センシティブ な 内容 が 含ま れ て いる 可能 性 の ある メディア です 設定 を 変更。 Twitter自分の投稿が「不適切な内容が含まれている…」になった時の解決方法

ツイッターのセンシティブな内容ってどんな内容?解除方法と解除したのに見れないときは?

センシティブ な 内容 が 含ま れ て いる 可能 性 の ある メディア です 設定 を 変更

警告が邪魔なので消したい 皆さんは、Twitterで以下のような警告を見たことは無いでしょうか。 このような警告が出た場合は、「表示」を押せば内容を表示することができます。 しかし、頻繁に警告が出てきて、いちいち「表示」を押すのが面倒臭く、警告を表示せずに内容を直接表示したい、と思った方もいるのではないでしょうか。 今回は、この警告を表示しないで、直接内容を表示する方法をご案内いたします。 「センシティブ」の意味 そもそも、「センシティブ」とは何なのか、と思われた方もいるかと思います。 「センシティブ」とは直訳すると「敏感な」「神経質な」といった意味になります。 Twitterでは性的な内容やグロテスクな内容など、扱いに神経質になる必要がある内容を「センシティブな内容」と表現しています。 つまり、「このメディアにはセンシティブな…」という警告が出ている場合は、性的な表現やグロテスクな表現などを含んでいる可能性が高いです。 そのため、「表示」を押す場合や、下記の方法で直接表示するように設定する場合は、そういった内容が表示されることを注意したうえで表示、設定してください。 「このメディアにはセンシティブな…」という警告を表示しない方法 PCでの設定方法1 まずはTwitterにアクセスし、ログインします。 「設定とプライバシー」を押します。 「プライバシーとセキュリティ」を押します。 設定が変更されました。 PCでの設定方法2 PCでは、「このメディアにはセンシティブな…」と表示されたら、 「メディアの設定」を押すことでも設定の変更が可能です。 設定が変更されました。 スマートフォン(Webブラウザ)での設定方法1 まずはTwitterにアクセスし、ログインします。 「設定とプライバシー」を押します。 「プライバシーとセキュリティ」を押します。 設定が変更されました。 PCと違い、チェックした時点で設定が自動的に保存されます。 スマートフォン(Webブラウザ)での設定方法2 スマートフォン(Webブラウザ)では、「センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです。 ~」と表示されたら、 「設定を変更」を押すことでも設定の変更が可能です。 スマートフォン(アプリ)での設定方法1 まずはアプリを起動し、ログインします。 左上の「ホーム」の左隣のアイコンを押します。 「設定とプライバシー」を押します。 「プライバシーとセキュリティ」を押します。 設定が変更されました。 スマートフォン(Webブラウザ)と同様、チェックした時点で設定が自動的に保存されます。 スマートフォン(アプリ)での設定方法2 スマートフォン(アプリ)では、「このメディアは、表示しないよう設定したコンテンツが含まれるため表示されません。 」と表示されたら、そのメッセージを押すことでも設定の変更が可能です。 まとめ 以上、Twitterの「このメディアにはセンシティブな…」という警告を表示しないようにする方法をご紹介しました。 一回一回は些細な動作でも、積み重なるとけっこうばかにならないと思います。 皆さんも不要な警告は表示しないようにして、効率的にTwitterを使えるようにしましょう。

