僕は、ついてゆけるだろうか 君のいない世界のスピードに。 久保帯人「BLEACH」最終回記念 日常会話で使いたいオサレ名言まとめ

BLEACH巻頭ポエム全巻まとめ

僕は、ついてゆけるだろうか 君のいない世界のスピードに

【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww• 【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・ 関連記事.

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

僕は、ついてゆけるだろうか 君のいない世界のスピードに

ブリーチの巻頭には人々を惹きつけるオサレな ポエムが掲載されており、多くの読者の心を刺激する作りが満載となっています。 登場人物が思う気持ちや、日常で考えた事などそれぞれに合う内容のポエムが載せられているので、感情移入もしやすいです。 そんなブリーチのポエムですが、どういった内容なのでしょうか? ここでは、 全巻のブリーチのポエムの中から特に人気なのものをランキング形式で発表していきます。 10位 「朽木ルキア:54巻」…表紙と内容がマッチしており心が震える ポエムランキングで10位に輝いたのは、54巻に掲載されている 朽木ルキアのポエムです。 変わらぬものは 心だと 言えるのならば それが強さ 朽木ルキアは、黒崎一護に対して変わらぬ考え、想いを持ち続けてきました。 死神代行という真実を彼が知ったとき、それでも揺らぐことのない決意を示した一護に対してルキアの気持ちは大きくなっていきます。 純粋に変わらない心を持つ一護に対して、感動と興奮、そして尊敬を覚えたことがポエムから伝わってきます。 9位 「井上織姫:3巻」…忘れない想いと雨がリンクしている 9位はブリーチのポエムの中でも、一番考えさせられる内容となっている 井上織姫のものです。 もし わたしが雨だったなら それが永遠に交わることのない 空と大地を繋ぎ留めるように 誰かの心を繋ぎ留めることができただろうか 雨の日に関して思う所がある一護と織姫。 スポンサーリンク 織姫の兄との事情、そして織姫の能力が拒絶であるため、この時点で繋ぎとめることができません。 織姫が感じているもどかしさや不安、やるせなさなどが雨が降る雰囲気とマッチしています。 8位 「茶渡泰虎:5巻」…彼のカッコよさがにじみ出ているポエム 一護の仲間でありかけがえのない存在として描かれる、 茶渡泰虎のポエムが8位にランクインしました。 剣を握らなければ おまえを守れない 剣を握ったままでは おまえを抱き締められない 護ることと、愛することは密接に関係しているようで、永遠に交わることができない感情であることが分かります。 誰かを護るためには命をなげうつことも必要ですが、それによって相手を殺してしまったならば、果たしてそれは護ったことになるのでしょうか? 人を傷付けることは他人を不幸にさせるので、そうまでしてあなたは守ってもらいたいと思うだろうか。 チャドの心の葛藤が、よく表れています。 7位 「松本乱菊:46巻」…彼女ならではの切ない内容に読者感涙 ブリーチのポエムランキングで7位を獲得したのは、46巻に掲載されている 松本乱菊です。 不幸を知ることは 怖ろしくはない 怖ろしいのは 過ぎ去った幸福が 戻らぬと知ること 松本乱菊がどんな人生を歩んできたのかを想像してみると、このポエムがいかに切ないかが分かります。 不幸はいずれやってくるので、それを知ることに人間は心の準備ができるため、さほど恐れを感じません。 しかし味わった幸福が二度と戻らないとするならば、それは人間にとって苦痛に感じるもの。 人の気持ちをここまで短文に込めるのは、素晴らしい才能を感じずにはいられません。 6位 「斬月:8巻」…人生を深く洞察している斬月ならではのポエム 6位には「 斬月のおっさん」のポエムがランクインしています。 錆びつけば 二度と突き立てられず 掴み損なえば我が身を裂く そう 誇りとは 刃に似ている 人間は生きていく中である程度の誇り、自尊心は必要ですがそれが強くなりすぎると刃のように己を突きさします。 スポンサーリンク 誇りが高くなりすぎると、人からの忠告や助言を心拒絶し、傲慢になりその結果として身を壊すのです。 