5~1. 5カップアップが目安) 脂肪注入豊胸はお胸へ注入する脂肪の処理の方法などで、手術の呼び名が変わってきます。 値段は大手美容クリニックを中心に19クリニックから調べています。 ・脂肪注入豊胸 遠心分離法が多いが、クリニックによって脂肪の処理が異なる。 平均560,889円 安値340,000円 高値950,000円 ・コンデンスリッチ法 遠心分離法とほぼ同じですが、脂肪を清潔に扱うことが出来ます 平均1,096,298円 安値880,000円 高値1,200,000円 ・ピュアグラフト法 脂肪を特殊なフィルターにかけて洗浄する方法です。 メリットは脂肪を清潔に扱える点です。 平均786,875円 安値580,000円 高値950,000円 ・セリューション法(CAL法) かなり特殊な方法です。 簡単に言ってしまえば幹細胞と呼ばれるものを多くして、定着に有利な脂肪を作ります。 詳しくは下記リンクよりお読みください。 平均1,413,750円 安値1,100,000円 高値1,420,000円 それぞれの手術法をより詳しく知りたい方は「」をお読み頂くとより理解が深まり、どの方法が良いか選択しやすくなります。 コンデンスリッチ法は通常の遠心分離法と大差なく、値段も高すぎるので現在では選択する意味はないでしょう。 また、ベイザー併用脂肪注入と言うものも意味があると言う結果が出ていませんので、あえて追加料金を払って行う意味はありません。 脂肪注入法による豊胸のメリット、デメリットです。 メリット• 柔らかい胸に仕上がる• 脂肪を取った部位が細くなる• 傷は1㎝以下と小さい デメリット• 手術後にお休みが最低でも2日は必要。 出来れば4-5日。 脂肪が一部吸収されるため、大きさの正確な予測が出来ない• 脂肪が溶けてしこりになる事がある 向いている人• 柔らかさ重視の方• 大きさにそこまでこだわらない方• 吸引する脂肪が付いている方 1-3.シリコンバッグ豊胸(1~3カップアップ、4カップ以上は医師の診断による) シリコンバッグにも種類がありますが、日本のクリニックで取り扱われているものであればあまり気にしなくてもいいと思います。 担当の医師としっかり相談してバッグの種類を決めるのが重要です。 大手美容クリニックや有名クリニック10施設、20種類のシリコンバッグの値段を集計しました。 最安値は226,850円で、最高値は1,200,000円、平均は687,247円でした。 シリコンバッグの種類が多くあり、値段が安すぎるクリニックでは、安い値段表示で集客し、来院後に高いバッグを勧めると言うところもあります。 カウンセリングに行かれる際の参考にしてください。 また、何が一番いいとは言えませんが、新しいものが良いものとは限りません。 使ってみるとトラブルが多く起こったなんて事もあります。 少し古くても実績あるものの方が安心できます。 メリット• 確実に希望の大きさにできる• トラブルがあっても一塊で取り出せる デメリット• 少し硬い• 手術後の痛みが強く、お休みが最低3日は必要。 出来れば1週間。 向いている人• 確実な大きさが欲しい方• 5カップ以上のバストアップを1回の手術で希望する方• 脂肪注入豊胸も考えているが、吸引する脂肪がない方 シリコンバッグ豊胸についてより詳しく知りたい方は「」をお読みください。 2-1.安い値段で集客して、営業をかける 安い値段で集客し、来院した方に高い方法を勧める営業を行うクリニックがあります。 例えば、脂肪注入豊胸でもA、B、Cと言う3つの手術が用意されている場合があります。 A手術:脂肪の定着が50%、0. 5カップアップ、しこりのリスク15%、15万円• B手術:脂肪の定着が70%、1カップアップ、しこりのリスクが10%、40万円• C手術:脂肪の定着が90%、2カップアップ、しこりのリスクが0%、60万円 A手術が安くて、良いと思って行っても、「どうせやるならいい方法で」など勧誘されてBやCの手術に誘導されるパターンが多くあります。 豊胸に限らず、同じ手術なのに値段の違いで多数の方法を用意している場合は要注意です。 ほとんどの場合、営業されます。 実際には手術法によってそこまでの差が出ませんし、しこりのリスクは大きくは注入する手技によります。 2-2.オプション費用が別途必要なために一見安く見える 一見安く見えても、オプション費用を入れると他のクリニックより高くなることがあります。 事前に電話でオプションにいくらかかるのか聞きましょう。 解説した料金には麻酔代金や血液検査代金、固定などの必要物品が含まれていません。 これらのオプション料金を含んで提示しているクリニックは少ないです。 ヒアルロン酸豊胸:2-3万円• 脂肪注入豊胸:5-10万円• シリコンバッグ豊胸:5-10万円 麻酔代金、検査代金、必要物品で上記くらいはみておきましょう。 また、シリコンバッグ豊胸で使用される「ケラーファンネル」と言うものがあります。 シリコンバッグを挿入するときに傷への負担を減らしてくれるなどの優れものです。 シリコンバッグ豊胸の際はぜひ使用したいですが、オプションとなっているクリニックがほとんどです。 ケラーファンネルも3-4万円かかってきます。 4.クリニック・ドクターの選び方 ・ヒアルロン酸豊胸 ドクターの技術では、結果にほとんど差が出ません。 美容外科を始めたばかりのドクターでなければ問題ありません。 もちろん症例数、経験が豊富な方が良いでしょう。 脂肪注入やシリコンバッグ豊胸の経験もある方が好ましいです。 使用するヒアルロン酸の種類として有名なものは「VRF」や「ハイアコープ」と言うものが有名です。 韓国製品などで、値段の安いものもあります。 「VRF」や「ハイアコープ」の方が製品として確立しているのでお勧めです。 ・脂肪注入豊胸 脂肪吸引の技術と脂肪を丁寧に迅速に注入する技術が必要な手術です。 脂肪の定着率を上げてしこりを防止するには、とにかく脂肪を細かく丁寧に注入する事が大事な手術です。 脂肪注入豊胸で有名なドクターでも丁寧な手術を行っておらず、合併症の多いドクターもいます。 カウンセリングでしっかり丁寧に説明してくれる、誠実なドクターを選ぶのがいいでしょう。 また、シリコンバッグ豊胸の経験も豊富なドクターの方が解剖(かいぼう)も分っていて安心です。 丁寧にしっかり施術してくれるドクターであれば値段は気にしなくて大丈夫ですし、コンデンスリッチ法などのほとんどメリットのない方法を選んで高いお金を払う必要もありません。 ベイザー併用と言う不必要なオプションを付ける必要もありません。 ・シリコンバッグ豊胸 美容外科手術の中でも大きめの手術になります。 特に経験豊富なドクターを選びましょう。 出来れば修正手術も出来るドクターが良いです。 シリコンバッグの種類で値段設定を行っているクリニックがあります。 シリコンバッグの種類によって触り心地にほとんど差は出ません。 と言うのも、触り心地の差は被膜(ひまく)の出来具合で変わって来るからです。 高いシリコンバッグを選ぶ必要性は低いです。 被膜について、詳しく知りたい方は「」をお読みください。

次の