失業 保険 条件。 失業保険を受給する条件とは?退職してから貰えるまでの手続きを解説!

【失業保険】自己都合「3か月」待たずにもらえる「退職理由」と「備えておくべきこと」

失業 保険 条件

自己都合で退職した場合には、失業保険を「すぐにはもらえない」と思っている方が多いのではないでしょうか。 実は、私もそう思っていました。 いざという時の失業保険なのですが、働いている時には失業保険の内容がどのようなものなのかを知りませんでした。 会社を辞める時に事情を聞いたハローワークの方が 「退職理由によっては、失業保険は3か月待たなくてももらえますよ」 と親切に教えてくれました。 その際に教えていただいた例や、すぐにもらえる条件を紹介します。 ・ 求職中で仕事をする意思がある人 ・ 仕事をできる状態にある人 ・ 無職状態であると保証できた人 のみが受けられる制度です。 前の会社で雇用保険に加入していなければ、失業保険をもらうことはできません。 失業給付金は、雇用保険の被保険者であった期間と離職した理由によって決められます。 通常は3か月間の待期期間を経て受給できます。 ブラックな会社では、 会社都合の退職も自己都合で提出するようにと言い渡される場合もあるようですが、そのような手には乗ってはいけません。 待機しなければならない3か月は長いものです。 履歴書に記載する際にも「会社都合」と「自己都合」の退職では、印象がだいぶ変わってきます。 自己都合による退職でも以下にあたる場合には、すぐに受給できます。 しかし、 証拠や証言する人など実際に起こった事実を証明できなければ残念ながら該当しません。 特定受給資格者(会社都合による退職) ・ 倒産、規模縮小などにより辞めなくてはならなくなった場合 ・ 解雇による場合(自分に重大な責任がある場合を除く) ・ 退職するように勧奨を受けて離職に至った場合 ・ 求人内容と労働条件が違ったために辞めた場合 ・ 給料が一定額以上低下したために退職した場合 ・ 継続して2か月以上給料の支払いがなかった場合 ・ 妊娠中、出産直後に働くことを強要された場合 ・ パワハラ、セクハラによる退職 ・ 妊娠しているにも関わらず雇用管理上の必要な措置を受けることができなかった場合 ・ 働き続けられるような適切な職種転換を会社側がしなかった場合 ・ 辞める直前3か月間、月45時間以上残業をしている場合 ・ 上司、同僚から著しい嫌がらせを受けたため退職した場合 特定理由資格者(正当な理由による退職) ・ 親の死亡、家庭の事情で離職を余儀なくされた場合 ・ 妊娠、出産、育児等により離職し、受給期間延長措置を受けた場合 ・ 配偶者、または扶養親族と別居生活を続けることが困難になった場合の離職 証拠や証言する人の確保 月に45時間の残業などは、繁忙期を含めると割とあるものかもしれません。 この状況をハローワークの職員に話すだけでは、すぐには受給できません。 その証拠や証人が必要です。 残業の記録を残しておくことはもちろん、その事実の証拠になり得る物的証拠を集めておく必要があります。 辞めた後でも可能ですが、会社側は不備をハローワークに提示するのは拒みます。 仕事で出入りしている期間中のほうが情報や証拠を集めやすいと言えます。 セクハラやパワハラなどの場合には、メールや音声を残しておく、複数の同僚に証人になってもらうなどの手段があります。 この際に証人は複数いなければ証拠にはなりません。 もちろん、 協力してくれる方々には、迷惑がかからないようになっています。 自己都合退職でもあきらめないで 「もう辞めたい」と思うことは誰にでもあることだと思います。 もし、失業保険をもらう立場になるなら、3か月を待たずに失業保険をもらいながら転職先を探すほうが生活は安定します。 ブラック企業が増えていますが、証拠や証人をきちんと集めておけば自己退職後にすぐに失業保険をもらうことができるかもしれません。 離職する前に最寄りのハローワークに勤務状況などを相談して、物的証拠を集めてから退職したほうが賢明かもしれません。 失業保険をすぐにもらえる条件は、 【失業保険をすぐにもらえる条件】 ・ 前の会社で雇用保険に加入している ・ 再就職できる状況にある ・ 退職内容により証拠や証人、診断書など証拠を残しておく ことです。 (執筆者:咲舞 さくら).