これまでの人間の歴史を振り返ると、そうした事例はいくつも出てくるのではないでしょうか? 斬月はこのポエムで、誇りを刃に例えており人間を破滅させる恐れがある点を伝えています。 5位 「黒崎一護:25巻」…終わりの始まりを表現している とても深いポエムとして読者をうならせているのが、5位にランクインした「 黒崎一護」です。 我々は皆 生まれながらにして死んでいる 終焉は常に 始まりの前から そこに在るのだ 生きることが 何かを知り続けることならば 我々が最後に知るものこそが終焉であり 終焉をついに見出し 完全に知ることこそが 即ち死なのだ 我々は何かを知ろうとしてはならない 死を超越できぬ者は 何ものも知ろうとしてはならないのだ 人間は生まれた時から死ぬカウントダウンが始まっているのを考えるなら、終わりの始まりがスタートしたと言えるでしょう。 何かを知ろうとする、そして最後に知ることで終焉にたどり着くのであれば、死を怖がる人間は何も知ってはいけない。 つまり、誰も避けては通れない死について深く考えすぎると、罠に陥ることを示しています。 とても深く、そして考えさせられるポエムですね。 4位 「黒崎一護:49巻」…想う人を失った世界の情景を書いている 4位にも 黒崎一護が述べたポエムがランクインしています。 僕は、ついてゆけるだろうか 君のいない世界のスピードに 短いながらも、想う人を失った喪失感、絶望感、生きていることに意味を見いだせない気持ちがストレートに伝わってくるでしょう。 大切な人と過ごす時間は、とても貴重で大切で、この瞬間が永遠に続いたら良いのにと感じます。 それはゆったりしていて、それでもあっという間に過ぎていく。 失ってしまったら、世界のスピードは思ったよりも速くて、気持ちの整理がついていないから、余計に速く感じて…。 現実を受け入れられない気持ち、失って分かる当たり前の日常のありがたみ。 このポエムには、色々な気持ちが詰まっています。 3位 「ティア・ハリベル:42巻」…必死に隠そうとしている世界を真正面からとらえている 3位には ティア・ハリベルのポエムがランクインしており、読者の多くがハッとさせる内容です。 犠牲無き世界など ありはしない 気付かないのか 我々は 血の海に 灰を浮かべた地獄の名を 仮に世界と 呼んでいるのだ 人間は生きるために動物を食べます。 これだけで、その動物の魂を犠牲にして生きているのです。 残酷に見えて、実は誰もが毎日のように犠牲を出しながら生活をしており、それが当たり前になっています。 しかしよく考えてみると、犠牲の上で成り立つ世界はまさに「地獄」と表現できるのではないでしょうか? とても考えさせられると共に、犠牲となる生き物のありがたみを実感できますね。 2位 「涅マユリ:35巻」…単刀直入に残酷な事実を突きつけている ブリーチのポエムランキングで、2位を獲得したのが「 涅マユリ」です。 産まれ堕ちれば、死んだも同然 生きることは、死へのカウントダウンを歩むことに同義であり、死ぬことは生きることとも受け取れます。 産まれたならば、すでにその者は老化が始まり、そして死んでいくので「生まれた瞬間に死んでいる」とも受け取れるでしょう。 単刀直入ながら残酷なこの世界の構図を、しっかりと表現しているため人気があります。 1位 「毒ヶ峰リルカ:51巻」…恋する乙女なら誰もが納得するあのポエム! 堂々の1位に輝いたのは、 毒ヶ峰リルカのポエムです。 あたしの心に 指を入れないで 何でしょう、この可愛すぎるポエムは。 恋をすると、本当に自分なのかと思うほど、心がかき乱されてしまい様々な感情が押し寄せてきます。 自分で自分を制御できないので、こんな気持ちにさせた「あいつ(好きな人)」を憎く感じてしまうことも。 あたしの心に無断で侵入してきて、指でぐちゃぐちゃにかき混ぜる好きな人に対して、とても可愛く表現をしているのが分かるでしょう。 まとめ ここでは、 全巻のブリーチのポエムの中から特に人気なのものをランキング形式で発表していきました。 ブリーチのポエムは、とても感慨深いものが多くこのポエムが楽しみで、コミックを購入している人は少なくありません。 現世や死後の世界などが舞台になる作品なだけあり、生と死について考えさせられるポエムが多いです。 こういったポエムを通して、ブリーチの世界に思いをはせてみてはいかがでしょうか?.

