キャノン アイ ティー ソリューションズ。 参考資料:キヤノン販売が「グループ統合システム」構築に100億円を投入|プレスルーム|日鉄ソリューションズ

キヤノンITソリューションズ|20年卒 システムエンジニアの最終面接の選考体験談|就活サイト【ONE CAREER】

キャノン アイ ティー ソリューションズ

キヤノンITソリューションズ株式会社 Canon IT Solutions Inc. 略称 キヤノンITS 本社所在地 2-16-6キヤノンSタワー 設立 (57年) 事業内容 情報システムのコンサルティング・設計・構築、運用管理・保守サービスの提供 ソフトウエアの開発・販売 代表者 金澤明(代表取締役社長) 資本金 36億1700万円 売上高 915億8300万円(2019年12月31日時点) 営業利益 82億1300万円(2019年12月31日時点) 経常利益 83億7900万円(2019年12月31日時点) 純利益 53億8200万円(2019年12月31日時点) 純資産 507億1900万円(2019年12月31日時点) 総資産 792億8400万円(2019年12月31日時点) 従業員数 単体:3,711名(2018年現在) 決算期 主要株主 (100%) 主要子会社 佳能信息系統 上海 有限公司 スーパーストリーム 関係する人物 佐藤雄二郎 太田清史 外部リンク キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンアイティーソリューションズ、 Canon IT Solutions Inc. )は、の。 キヤノンシステムソリューションズ株式会社と株式会社アルゴ21が(20年)に合併して誕生した。 のほか、・・・・・に事業所を持つ。 (平成21年)に中国ソリューション事業推進室を設置、2014年にタイのIT会社を傘下に加えるなど、海外事業の強化に乗り出している。 2017年7月に株式会社と経営統合した。 2019年9月に本社を港区のキヤノンSタワーに移転。 東京23区における拠点としては、他に天王洲事業所、三田事業所がある。 キヤノングループにおけるIT分野の中核を担う企業の位置づけである。 でさえも誤認識 することがあるが、キヤノンITソリューションズ株式会社は、の発行済株式100%のであり、の孫会社である。 主な事業 [ ] 業種別のSI [ ] 製造業と金融業を中心に、流通・サービス業、公共・公益、医療、文教など、業種別に展開している。 エンベデッド [ ] コンシューマー機器からオフィス機器、産業機器、車載製品まで多岐に渡る、ならびに制御システムを開発している。 IT基盤構築 [ ] の設計・構築、の構築・サポート、運用管理システムの構築、環境の構築、対策、24時間365日の運用サポートサービスなどを手掛ける。 iDC [ ] 西東京、ならびに子会社のが運営するのデータセンターを用い、ホスティング、ハウジング、ISPサービスを提供している。 また、が法人向けに展開している・である「Canonet」では、キヤノンITソリューションズがサーバー運用を行っている。 セキュリティ [ ] や、コンテンツフィルタリング製品などの製品を開発・販売している。 また、解析サービスも行っている。 なお、2019年より本領域の企画・開発はキヤノンマーケティングジャパンに移管している。 ドキュメント [ ] ソフトウエアの開発・販売の経験を持ち、帳票システムやシステムの構築のほか、キヤノン製複合機・プリンターのアプリケーションプラットフォームであるに対応したシステム開発を行っている。 ソリューション事業 [ ]• /:、、Siebel、、および子会社のSSJが開発するを中心に、システム構築を行っている。 また、/のシステム構築も行っている。 :各種規格に準拠したソフトウエアを自社開発している。 マイグレーション:環境を中心としたを行っている。 環境:支援システムや分析システムを開発・販売している。 知的財産:特許情報管理システムを核に、契約管理やライセンス管理などの関連するソリューションもあわせて販売している。 モバイルシステム:製のを用い、製造・金融・流通などの各業種向けシステムを開発・販売している。 研究開発 [ ] 開発技術、開発基盤(など)、ソフトウエア、映像認識(など)、の研究を行う。 また、(Operations Research)を用いたシステム開発・コンサルティングを行う数理技術部門を持ち、同技術を活用したソリューションパッケージも開発している。 主な自社開発製品 [ ]• in Campus 教育支援情報プラットフォーム)• Web Performer(超高速開発ツール)• AgentSquare シンジケートローンエージェント支援システム)• C2V Conected 正規品判定クラウドサービス)• テレワークサポーター テレワーカーの勤務支援クラウドサービス)• FORMAST 需要予測・需給計画システム)• RouteCreator(物流・輸配送・配車計画)• 各種EDI製品等 など。 沿革 [ ] 設立 (平成20年)• 株式会社アルゴ21とキヤノンシステムソリューションズ株式会社が合併し、キヤノンITソリューションズ株式会社が発足。 同時にアルゴインテリジェントサービスの社名をAISに、アルゴエデュケーションサービスの社名をにそれぞれ変更。 ニイウスコーならびにより、ビックニイウスの全株式を取得し、社名をに変更。 (平成21年)• キヤノンネットワークコミュニケーションズ株式会社を吸収合併。 医療ソリューション事業をFMSに移管し、同社社名をに変更。 傘下のAISとの子会社ソリューションサービスが合併し、に社名変更。 中国ソリューション事業推進室を設置し、現地企業向けのSI事業を本格化。 キヤノンMJの中堅企業向けシステム営業部門を編入。 の開発部門を編入。 (平成22年)• に株主変更。 (平成24年)• 傘下のキヤノンビズアテンダがを合併。 を子会社化。 SuperStream事業を傘下のSSJに統合し、SSJをに社名変更。 (平成26年)• 傘下の株式会社の全株式を株式会社に譲渡。 (平成27年)• 株式会社よりソリューション事業を継承。 (平成28年)• キヤノンMJ内のIT事業再編におけるキヤノンMJ-ITHDとの合併に伴い、キヤノンMJに株主変更。 