スカー レッド スーパー ノヴァ ドラゴン。 「スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン」の効果と出し方の考察!!チューナー3体をどう揃えるかが鍵!!これが王者のトリプルチューニングか!?

【スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン効果考察】奇跡のトリプルチューニング!どう出す?

スカー レッド スーパー ノヴァ ドラゴン

2 :フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。 3 :1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、 または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 4 :このカードの 3 の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。 除外されているこのカードをする。 待望のジャック新規!レベル12 闇属性ドラゴン族です。 チューナー3体を要求するという今までにない素材指定。 帰還タイミングが次の自分エンドフェイズと若干遅いため、発動タイミングによってはフィールドを長い間空けることになってしまうかも。 どう使うか チューナー3体+というかなり重めの素材指定なため、出すタイミングはかなり限られそう。 今までのジャックデッキもといリゾネーターデッキでは、単純に高打点を求める際に 《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》を出すといった展開が多かったです。 上昇値は同じなため、高打点破壊耐性持ちを出したいのであれば、比較的簡単に出せるスカーレッドノヴァの方を優先するかなといった感じです。 従来のリゾネーターデッキでは出すのに相当な工程が必要になりますので、このカードを出すだけであれば、他のギミックを取り入れるのが良いでしょう。 ジャンク・スピーダーで出そう! 各所で売り切れてます…… 《ジャンク・スピーダー》 を使うことで《スカーレッド・・ドラゴン》を簡単に出すことができます。 ジャンク・スピーダーでロードシンクロンとレベル2、レベル3シンクロンをすればそのまま 《スカーレッド・・ドラゴン》につなげることができます。 (ロードシンクロンがレベル2となるため) が。 ロードシンクロンとかいう素引きしてもどうにもならないカードをわざわざ入れるのはいかかがなものかと思うので、個人的には下記のルートを推したいです。 ジャンクスピーダー成立 ジェットシンクロン、サテライトシンクロン、ジャンクシンクロンを• ジャンクスピーダー+で《スターダスト・チャージ・ウォリアー》をシンクロ 1ドロー• 《スターダスト・チャージ・ウォリアー》でなくとも、従来のリゾネで採用されやすかった《 獣神ヴァルカン》などでも良さげですね。 ジェットを蘇生せずとも《シンクローン・リゾネーター》でカバーすることも可能です。 《サイバース・シンクロン》を採用し、自身の効果もあわせて2+2+3+5でトリプルチューニングし、シンクロするのもありですが、こちらも素引きすると弱い点は変わらず…。 ただ、墓地除外で破壊から一度守ることができるため一長一短ですね。 実際シンクロンデッキの方が相性が良い 現状のリゾネーターデッキは、 基本的にチューナー要素はリゾネーターおよび《サイキック・リフレクター》などのレベル8シンクロ製造ギミックが入っているのがほとんどでシンクロンの採用はあまり見られません。 《レッド・リゾネーター》をはじめ、ジャックがARC-Vに登場したことで優秀なリゾネーターがOCG化され、またそちらに寄せた方がジャックっぽさを強調できるというのも一因であると思います。 (それ以前の7期、8期ごろは《ジャンク・シンクロン》などは普通に採用されてはいましたが…) 加えて、 《ジャンク・スピーダー》は厄介なことに素材指定をもつため、ジャンクスピーダーのギミックを内包するにはかなりメインデッキをいじらないといけないです。 ジャンクシンクロンはリゾネーターデッキのレッドリゾネーターやレッドスプリンターと召喚権を食い合うため、現状はあまり噛み合いが良いカテゴリとは言えない気もします。 (シンクローンがシンクロンリゾネーターであれば、もう少し話は変わってきたのでしょうが…) ジャンク・シンクロンVSサイバース・ガジェット 現状リゾネデッキで釣り上げモンスターを採用するのであれば、 《サイバース・ガジェット》の方がよく、(レッド・リゾネーター、シンクローンと相性が良くンを生成できることから誘発にもある程度強いため)、少し使いにくいとはいえ、ジャックのカードである《 レッド・スプリンター》もあるため、わざわざジャンクシンクロンを採用するまでもないというのが正直なところでした。 しかし、 《ジャンク・》というカードが登場したため、この考えは少し改める必要がありそうです。 ジャンクの登場により、 +チューナーの2枚で《スカーレッド・・ドラゴン》をまで持っていけます。 個人的には… 一応現状のリゾネデッキにはある程度満足していて、《スカーレッド・・ドラゴン》単騎よりもベリアルアビスを作りやすくすることにデッキリソースを割きたい気持ちがあるため、おそらく 採用はしても専用ギミックは入れないんじゃないかなーと思ってます。 現状でもサイキックリフレクターを含めた緊テレギミックを採用していたり、手札誘発(特に幽鬼うさぎ)とがあるデッキであることから、デッキスロットがかなりきついのです……。 逆に言ってしまえば、 専用ギミックを有したフリー用シンクロンデッキを組んでみても良いのでは?と感じました。 というかおそらく作ります。 だってかっこいいもん。 素レモンの明日はどっちだ 最後に自分語りを。 おまもり要素と言っても過言ではないですが、いまだに採用し続けている元祖《レッド・デーモンズ・ドラゴン》。 新マスタールールになり、さらに効果を使う機会がさらにへり、かつアビスうさぎギミックを壊しかねないという、役にたつ場面の方が少ないカードではありますが、結局レベル8は踏み台にすることが多いので、一枚指してあるカードです。 やっぱりジャックと言ったらこのカードなので、ぬきたくはなかったのですが、新規がきて、それに伴い他の相性の良いカードを入れようとなったら流石に抜けてしまう気がしますね……。 さいごに ライバル新規がたくさん来てかなりデッキに変化がありそうで楽しみです。 特に銀河なんかかなり強くなるんじゃないでしょうか? 銀河新規、 ギャシーアイズ・・ドラゴンについてはまた後日記事をあげさせていただこうと思うのでお楽しみに! デッキも組んでいるので、いつかデッキの記事もあげたいですね。 こんな展開例があるよ!とかありましたら、コメントくださると嬉しいです。

