ユーチュー バー 収入 ランキング 日本。 好きなYouTuberランキング

【2018年最新版】日本YouTuber収入ランキングをご紹介!

ユーチュー バー 収入 ランキング 日本

いまや若者にとって、テレビよりも身近な存在であり、タレント級の認知度もあるYouTuber。 小中学生の将来の夢として上位にランクインするほど、憧れの存在でもある。 ORICON NEWSでは、世代の異なる男女1000人にアンケート調査を行ない、『好きなYouTuberランキング』を発表。 その結果、女優業の傍ら、ゲーム実況動画をアップする【本田翼】が、専業YouTuberを超え1位に輝いた。 (チャンネル登録数や再生数は2月17日時点) チャンネル登録数150万人 全世代のゲーム好きが支持• 今後、ゲーム実況動画以外にの展開も期待できそうな本田翼(C)ORICON NewS inc. わずか2回の配信でチャンネル登録数が100万を超えた 【】が10代から50代まで、すべての年代で1位に輝いた。 YouTubeチャンネル『ほんだのばいく』で、ゲーム『Dead by Daylight(デッド バイ デイライト)』のゲーム実況動画の公開のほか、配信での実況も行なっている。 2019年10月22日には、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティーアリーナでYouTubeチャンネル開設1周年記念イベントを開催。 全3部あわせて約1万7000人のファンとの交流を楽しんだことも話題に。 そんな本田は、ドラマやバラエティなどテレビ出演もこなしており、最近はゲーム実況の配信が止まっている。 そんな状況にゲーム好きのファンからは不満の声も上がっているほど、更新を楽しみにしているファンが多いようだ。 そのため、今回のランキングでも「ゲームに対して素直で熱い思いが感じられるから」(東京都/40代・男性)、「結構マニアック」(埼玉県/50代・男性)というゲーム関連のコメントが多数寄せられている。 一方、女性からも「綺麗でかわいいし、オタクな所が好き」(鹿児島県/20代・女性)と支持される本田。 ドラマのヒロインの傍ら、ゲーム配信を行なうギャップは幅広い世代から人気を集めている。 2月3日には、「24万8千2百円を払う日の朝」と題して、出演している『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の「ゴチになります」撮影日のメイクアップ動画を公開。 2日で250万回視聴を突破し、現在は461万回視聴を超え。 本人も「楽しみ方の幅が広がった」と話しており、今後ゲーム以外の配信でYouTubeきっかけの女性支持も期待できそうだ。 YouTuberの草分け的存在 20代30代から支持• 幅広い世代から人気を集め、テレビでも活躍するHIKAKIN(C)ORICON NewS inc. 2位にはヒューマンビートボックスの動画が注目のきっかけとなった 【】(チャンネル登録は796万でダントツ)。 商品紹介の動画やゲームの実況動画、プライベート動画でも人気で、子どもからの認知度も高い。 その知名度からHIKAKINは、エアロスミスやNE-YO、アリアナ・グランデといった海外アーティストとも共演。 さらにアーティストとして『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でパフォーマンスを披露したり、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で自宅を公開し、『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合)の密着取材も受けるなどテレビでも活躍している。 「人を嫌な気にさせないよね」(大阪府/40代・女性)という意見からも分かるように、HIKAKINは動画の内容だけではなく、好感度の高さも魅力のひとつ。 炎上も背中合わせにあるYouTubeながら、「子供が好きでよく見ているため」(栃木県/30代・女性)、「子供が見ていて一緒に見るようになりました」(鹿児島県/20代・女性)という意見からも、親も安心して見られる優良チャンネルだと言える。 炎上目的の過激な内容がないところも、HIKAKINの評価が高い理由のひとつかもしれない。 世代別では特に20代、30代の支持が多く2位となった。 一発屋芸人からYouTuberへ 炎上もサプライズもない癒し動画が好感• ヒロシの動画に「一緒にキャンプしている気分になる」との声も(C)ORICON NewS inc. チャンネル登録数は60. 4万のピン芸人の 【】がTOP3入りに。 一発屋のイメージが強い彼だが、今ではキャンプ動画が人気を博し、YouTuberとしての認知度が上がっている。 『ヒロシちゃんねる』は、趣味のキャンプをただただ楽しんでいる動画をアップ。 1人称の視点も多く、自身が映っていないことも多い。 だが、北欧・フィンランドにまで行き、ステーキを焼くなど日本を飛び出してグローバルに展開。 シズル感あふれる料理の数々も食欲をそそる映像となっている。 ついには、キャンプ好きが高じて関東近郊に1000坪の山を購入するなど本格的に取り組んでいるヒロシ。 そんな彼に「ひとりキャンプを見てると癒される」(神奈川県/50代・女性)、「孤独感がいい」(静岡県/50代・男性)とのコメントも多く、ヒロシの動画をきっかけに視聴者はキャンプの魅力にハマっている様子。 本格派の映像に「見ている人に媚びることなく、黙々とキャンプを勤しむ姿に共感できるし癒されるから」(東京都/30代・女性)との声もあった。 専業を超える人気、芸人、ママタレ、アスリート…各界からも参入 【HIKAKIN】のほか、YouTuberを生業としている人のランクインは意外にも 【】、 【】の2組のみという結果に。 「740人だるまさんが転んだ」で2015年10月ギネス記録を樹立したこともあるはじめしゃちょーは、「面白いしかっこいい」(北海道/40代・女性)と讃えられた。 辻希美は子育て中のママのリアルな姿を配信(C)ORICON NewS inc. ほかは、今トレンドになっている芸能人のランクインが並んだ。 芸人だけではなく、 【】(8位)は、ママ視点の内容が人気を集めている。 芸能活動しながら4人の子どもを育てる母親のリアルな姿を見られる動画は、「主婦をしながら、参考になることもたくさんあるし微笑ましくて好きだから」(島根県/30代・女性)と好評。 ブログは炎上しがちだったが、子育てや主婦のリアルを動画で見ることで、支持率も上がったようだ。 現役メジャーリーガーの 【】も名だたるメンツが並ぶ中でTOP10入り。 「野球に関してためになる情報を提供しているから」(東京都/20代・男性)、「しっかりとした専門分野を持ち理論的で支持できる」(東京都/50代・男性)と、決してYouTubeを遊びにしていない真摯な姿勢が票の獲得につながった。 それに通じて、タレントや芸人、アイドルも続々参入し、Youtuberで大成するのも狭き門となってきた。 9位のダルビッシュ有を筆頭に多業種のYouTuberも増え、江頭2:50がチャンネル開設から9日目で登録者100万人を突破したことも話題に。 どれだけインディヴィジュアルな個性を打ち出せるかがYouTuberとしてブレイクするかのカギかもしれない。 好きなYouTuberランキング 総合TOP10.