キヤノンMJ-ITHDの子会社であった、キヤノンソフトウェア株式会社と株式会社を子会社化。 (平成29年)• キヤノンソフトウェア株式会社を吸収合併。 傘下のキヤノンITSメディカル株式会社、キヤノンビズアテンダの株式を、キヤノンMJへ譲渡。 APTJ株式会社へ追加出資、車載制御システム向けプラットフォーム開発の参画強化• (昭和57年)• 住金システム開発株式会社を設立。 (平成元年)• 住友金属システム開発に社名変更。 (平成3年)• 通商産業省 システムインテグレータ企業に認定。 (平成7年)• サンネットと合併。 (平成9年)• 住友金属工業システム事業部より、ソフト商品開発・販売業務および社内システム開発業務を編入。 住金控制系統 上海 有限公司を設立。 (平成12年)• 住友金属情報システム、住金ソフトウエアファクトリー、住金制御エンジニアリングの3社と合併し、株式会社住友金属システムソリューションズに社名変更。 (平成15年)• キヤノン販売(現キヤノンMJ)に株主変更、キヤノンシステムソリューションズ株式会社に社名変更。 住金控制系統 上海 有限公司をに社名変更。 (平成16年)• キヤノン販売の基幹SI部門を編入。 (平成17年)• から株式会社の株式譲渡を受け、子会社化。 (平成18年)• キヤノンMJのドキュメントソリューション開発部門を編入。 同時に、製品向けドライバー開発事業を譲り受ける。 クボタソリッドテクノロジーから事業 の販売部門を譲り受ける。 (平成19年)• キヤノンMJの医療向けソリューション事業を編入。 (平成20年)• キヤノンMJの事業(旧キヤノン・スーパーコンピューティング・エスアイ株式会社)、環境ソリューション事業、特許ソリューション事業、コンサルティング事業を編入。 合併前の沿革:アルゴ21 [ ] 日本ユニバック(現)に在籍していた技術者を中心に創立された。 (昭和59年)• 株式会社アルゴ二十一を設立。 (昭和60年)• アルゴグラフィックスおよびマーテック二十一を設立。 (昭和63年)• 通商産業省 システムインテグレータ企業に認定。 (平成元年)• 日本テクノシステム株式会社を吸収合併し、社名を株式会社アルゴテクノス二十一に変更。 (平成9年)• 株式を店頭公開。 (平成11年)• ERPベンダーのを子会社化。 2部上場。 (平成12年)• 東京証券取引所1部指定替え。 内外データサービスを子会社化するとともに、同社とマーテック二十一とを合併しアルゴインテリジェントサービスに社名変更。 社名を株式会社アルゴ二十一に変更。 (平成13年)• システムインを子会社化し、株式会社アルゴコンサルティングサービスに社名変更• 株式会社ユニテル 現 Pro-SPIRE に出資し、同社との協業でITコーディネータ育成教育事業を開始。 (平成14年)• 住金物産情報システムを吸収合併。 ユニテルの教育事業を譲り受け、株式会社アルゴエデュケーションサービスを設立。 (平成15年)• 社名を株式会社アルゴ21に変更。 (平成16年)• 株式会社アルゴコンサルティングサービスを吸収合併• デジタルエンジニアリング部門をアルゴグラフィックスに譲渡。 パソコンの保守サービス事業の一部を日本オフィス・システム株式会社に譲渡 (平成18年)• NRIガーデンネットワークを子会社化し、に社名変更。 (平成19年)• (TOB)によりの子会社となる。 アルゴグラフィックスの自社株式買付に応募し、同社との資本関係を解消。 Pro-SPIREとの資本提携を解消。 キヤノンマーケティングジャパンの完全子会社となり、上場廃止。 (平成20年)• ホテル向けソリューション事業をガーデンネットワークに移管。 関連会社 [ ] 連結子会社 [ ]• スーパーストリーム株式会社(経営基盤ソリューション「SuperStream-NX」の企画、開発、販売)• (Javaに特化したシステム開発、データセンター運営・維持と付帯するサービス)• Canon Software America, Inc. (グループ企業向けの各種ビジネスアプリケーションの開発)• 佳能信息系統(上海)有限公司(日系企業やグループ企業向け中心のSIおよびコンサルティング、キヤノン製品に係わるソフト開発・販売)• Canon IT Solutions (Thailand) Co. , Ltd. (タイ、ベトナムのグループ企業の事業統括)• Material Automation(Thailand)Co. , Ltd. (ITハードウエアからソフトウエアに関わる提案、販売、サービスの提供)• ASAHI-M. , Ltd. MAT Vietnam Company Limited (ITハードウエアからソフトウエアに関わる提案、販売、サービスの提供) その他の関連企業 [ ]• (企業向けIT研修・マネジメント研修事業)• (セキュリティサービスの提供)• (の支援サービスの提供) 脚注 [ ] [] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2017年8月)• : コンピューターメーカー以外を親会社に持つシステムインテグレータを指す。 キヤノンITソリューションズもキヤノングループのIT革新やエンベデッド開発の一端を担う。 : ソフトウエア開発手法の一つ。 キヤノンITソリューションズの子会社であるAESが、同手法を用いた組込ソフトウエアの技術者育成研修を手掛ける。 :産学連携による寄付講座として「実践的IT人材育成講座」が開設され、講演協力を行う。 : OR理論ならびに手法の研究・開発を行い、経営・行政課題での活用を図る社団法人。 賛助会員の1社。 : 同社元顧問の佐藤雄二郎 アルゴ21設立者)が会長、太田清史(出身)が副会長を務めていた社団法人。 旧キヤノン・スーパーコンピューティング・エスアイで手掛けてきた事業のひとつ。 : 特定のウェブブラウザでの閲覧を前提に最適化されたウェブサイトを、で適切に表示させるためのシステム。 の 2005 年度下期オープンソースソフトウェア活用基盤整備事業の一環として、旧アルゴ21がととともに開発した。 : ギリシャ神話で、王子イアソンが英雄とともに大海原に船出した船の名前。 旧アルゴ21の社名の由来となった。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