次の

失業保険は解雇でも受給できるの? 受給条件や手続きを弁護士が詳しく解説|不当解雇を弁護士へ無料相談|ベリーベスト法律事務所

失業 保険 条件

退職後に失業保険を貰う手順 失業保険の受給に必要な条件 会社を退職したあとにハローワークに行けば、誰でも失業保険を受け取れるわけではありません。 受給するためには一定の条件を満たす必要があります。 本人に就職する意思と能力がある。 積極的に求職活動を行っている(行う予定である)。 雇用保険では「退職=失業」ではありません。 働きたい 転職活動をしていてもなかなか就職が決まらない人だけに、失業保険を給付しています。 そのため、結婚、妊娠、出産、学業、留学、定年、休養、病気、ケガ、介護、休養が原因で、すぐに働けない人は失業状態とは認められません。 さらに以下の状態の人も対象外です。 「実家で家事手伝いをしていて、就職する予定がない」 「すでに転職先に内定を貰っているが、勤務開始日まで期間がある」 「お金は稼いでいないが、自営業の準備をしている」 家事、家業、起業、自営業、会社役員、就労中など、このような人たちは就業状態と見なされ、失業保険は受け取ることができません。 アルバイトで一定額以上稼いでいる人も、生活ができているために受給資格がありません。 その一方で一般的な転職活動をしている人であれば、誰でも失業保険を貰うことができます。 また、妊娠、出産、病気、ケガ、介護、定年後に休養してから働く人に限っては、本人の意思に反するために延長申請ができます。 失業保険の手続きをするときは、最初に求職の申し込みをします。 ハローワークにある求職申込書に 就職先の希望条件や経験した仕事を記入して、退職時に受け取った雇用保険被保険者離職票1・2と一緒に窓口に提出します。 窓口で離職理由などの質問を受けたのち、問題がなければ書類が受理されて、失業保険の受給資格が与えられます。 このあと「雇用保険受給資格者のしおり」が渡されたら、初日は終了です。 退職から失業保険の受給までの流れ 初日の手続きから1~3週間後に「雇用保険説明会」が行われるため、必ず出席します。 雇用保険説明会では失業保険の仕組みが2時間で説明されます。 そのときに「求職活動計画書」が交付されて、これからはこの計画書に沿った求職活動をしていきます。 さらに失業保険の認定を受けるために必要な「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」も配られます。 この雇用保険説明会の1~3週間後にようやく第1回の失業認定日となります。 ただし、その際に失業保険の全額を一括で貰えるわけではありません。 雇用保険制度では「就職活動をしていても失業中である」ことをチェックするために、 4週間に1度のペースで書類申請と面談が行われます。 ここで「現在も失業中である」と認定されれば、4週間分の失業保険が4~7日後に指定した口座に振り込まれます。 そのあとは第2回、第3回、第4回と、4週間に1度の失業認定日にハローワークに行って、失業認定を受ける手続きを繰り返していきます。 失業保険の給付額が変動する仕組み 給付期間は退職理由で差が付く 失業保険の給付期間は退職理由で変動します。 自ら退職を願い出た自己都合が理由の人は「一般受給資格者」とされます。 一般受給資格者は失業が想定できて、再就職の準備に時間的な余裕があります。 そのため、失業保険を受けられる期間は雇用保険に加入していた勤続年数が10年未満で90日、10年以上20年未満で120日、20年以上で150日間となっています。 勤続年数 1年未満 1年以上 5年未満 5年以上 10年未満 10年以上 20年未満 20年以上 15歳以上 65歳未満 - 90日 90日 120日 150日 情報取得日 2020年1月時点 一方、 倒産や解雇によって強制的に退職させられた会社都合が理由の人は「特定受給資格者」とされます。 特定受給資格者は離職を余儀なくされてしまい、再就職の準備をする時間的な余裕がありません。 そのため、失業保険を受けられる期間は一般受給資格者より長く、雇用保険に加入していた勤続年数と年齢で違います。 勤続年数 1年未満 1年以上 5年未満 5年以上 10年未満 10年以上 20年未満 20年以上 30歳未満 90日 90日 120日 180日 - 30歳以上 35歳未満 90日 120日 180日 210日 240日 35歳以上 45歳未満 90日 150日 180日 240日 270日 45歳以上 60歳未満 90日 180日 240日 270日 330日 60歳以上 65歳未満 90日 150日 180日 210日 240日 情報取得日 2020年1月時点 支給金額は年齢と賃金で決まる 失業保険の給付額は退職する前の6カ月間の賃金をベースに算出します。 賃金とは雇用保険上は役職手当や残業代、税金などを含めた給与であり、ボーナスを除いた金額です。 最初にこの退職前6カ月間の賃金総額を180日で割って、1日の賃金である賃金日額を算出します。 この賃金日額に一定の給付率をかけると失業保険の日額手当が出ますが、一定の給付率は年齢と賃金日額で25通りに分類されていて、正確に計算するには手間がかかります。 例えば「賃金144万円、年齢32歳、勤続8年」の人は、2020年1月時点では「0. この計算式にある1万2210円や4970円という数値は、前年度の日本人全体の平均収入が関連していて、毎年7月1日以降に変動します。 そのため、以下で「賃金、年齢、勤続年数」を入力すると、 自動的に失業保険の給付額が計算できるようにしました。 これで複雑な計算をしなくても、失業保険の給付額が簡単にわかります。