次の

人気ユーチューバーランキング10!人気者になれる秘訣を暴露

ユーチュー バー 収入 ランキング 日本

ユーチューバーの年収 再生回数ランキング上位20名と50名で推定年収を算出してみました。 ランキング上位20位では、平均年収が 7億8697万円 ランキング上位50位では、平均年収が 1億7799万円 となりました。 1位の方の年収は6 億212万円に対し20位は1億 5739万円で4億4473万円の差があり、50位の9349 万円とは5億863万円の差があります。 ヴァンゆんの年収 2019年テレビ「特集!よしもと 芸能 今だ!ニュース」の番組内で、月収が「 高級外車2~3台分」と発表しました。 さらに「国内の高級車では無い」とも…高級外車で例えても値幅が広いですが、 大体1000万円前後と推測しても月収2000万円以上だとわかります。 下記の2020年5月推測で月収1026万円と算出していますが、実際の収入とは差がでてきます。 ・トップユーチューバーは広告単価が高い ・動画ジャンルで単価が違う ・案件(直接、企業の広告宣伝) などの要素があるので、当ページでの数字は参考程度にして下さい。 813万円 9759万円 花江夏樹 811万円 9738万円 Power Hero Labo 792万円 9505万円 QuizKnock 789万円 9477万円 スマイリー 779万円 9349万円 ピックアップユーチューバー【2020年5月】 芸能人・おもしろ・話題 チャンネル名 月収 年収 SeikinTV 769万円 9239万円 宮迫ですッ! 2円で、年収は12掛けて算出。 636万円 7652万円 kougeisha 624万円 7488万円 ワタナベマホト 620万円 7452万円 キヨ。

次の

YouTuber(ユーチューバー)の収入の仕組みや平均年収は?