沿革 1998年~2007年

キャノン アイ ティー ソリューションズ

国内市場におけるESETのプレゼンス向上と、企業や個人のお客さま向けに新規ソリューションの提供を行っていきます。 今回の設立について、ESET社、CEO リチャード・マルコは、以下のように述べています。 「2003年よりESET製品は日本市場で地位を築いてきました。 今回のESET社のオフィス開設によって、日本におけるサイバーセキュリティと、顧客のニーズにあった新しいソリューションの開発に対するコミットメントがさらに強固なものとなります。 」 また、キヤノンITソリューションズ株式会社、代表取締役社長 足立正親は以下のように述べています。 「高いウイルス検出力と軽快な動作を特長とするESET製品を、日本のお客さまを熟知する当社が導入前から導入後まで手厚くサポートすることで、ESETビジネスは成長してきました。 イーセットジャパン株式会社の設立により、ESET社と連携を深め、より迅速にソリューションやサービスを提供していきます。 」 キヤノンITソリューションズ株式会社はESETのプレゼンスを確立する上で極めて重要な役割を果たしており、今後も国内総販売代理店としてESET社と共に法人や個人のお客さま向けに包括的なセキュリティソリューションを提供していきます。 新会社のカントリーマネージャーには、20年以上にわたってITソフトウェアビジネスに従事してきた 黒田宏也が就任します。 新たなソリューションの導入を牽引し、顧客のニーズを開発に生かし、またセキュリティ対策の向上のための情報発信に努めることで、ESETブランドの向上を図っていきます。 イーセットジャパン株式会社 所在地:〒108-0075 東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー ESET社について ESETは30年間にわたり世界中のコンシューマーと法人向けに、革新的なITセキュリティソフトとサービスを提供してきました。 そのソリューションはエンドポイントからモバイル端末セキュリティ、暗号化、2要素認証までカバーし、ESETのハイパフォーマンスで使い易い製品は、コンシューマーと法人に対し、技術を安心してご活用いただくことを実現しています。 ESET は24時間365日お客様のビジネスを止めることなく、リアルタイムで防御の更新を実施し、お客様に安全且つ、ビジネスの継続を可能にします。 進化していく脅威に対しては、進化したITセキュリティ会社の対応が必要です。 キヤノンITソリューションズ株式会社について キヤノンITソリューションズ株式会社は、キヤノンマーケティングジャパングループにおけるITソリューション事業の中核を担い、SIおよびコンサルティング、ITサービス、各種ソフトウェアの開発・販売などの事業を展開しています。 セキュリティソリューションの分野では、国内総販売代理店を務めるウイルス対策ソフト「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」をはじめ、国内シェア 16年連続No. キヤノンITソリューションズ株式会社は、お客さまのあらゆるセキュリティリスクの解決を、高品質な製品とサービスによってトータルで支援し、さらなる顧客満足度の向上に努めます。

