アジアン タム 育て 方。 スカシユリ(アジアティック ハイブリッド)の育て方・栽培方法|失敗しない栽培レッスン(花の育て方)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

アジアンタムの室内での上手な育て方と失敗しない増やし方!

アジアン タム 育て 方

科名 アオイ科 学名 Abelmoschus moschatus subsp. アカバナワタは熱帯アジア原産の「トロロアオイモドキ(花の色は黄色)」という植物の亜種に当たります。 もともと毎年花を咲かせる多年草なのですが、寒さに弱く冬に枯れてしまうことが多いので、日本では園芸上一年草として扱うことが多いです。 花の大きさは6cm~10cm、草丈は40cm~80cm葉っぱはいくつかに深く裂けて手のひらのような形になっています。 ひとつの花は咲いたら一日でしぼんでしまいますが、最盛期には次々に新しい花を咲かせてくれます。 アカバナワタを含むアオイ科アベルモスクス属は15種の仲間が知られます。 属名自体はあまり馴染みがないかもしれませんが、皆さんのよく知っている夏野菜のオクラは同じ仲間です。 オクラは学名でアベルモスクス・エスクレンツス〔Abelmoschus esculentus〕と言います。 タネは気温が十分上がってからまきます• ある程度苗が大きくなったら摘心します• 日当たりの良い場所が適しています 栽培カレンダー 主な作業の適期 タネまき 4月下~5月上 肥料 5月下~8月 日当たり・置き場所 日当たりが良く、水はけの良い土が適しています。 どちらかというと、やせ地よりも肥沃な土のほうがよく育ちます。 元々は毎年花を咲かせる多年草ですが、寒さに弱い植物で冬の寒さで枯れてしまうことが多いので、日本では春にタネをまいて育てる春まき一年草として扱うのが一般的です。 しかし、霜程度なら耐えるので寒さに気をつければ冬越しは可能のようです 地面が凍結するような寒さや霜柱の影響で根がやられてしまったらアウトです。 ふやし方 発芽温度はやや高温なので4月中旬以降がタネまきの適期です。 あまり早くまきすぎても温度不足で発芽しないことがありますので気をつけましょう。 コンテナや鉢、花壇に直接タネをまく「直まき」が手軽です。 もちろん、ポットなどにまいて苗に仕立ててから植え付けてもかまいません。 発芽後は苗同士が重なり合っている場所は間引いて間隔をあけます。 横に広がることも考えて最終的に株と株の間隔は30cmほどとった方がよいでしょう。 手入れ 摘心する 苗がある程度の大きさに育ったら、先端の芽を摘んでワキから芽を出させるようにする(摘心)と枝数が増えて結果として咲く花の数も増えます。 適期にタネをまいて順調に育っていたら6月頃が摘芯の適期です。 関連する植物• 在来種は比較的寒さに強い.

次の

アジアンタムの育て方|種類、植え替えは?

アジアン タム 育て 方

科名 アオイ科 学名 Abelmoschus moschatus subsp. アカバナワタは熱帯アジア原産の「トロロアオイモドキ(花の色は黄色)」という植物の亜種に当たります。 もともと毎年花を咲かせる多年草なのですが、寒さに弱く冬に枯れてしまうことが多いので、日本では園芸上一年草として扱うことが多いです。 花の大きさは6cm~10cm、草丈は40cm~80cm葉っぱはいくつかに深く裂けて手のひらのような形になっています。 ひとつの花は咲いたら一日でしぼんでしまいますが、最盛期には次々に新しい花を咲かせてくれます。 アカバナワタを含むアオイ科アベルモスクス属は15種の仲間が知られます。 属名自体はあまり馴染みがないかもしれませんが、皆さんのよく知っている夏野菜のオクラは同じ仲間です。 オクラは学名でアベルモスクス・エスクレンツス〔Abelmoschus esculentus〕と言います。 タネは気温が十分上がってからまきます• ある程度苗が大きくなったら摘心します• 日当たりの良い場所が適しています 栽培カレンダー 主な作業の適期 タネまき 4月下~5月上 肥料 5月下~8月 日当たり・置き場所 日当たりが良く、水はけの良い土が適しています。 どちらかというと、やせ地よりも肥沃な土のほうがよく育ちます。 元々は毎年花を咲かせる多年草ですが、寒さに弱い植物で冬の寒さで枯れてしまうことが多いので、日本では春にタネをまいて育てる春まき一年草として扱うのが一般的です。 しかし、霜程度なら耐えるので寒さに気をつければ冬越しは可能のようです 地面が凍結するような寒さや霜柱の影響で根がやられてしまったらアウトです。 ふやし方 発芽温度はやや高温なので4月中旬以降がタネまきの適期です。 あまり早くまきすぎても温度不足で発芽しないことがありますので気をつけましょう。 コンテナや鉢、花壇に直接タネをまく「直まき」が手軽です。 もちろん、ポットなどにまいて苗に仕立ててから植え付けてもかまいません。 発芽後は苗同士が重なり合っている場所は間引いて間隔をあけます。 横に広がることも考えて最終的に株と株の間隔は30cmほどとった方がよいでしょう。 手入れ 摘心する 苗がある程度の大きさに育ったら、先端の芽を摘んでワキから芽を出させるようにする(摘心)と枝数が増えて結果として咲く花の数も増えます。 適期にタネをまいて順調に育っていたら6月頃が摘芯の適期です。 関連する植物• 在来種は比較的寒さに強い.