次の

失業保険は解雇でも受給できるの? 受給条件や手続きを弁護士が詳しく解説|不当解雇を弁護士へ無料相談|ベリーベスト法律事務所

失業 保険 条件

雇用保険に加入している 加入していた• 雇用保険の加入期間が一定期間以上ある• 失業している状態にある という3つの条件を満たす必要があります。 では、詳しく説明していきます。 雇用保険に加入している 雇用保険に加入しており、今まで雇用保険料を支払っている、もしくは過去に支払っていたことが一つ目の条件です。 雇用保険に入っているかわからない人が簡単に確認する方法としては、給与明細を確認する方法があります。 雇用保険に入っている人は、毎月の給与から雇用保険料が引かれています。 給与明細 会社勤めの場合、正社員であれば入社と同時に雇用保険に加入します。 契約社員やパートタイマー、アルバイトとして働く方であっても、下記の a 、 b 両方の基準を満たせば、雇用保険に加入することができ、失業保険をもらうことができます。 a 31日以上引き続き雇用される見込みがある• b 1週間の所定労働時間が20時間以上 会社が加入手続きしていないことも? 労働者の雇用保険の加入手続きは会社が行います。 しかしながら、 会社がきちんと手続きをしていないケースがあります。 きちんとした担当者がいない中小・零細企業の場合、特に注意が必要です。 もしも、あなたの勤め先・元勤め先が手続きにルーズな会社であるならば、一度確認することをおすすめします。 とてもまれですが最悪の場合、雇用保険の加入手続きをしていないのに、保険料だけ会社が給与から天引きしている、なんてこともありえます。 雇用保険に加入しているか確実に確認する方法 雇用保険に加入しているかどうか知りたい方は、近所のハローワークの窓口で、自分が雇用保険に入っているか聞いてみましょう。 職員の方に「 雇用保険の資格確認をしたい」と伝えれば、手続きに必要な書類をもらうことができます。 免許証など、住所を確認できる証明書を持って行きましょう。 最寄りのハローワークを探したい方は、一覧ページから探すことができます。 雇用保険の加入期間が一定期間以上ある 二つ目の条件は、 雇用保険の加入期間が一定期間以上あることです。 一定期間とは、• 会社を辞めた日以前の2年の間に、雇用保険に加入していた期間が満12ヶ月以上あること です。 この期間の数え方は、会社を辞めた日からさかのぼって1ヶ月ごとに区切った期間に、働いた日数が11日以上ある月を、1ヶ月とカウントします。 1ヶ月とカウントされないケース 例えば、通常の月は1ヶ月あたりの労働日数が22日だったとします。 そしてある月に、病気で20日間休んだとします。 そうすると、この月は2日間しか出勤しないことになります。 そうなると、当然賃金も2日間分しか出ないわけですから、この月は雇用保険の加入期間にはカウントしないというわけです。 よくわからない方は「あんまりたくさん休んだ月は雇用保険の計算には入らない」と理解しておきましょう。 雇用保険の加入期間 加入期間が短くても大丈夫な特例 雇用保険の加入期間については、会社を辞めた日以前の1年間に、賃金の支払い基礎となった日数が「6か月以上」あれば大丈夫という特例があります。 特例になる条件は、• 会社の倒産など「退職の理由が本人ではなく会社にある」場合• 自分の病気や家族の介護など「やむを得ない事情で退職せざるを得なくなった」場合 です。 このような特例に当てはまる人を「 特定受給資格者」又は「 特定理由離職者」といいます。 これは、やむを得ない事情で失業状態になってしまった人に対する特例です。 失業保険の給付期間や申込みから支給開始までの期間などが、通常よりも有利な条件になるように規定されています。 