次の

【遊戯王】レッド・デーモンデッキ

スカー レッド スーパー ノヴァ ドラゴン

このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 王を迎えるは三賢人。 紅き星は滅びず、ただ愚者を滅するのみ! 荒ぶる魂よ天地開闢の時を刻め!シンクロ召喚! 《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》! スカーレット・ノヴァ・ドラゴンの進化形となる闇属性ドラゴン族のレベル12シンクロです。 胸元のクリスタル状の装飾も2つから4つに増えています。 またカードの発表時にジャック・アトラス役の声優である星野貴紀さんが 上記のオリジナル口上を発案しています。 トリプルチューニング!でも実は出すのはそんなに難しくない チューナー3体+チューナー以外のSモンスター1体以上 このカードはS召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。 シンクロ素材にはチューナー3体とチューナー以外のシンクロモンスター1体を指定しており さらにシンクロ召喚以外ではエクストラデッキから特殊召喚できません。 ダブルチューニングならぬトリプルチューニングです。 スカーレッド・ノヴァ・ドラゴンと違いチューナー以外がレッド・デーモンズ・ドラゴンに限定されないものの さらに必要なチューナーが1体追加されています。 シンクロ召喚を行いつつさらにチューナーを3体用意する必要がある豪快な素材指定ですが 手っ取り早い方法としてジャンク・スピーダーをシンクロ召喚した後に その効果でロード・シンクロンとレベル2、レベル3のシンクロンをデッキから特殊召喚する事で シンクロ素材を一気に揃える事が可能です。 【リゾネーター】で出すのであればまずレッド・ライジング・ドラゴンのシンクロ召喚を狙い、 墓地から1体蘇生した後にスカーレッド・カーペットでさらに2体蘇生して素材を揃えるのがいいでしょう。 3体のリゾネーターの合計レベルを6にする事でシンクロ召喚が狙えます。 このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 発動条件も攻撃のみならず相手が何かしらのモンスター効果を発動すればいいと非常に緩く、 このカードが場にあるだけで相手の行動は大幅に制限される事となるでしょう。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 対処できるカードはかなり少ない 豪快な召喚条件と強力無比な攻撃力と効果を併せ持っており まさに切り札と言わんばかりのカードです。 高い攻撃力と効果破壊耐性を持つ上にモンスター効果にチェーンして自身を除外して戻ってくる為、 モンスター効果による除去やサンダー・ボルトなどではこのカードを対処する事が出来ず 結果として高い場持ち性能と制圧力を持っています。 前述の通りジャンク・スピーダーを用いればシンクロ召喚はそこまで難しくはなく 非常に優秀なシンクロモンスターとなっています。 もしこのカードを何とかするのであれば壊獣などでリリースしてしまうか、 魔法罠による破壊以外での除去、例えば強制脱出装置でバウンスしてしまうのがいいでしょう。 神の通告あたりで効果を無効にする手もあります。

次の

スカーレッド・ノヴァ・ドラゴンとは (スカーレッドノヴァドラゴンとは) [単語記事]

スカー レッド スーパー ノヴァ ドラゴン

概要 赤き超新星のドラゴン。 がに目覚めたことによって得た新たな力。 紅蓮の悪魔こと「スカーレッド・ノヴァ」の力を取り込み、チューナー2体をにダブルチューニングにすることによって召喚する。 シンクロモンスターとしては最高のレベル12のモンスターである。 容姿は、同じの強化形態であり、容姿が東洋風なに比べると、より悪魔っぽくなっており、などに出てきそうなルックスをしている。 レッド・デーモンズ・ドラゴンのデメリット効果が消え、より力押しに特化し全体的に使いやすくなっている。 基本攻撃力は3500だが、スカーレッド・ノヴァ・ドラゴンのシンクロ召喚でチューナー2体が墓地に送られるので、 通常は召喚時点で最低でも2体のチューナーが墓地に存在する。 つまり、最低でも攻撃力4500となる。 また、レッド・デーモンズ・ドラゴンをシンクロ召喚する所から始めると、攻撃力が5000となる。 この地点で墓地にチューナーが3体いるため 攻撃名はジャックの辿り着いた境地と同じく「バーニング・ソウル」。 最終話では、遊星のとの夢のバトルが繰り広げられた。 2 :このカードは相手の効果では破壊されない。 3 :相手モンスターの攻撃宣言時にその攻撃モンスター1体を対象として発動できる。 フィールドのこのカードを除外し、その攻撃を無効にする。 4 :このカードの 3 の効果でこのカードが除外されたターンのエンドフェイズに発動する。 その効果で除外されているこのカードを特殊召喚する。 関連イラスト.

次の