次の

会社概要|企業情報|キヤノンITSメディカル

キャノン アイ ティー ソリューションズ

キヤノン販売社長に村瀬治男が就任• 東京事務機販売とエコーキヤノンビーエムが合併し、キヤノンビーエム東京に社名変更• タックから、キヤノンビーエム大阪に社名変更• 湘南テクノ販売から、キヤノンビーエム神奈川に社名変更• キヤノテック、電気通信工事・電気工事の建設大臣免許取得• 映像エンジン「DIGIC」搭載のデジタルカメラ「PowerShot S10」発売• カラー機能を備えた家庭用ファクシミリ「CF-H30CL」発売• 新開発プリントヘッド技術、New「Micro Fine Droplet Technology」搭載のインクジェットプリンター「BJ F850」(WonderBJ)発売• ヘッドマウントディスプレー「GT270」発売• 東京都港区港南にキヤノン販売新本社ビル、「キヤノン S タワー」竣工• キヤノン販売、社内カンパニー制スタート• キヤノンシステムアンドサポートにキヤノン・エヌ・ティー・シーの販売部門と地域販売子会社3社を統合• キヤノン・エヌ・ティー・シーの不動産部門を母体とし、キヤノンファシリティマネジメント設立• キヤノンソフトウェア、東証二部に上場• 住友金属システムソリューションズを子会社化し、キヤノンシステムソリューションズに社名変更• 日本レスポンスサービスから、キヤノンレスポンスサービスに社名変更• キヤノン販売「プライバシーマーク」を取得• 普及型デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss Digital」発売• 光学防振機構を内蔵した100倍ズームTVレンズ「DIGISUPER 100 xs」発売• 全色顔料インク採用の大判プリンター「W8200」発売• 解像度80nmのArFスキャニングステッパー「FPA-6000AS4」出荷開始• オフィス機器のミドルクラスのブランドネームを「Satera」に統一• 映像エンジンDIGIC搭載のコンパクトデジタルカメラ「IXY DIGITAL 400」発売• 洗練された新しいスタイルを提案するコンパクトデジタルカメラ「IXY DIGITAL L」発売• DIGIC DV搭載のデジタルビデオカメラ「IXY DV M2」発売• キヤノンマーケティングジャパングループ長期経営構想フェーズI(2006~2010)スタート• キヤノン販売からキヤノンマーケティングジャパンに社名変更• キヤノンマーケティングジャパン、1単元の株式数を100株に変更• キヤノンシステムソリューションズがFMSを子会社化• キヤノンファシリティマネジメントからキヤノンビジネスサポートへ社名変更• キヤノンマーケティングジャパンがキヤノン・スーパーコンピューティング・エスアイを合併、ソリューションサービスを子会社化• 新開発12色顔料インク「LUCIA」搭載の大判プリンター「imagePROGRAF iPF9000」発売• プロダクションプリンター「imagePRESS C1」発売• 新開発動画用CMOSセンサー搭載のデジタルハイビジョン撮影対応HDVビデオカメラ「iVIS HV10」発売• キヤノンソフトウェアが蝶理情報システムを子会社化、キヤノンソフト情報システムに社名変更• キヤノンマーケティングジャパンがアルゴ21を子会社化• オーエーエル、キヤノンシステムアンドサポートからキヤノンビジネスサポートの子会社へ• カラー複写機を発売して30年、累計生産台数100万台達成• 一眼レフカメラ「EOS」シリーズの累計生産台数3,000万台を達成• デジタル一眼レフカメラ「EOS DIGITAL」シリーズの累計生産台数1,000万台を達成• デジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds Mark III」発売• プロダクションプリンター「imagePRESS C7000VP」発売、デジタル商業印刷市場に参入• 10色顔料インク採用のプロ向けインクジェットプリンター「PIXUS Pro9500」発売• 電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」取り扱い開始• ドキュメントスキャナーの新ブランド名を「imageFORMULA」に策定• 半導体露光装置「FPA-7000AS7」発売.

次の