ユーチュー バー 収入 ランキング 日本

若者がなりたい職業で、上位にランクインするようになった 「ユーチューバー」は大きな支持を集めています。 人気者になれば年収は 数億に跳ね上がり、少し前まで一般人だったのに街を歩けば有名人のように人が集まるんですね。 ここでは、 人気が高いユーチューバーのランキングや、人気者になれた裏話を暴露していきます。 スポンサーリンク 1.人気のユーチューバーランキングを発表! 日本には数多くの人気ユーチューバーがいますが、その中でもダントツに支持されている人々がいます。 以下からランキング形式で、人気ユーチューバーを発表していきますね。 企業タイアップ数• チャンネル登録数• 動画総再生回数 10位:「水溜まりボンド」…息のあったコンビ仲を見せている ユーチューバーの人気ランキングで10位を獲得したのは、 「水溜まりボンド」です。 20代半ばの「カンタ」と「トミー」が、コンビ仲の良さを武器に数々の面白い動画を投稿しています。 スポンサーリンク 大学のお笑いサークルで知り合い、そこでコンビを結成しました。 彼らにしかできない動画は、人々の心をホッコリさせています。 200万人を超える登録者数を獲得し、子供の日常的な風景が動画の形で投稿されています。 子供を見て癒されたい人や、心に寂しさを覚えている人は和めるので人気が高くなっているとのこと。 基本的に動画は、子供を中心に撮影されていきます。 8位:「セイキン」…特技の"歌"を中心の動画を投稿している 人気ユーチューバーランキングで8位を獲得したのが、 「SEIKIN」です。 弟・ヒカキンさんの影響を受けてユーチューバーを始め、一気に人気者の仲間入りを果たしました。 スポンサーリンク 歌がとても上手で、彼にしかできない動画をいくつも投稿しています。 主に商品紹介をしつつ、合間に弟とコラボした楽しい動画を作っているのです。 7位:「東海オンエア」…6人グループで一気に知名度を上昇させた 7位は 「東海オンエア」がランクインし、ネット上では大盛り上がりです。 というのも、2013年から活動を開始した東海オンエアは、短期間で一気にその名を全国区にしました。 グループだからできる、ダイナミックな動画が特に人気。 また、考える企画はどれも最高品質で、チャンネル登録者数はまだまだ増えると予想されています。 UUUMに所属するようになったので、事務所のバックアップもありこれからの彼らから目が離せませんね。 6位:「キッズライン」…家族全員が動画に登場している 人気ユーチューバーランキングで、6位を獲得したのが 「キッズライン」です。 家族全員がユーチューバーとして動画に登場しており、それぞれが素晴らしい特徴を持っています。 主にターゲットを「子供」に絞った動画投稿が基本で、キッズラインにしかできない動画は「最高傑作」と話題。 若い層に支持を得ているので、戦略としては成功していると言えますね。 5位:「ヒカル」…かなりの製作費がかかった動画を投稿している 人気ユーチューバーランキングで5位を獲得したのは、 「ヒカル」です。 今までに無かったジャンルのユーチューバーで、その斬新な動画内容は多くの人々を魅了しています。 スポンサーリンク 特に製作費が数百万円とも言われる、かなり 大がかりな動画も投稿されているんですね。 騒動に発展して全国区のニュースで紹介されるなど、ユーチューバーに疎い世代にもその名を広めています。 4位:「木下ゆうか」…大食い系のチャレンジ動画が大人気 人気ユーチューバーランキングで4位を獲得したのが、 「木下ゆうか」さんです。 元々、大食いタレントとしてテレビ出演した経験があり、その度胸と精神力の強さは一級品。 タレントとして活動していた事もあり、ルックスはかなりのもので、ユーチューバーの中でもトップクラスの美女です。 ほっそりとした体型なのに、 かなりの大食いなのでリスナーを驚かせます。 彼女にしかできない動画の数々なので、個性を武器に人気はこれからも高くなっていくでしょう。 3位:「はじめしゃちょー」…写真集を発売できるほどの人気者 3位にランクインしたのは、 「はじめしゃちょー」さんです。 ルックスが良く、かなりのイケメンなので若い女性を中心に圧倒的な支持を得ています。 動画の内容も斬新で、誰も思いつかない事柄をやってのけるほど。 日本のユーチューバーとして初めて写真集を出版し、そのキワドイ写真にファンは衝撃を受けました。 動画はどれもクオリティが高いので、これからも話題を集めるでしょう。 2位:「フィッシャーズ」…7人グループで大規模な動画を制作している 人気ランキングで2位を獲得したのは、 「フィッシャーズ」です。 中学時代の同級生でグループを結成し、7人体制で動画を制作しています。 グループ系のユーチューバーでは一番の人気を誇り、今後もチャンネル登録者数は増えていくでしょう。 体を張った動画や、大規模な内容の動画を投稿しており、リスナーを楽しませています。 1位:「ヒカキン」…テレビ出演を多く果たしている人気者 人気ユーチューバーランキングで1位を獲得したのは、 「ヒカキン」さんです。 彼は日本のユーチューバー界でトップを走り続け、世界からも注目されている人物。 テレビ出演を多く果たし、ユーチューバーという言葉を日本国民に広めた 第一人者とも言えます。 その人気はすさまじく、イベントは超満員になり、彼が紹介した商品は品切れになるほど。 年収は推定10億を超え、総資産は100億円を突破しているとの情報もあります。 2.ユーチューバーで人気者になれた裏話を暴露 ユーチューバーに新規参入する人はとても多く、その中で人気者になれるのはほんの一握り。 そんなユーチューバーで 「人気者になれた裏話」があるので以下で紹介しますね。 ターゲットを絞っている• ほぼ毎日動画を投稿する• SNSを使って動画を宣伝する この3つが、人気者になれた裏話になります。 ユーチューバー全員に共通しているのは、「ターゲットを絞っている」という点が挙げられます。 「キッズライン」なら未就学生向け、「ヒカキン」さんなら小学生向け…など。 また、 「ほぼ毎日、動画を投稿する」という点を最初は徹底するようにします。 知名度を上げるには、どうしても必要なので頑張って動画を投稿してくださいね。 そして、最近はSNSを使う人が多いので、口コミが広がれば知名度は一気にあがり人気ユーチューバーになれるでしょう。 まとめ ここでは、 人気が高いユーチューバーのランキングや、人気になる秘訣を暴露していきました。 日本国内にも多くのユーチューバーがいますが、トップクラスになれるのはほんの一握り。 人気ユーチューバーになるには、他の人と同じ事をしていてはダメで、「ターゲットを絞る」などの工夫が求められます。 今後も、ユーチューバーは増え続けるでしょうから、応援していきたいですね。

次の