自分が「特定受給資格者」又は「特定理由離職者」にあてはまるかどうかは、ハローワークのホームページの「」でご確認ください。 失業している状態にある 三つめの条件として、失業保険をもらうためには、 もらう時点で失業している必要があります。 雇用保険制度の中でいう「失業している状態」とは、• 病気やケガのため、すぐには就職できない• 妊娠・出産・育児・介護のため、すぐには就職できない• 定年などで退職後、しばらく休養しようと思っている• 結婚などにより家事に専念し、すぐには就職する意志がない• 家事手伝いや、家業である農業・商業などのため就職できない つまり、「 積極的に就職しようと思っていない」「 すぐに就職することができない」 といった人は、条件にあてはまらないことになり、失業保険を受けることができません。 気をつけましょう。 以上の3つが、失業保険をもらうための条件となります。 2回目以降の失業保険の受給条件は? 失業保険 基本手当 は、2回目以降も今まで説明した条件と同じ条件で受け取ることができます。 条件の中で一番、気をつけなければならないのは「雇用保険の加入期間が一定期間以上あるかどうか」です。 1回目にもらってから2回目にもらうまでの間の雇用保険への加入期間があまりに短いと、もらうことができません。 加入期間が2年以上あることが条件となります。 例を見てみましょう。 2回目以降の失業保険の受給例 例えば、Aさんが以下のような会社で働いていたとします。 2015年4月に退職した場合 雇用保険の加入期間が1年もたっておらず、条件を満たしていないので失業保険をもらうことはできません。 2016年4月に退職した場合 雇用保険の加入期間が1年を経過しており、在職中に長期間の休職などをしていなければ、基本手当をもらうことができます。 2回目の失業保険の受給ができるかどうか このように、失業保険は1回しかもらえないという決まりはなく、一定期間保険料を支払い、条件をみたしていれば、何度でももらうことができます。 失業保険 基本手当 でもらえる金額は? 失業保険で受け取ることができる金額は、年齢・もらっていた賃金・給与、会社を退職した理由、などによって変わってきます。 失業保険で支給される金額について詳しく知りたい方は「」をご覧ください。 ここでは簡単な計算方法をお伝えします。 金額を知るための簡単な計算式 失業保険では、年齢やもらっていた給与・給料の金額をもとに、まず「一日いくらもらえるか」という金額を計算します。 これを「 基本手当日額」といいます。 次に、給付してもらうことができる日数が決まります。 これを「 給付日数」といいます。 そして「基本手当日額」と「給付日数」を掛け合わせたものが、失業保険で受け取ることができる全体の支給額になります。 給付日数はどうやって決まる? 何日分の失業保険をもらうことができるのかは、人によって違っています。 雇用保険に加入していた年数や、年齢、自己都合退職か倒産解雇などによる退職かなどによって、給付日数が決まるのです。 下記の表にまとめましたので、ご自身がどこに当てはまるか確認してみてください。 基本手当を受給できる期間のことを 受給期間と呼びます。 失業保険は受給期間を過ぎると、残りがいくらあっても貰えなくなってしまうので注意が必要です。 受給期間は原則、 退職した日の翌日から数えて1年間となっています。 失業保険の受給期間は退職後1年 しかし、例えばあなたが病気やケガ、妊娠、出産、育児、介護などの理由で30日以上働くことができなくなったときは、その働くことのできなくなった日数だけ、受給期間を延長することができます。 失業保険の受給資格のまとめ 失業保険を受給することができる資格・条件について説明しました。 まとめると.

次の