次の

虚無の魔神

僕は、ついてゆけるだろうか 君のいない世界のスピードに

安倍晴明は地獄に撤退する事にした様だ。 復活したばかりで肉体が現世に馴染んでいない処にあれだけの激戦を繰り広げたのだ。 限界が訪れたとしても無理はない。 「ウルキオラ、そして黒崎一護。 出来る事なら君達はここで始末していきたいところだが、現状で其れはあまりにハイリスクだ。 忌々しいがここは一旦引くとしよう。 千年間ご苦労だった、下僕達。 地獄へ行くぞ、ついてこい。 」 元より安倍晴明に忠誠を誓っていた鬼の眷属達は次々に地獄の門に飛び込んでいく。 だが、ウルキオラは其れを静観していた。 否、迂闊に動く事が出来なかったのである。 安倍晴明の協力者と嘯く咎人達の実力は極めて高い。 終始無言だった4人に関しては高位の十刃に匹敵するだろう。 そして、朱蓮と名乗った男は完全虚化した黒崎一護と同等と思われる。 もっとも、彼等に残っているのは『ダレカ』に対する復讐と言う怨念のみでそれ以外は腐り果ててしまっている。 もはや解放への執念どころか思考する機能さえも半ば以上が摩耗しているのだ。 唯一理性を留めている朱蓮でさえ相当歪になっていた。 「近いうちにまた会おう。 虚無を司る魔神殿。 」 安倍晴明達は地獄に撤退し、門は完全に鎖されたのだった。 弐條城は全損し、石垣だけが原形を留めている有様である。 そのような場所では負傷者の応急処置さえままならないと言う事で、一同は緑の園に居た。 ウルキオラや羽衣狐、残る事を選んだ京妖怪達も一緒である。 未だ意識を取り戻さない羽衣狐には狂骨が付いて拙いながらも治療を施している為、ウルキオラは回道で負傷者達の治療に当たっている。 「・・・ん、ここは・・・どこだ?」 「!!?お姉様!気が付かれましたか?ここは弐條城の外周部にある緑の園です。 」 「羽衣狐、意識の方は取り戻したようだが、現状は把握できているか?」 がしゃどくろや白蔵主等も心配して寄ってくる。 「狂骨とウルキオラ、皆の者達。 妾は、たしか・・・・・」 意識が完全に覚醒すると同時に、弐條城での出来事が一気にフラッシュバックする。 「・・・あ゛っ嗚呼、アアアアア!清、明・・・ウア゛ア゛ア゛アアァァ!!」 全てを思い出した羽衣狐は悲哀の慟哭をあげる。 「・・・・・羽衣狐、貴様が絶望の淵に沈んだとしても、それを肩代わりしてやる事は誰にも出来ない。 その苦悩はお前が自分で抱えていくしか無い。 俺達に支え合う事ができるのは荷物そのものではなく、荷物の重さで倒れそうな体だけだ。 」 「・・・・・・・・・・・・・」 羽衣狐はもう泣いてはいないものの、俯き蹲っている。 「瀕死寸前であろうが断末魔にのたうちまわろうが、お前は今もこうして生きている。 ならば顔を上げて前を見ろ、己の足で立ち上がれ。 」 「・・・・・手厳しいなぁ、お主は」 「羽衣狐、俺はこの世界にきて学んだことがある。 終わることと続かないことは必ずしもイコールでは無いらしい。 だが俯き蹲ったままでは何時まで経っても続きを見ることは叶うまい。 」 「・・・妾にも、続きを見ることが出来るだろうか?」 「このまま、流されるままでも終わりの終わりまで見ることは出来るだろう。 だが、それは惰性でしか無い。 自らの意思で続けるために踏み出す一歩とはまるで違う。 だからこそ人間はその一歩に特別な意味を持たせるのだ。 『勇気』と」 ウルキオラは掌を差し伸べる。 「本当に厳しくて、優しい奴じゃなぁ。 まったく甘くは無いがの。 」 そう言って羽衣狐は差し伸べられた掌を取って起ち上がった。 そして持上げられた面は確かに未来を見据えていた。

次の