次の

アジアンタムの育て方

アジアン タム 育て 方

一年を通して直射日光に当てない• 乾燥に弱いのでエアコンの風が直接当たる場所は避ける• チリチリに枯れ込んだ葉は元に戻らないので根元から切り取ってしまいましょう。 生育期ならどんどんと葉が出てきます。 たくさんの葉が枯れこんだり、全体のバランスが悪くなった場合、春に株元でばっさりと切り戻し、仕立て直しても良いでしょう。 日当たり・置き場所 一年を通して直射日光には当てないようにします(日射しで葉が焼けてチリチリになってしまうため)。 室内の明るい場所が最適な場所です。 室内でも奥まった場所や完全に日陰になるような場所での栽培は適さないので避けましょう。 乾燥に弱い植物で、エアコンの風が直接当たるような場所に置くと葉がチリチリになって枯れ上がってしまいます。 空気中の湿度が高い環境でよく育つので、水やり以外にも一年を通してこまめに霧吹きで葉や茎に水をかけてあげるのが上手に育てるコツです。 水やりと肥料 土の乾燥を嫌い水切れしやすく水が切れると葉がチリチリに枯れてしまいます(前述したように、一度枯れてしまった葉は元に戻りません)。 土の表面が半乾きになってきたら(土の表面がまだ湿っているうちに)たっぷりと水を与えます。 特に夏場は乾燥しやすく枯らしやすいので朝と夕方の2回水を与えた方がよいでしょう。 冬は生育期に比べると水やりの回数は少なくしますが、それでも土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにしましょう。 肥料は濃いものは厳禁です。 根を傷めてしまいます。 生育期は月に2回薄めの液体肥料(草花に与えるのと同じ濃さでよいでしょう)を与えます。 冬は必要ありません。 適した土 水はけの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)5:腐葉土3:川砂2の割合で混ぜた土を使用します。 市販の「観葉植物の土」を使用するなら、できるだけ水はけをよくするため川砂を1割程度混ぜるとよいでしょう。 また、素焼きやテラコッタの鉢に植える場合、乾きやすいので水やりに気をつけましょう。 植え替え・植え付け 植え替えは鉢の大きさや品種によって若干異なってきますがだいたい2年に1回くらいが目安です。 鉢の底から根が出てきたり、株元が混み合ってきて葉の色が薄くなるような症状が現れたときが植え替えの目安になります。 適期は春から秋にかけて行います。 鉢から抜いた株はまわりの土を3分の1ほど落として小さなものなら一回り大きな鉢に、大きなものなら株分けを行って(その場合は今まで植えていたものと同じ大きさの鉢に一株ずつ植えます)新しい用土で植え替えます。 ふやし方 株分けでふやすことができます。 大きくなった株は植え替えと同時期に行います。 株元にナイフなどで切れ目を入れて手で2~4株に割きます。 芽が出るまで乾かさないように日陰で管理します。 芽が出たら通常通りの管理に戻します。 かかりやすい病害虫 害虫:ナメクジ・カタツムリ 湿度の高い環境で育てるのでどうしてもナメクジやカタツムリが発生しやすくなります。 葉の上にキラキラと何かが這ったような跡が残っていることがあります。 これはナメクジが通ったあとで植物にナメクジが付いている証拠です。 新芽など軟らかいところから食べられてしまうので見つけ次第、箸などでつまんで捕りましょう。 ナメクジの誘殺剤(ナメクジを誘って駆除する薬)を使用してもよいでしょう。 関連する植物• 乾燥に注意.

次の