次の

Twitter自分の投稿が「不適切な内容が含まれている…」になった時の解決方法

センシティブ な 内容 が 含ま れ て いる 可能 性 の ある メディア です 設定 を 変更

Twitterの「センシティブな内容」の基準とは? センシティブとは「傷つきやすい、敏感な」といった意味の言葉で、簡単にいうとTwitter側から「閲覧にあたって注意が必要」と判断されたツイートであることを意味します。 テキストではなく画像や動画の投稿に対して表示されるもので、具体的には以下の様なものに該当する画像・動画がセンシティブな内容と判断されます。 ・暴力的な内容 ・アダルトな内容 ・誹謗中傷やヘイト表現を含む内容 ・グロテスクな内容 例えば、人間の裸体や血を流すシーンなどもセンシティブな内容としてあげられます。 未成年や、一部のユーザーに閲覧しては悪影響になるものばかりですよね。 しかし、このツイッターのセンシティブな内容の判断は曖昧で、時になんてことのない投稿が基準に引っかかってしまうケースもあります。 ここからは、以下の2つのケースで「センシティブな内容」への対処法を解説していきます。 ・自分の投稿がセンシティブな内容と表示されてしまう場合 ・他人のセンシティブな投稿を見たい、もしくは見たくない場合 まずは前者から見ていきましょう。 センシティブな内容が含まれているという警告が出てしまう場合の解決方法 先述の通り、センシティブの基準は曖昧なため、普通の画像や動画を投稿していても警告メッセージが出てしまうケースがあります。 この設定はiPhone・AndroidのアプリやPC等のブラウザどれからでも変更可能です。 具体的な手順は次の通りです。 プロフィール画面から「設定とプライバシー」を開く 2. 「プライバシーとセキュリティ」の項目に移動 3. 自身の投稿内容をチェックする 自身の投稿がセンシティブな内容と判断された場合は、今一度投稿をチェックしてみましょう。 前述でもありましたように、センシティブと判断するのは曖昧な内容であることも多いです。 意外な部分で判断されてしまうケースも多々あります。 自身の投稿を見直すことでよりよい発信をする心構えをする機会にもなるでしょう。 センシティブな内容を含む動画・画像に対する設定方法は、iPhoneとPCはブラウザから、Androidはアプリから変更できるため、それぞれの詳しいやり方を解説します。 そのため、SafariやGoogle ChromeといったブラウザからTwitterにログインして設定を変更する必要があります。 なお、PCも同じくブラウザからのログインとなるため手順は同じです。 iPhoneアプリからセンシティブな内容と表示されている投稿をタップして開く• 設定画面に飛ぶので「セキュリティ」の項目をクリック• なお、警告メッセージが出ている投稿からではなく、ブラウザからログインして直接設定画面から同様に変更することも可能です。 センシティブな投稿を見たくないのに表示されてしまっている場合には、設定画面から直接非表示設定にしてください。 それぞれの手順を紹介します。 アプリ内のプロフィール画面から「設定とプライバシー」をタップ 2. 「プライバシーとセキュリティ」をタップ 3. その様な場合には、頻繁にセンシティブな投稿を行うユーザーをミュートしてしまいましょう。 全ての投稿が見えなくなってしまいますが、本当に困っている場合には最も確実な方法です。 また、リアルでの付き合いがないユーザーの場合には、フォローを解除したり、ブロックしてしまうことをおすすめします。 まとめ 以上、センシティブな内容を含む投稿への対処方法を解説しました。 ぜひこの記事を快適なタイムライン作りの参考にしてみてください。

次の

【Twitter】iPhoneでセンシティブな内容のツイートが見られるよう設定を解除する方法【アプリだとできない】

センシティブ な 内容 が 含ま れ て いる 可能 性 の ある メディア です 設定 を 変更

写実的な暴力描写• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 ユーザーによって投稿された画像や動画が、上記のいずれかにあたるとTwitterが判断した場合、画像や動画を表示する代わりに警告メッセージが表示される場合があります。 とはいえ、警告が表示されている画像をいざ開いてみればいたって普通の画像だった、というケースもよくあります。 Twitterでセンシティブな内容を含む投稿を見る方法 「センシティブな内容」の警告メッセージが表示されている画像や動画を見たい場合は、それらを表示するための設定をおこなう必要があります。 iPhoneでセンシティブな内容を含む投稿を表示させる方法 iPhoneでは、Twitteアプリのタイムライン上で「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。 」と警告メッセージが表示されているツイートを開きます。 ツイートの詳細画面でも同様の警告メッセージが表示されているので、警告メッセージ下部の[設定を変更]をタップしてください。 すると、SafariやChromeなどのWebブラウザに切り替わり、ブラウザ上でTwitterの画面が表示されます。 WebブラウザでTwitterが開く ブラウザでTwitterにログインしていない場合は、設定を変更したいアカウントでログインしてください。 以上で設定は完了です。 Androidスマホでセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 Androidスマホでは、Twitterアプリ内の設定を変更する方法と、ツイートに表示された警告メッセージから設定を変更する方法の2パターンがあります。 Twitterアプリ内の設定を変更する Twitterアプリのメニュー画面から、[設定とプライバシー]を開きます。 設定項目の中から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これでセンシティブな内容を含む投稿であっても、警告メッセージが表示されることはありません。 ツイートの警告メッセージから設定を変更する Android版Twitterアプリでは、ツイートに表示されている警告メッセージからセンシティブなツイートの表示設定が変更可能です。 [表示する]をタップすると、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 PC(パソコン)でセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 PCのブラウザ上でセンシティブな投稿を表示させるには、センシティブな内容を含むツイートの下部にある警告メッセージから、設定を変更するか一度だけ表示させるかのどちらかから選択します。 [設定を変更]をクリックすると設定画面が開かれる [設定を変更]をクリックすると、設定変更画面に遷移します。 [表示]をクリックすれば、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 センシティブな内容を含む投稿を非表示にする方法 不愉快な画像や動画を見たくない人は、Twitterでセンシティブな内容を含むツイートを非表示にする設定をしましょう。 もし、非表示に設定しても不愉快な画像や動画が表示されてしまう場合は、ツイートの通報やミュートといった機能を使うとよいでしょう。 センシティブな画像や動画を非表示にする設定 センシティブな画像や動画の非表示設定は、Twitterの設定画面から有効にします。 なお、 iPhoneの場合はTwitterアプリからの設定はできないため、下記リンクよりSafariやChromeなどのWebブラウザからTwitterにログインし、設定をおこなってください。 以下では、Android版Twitterアプリでの操作方法を紹介していますが、Webブラウザ版のTwitterでもほとんど操作内容は変わりません。 Twitterのメニューから[設定とプライバシー]をタップし、[プライバシーとセキュリティ]を開いてください。 これで、センシティブな内容と判定された画像や動画は、警告メッセージが表示されるようになります。 それでも表示される場合は「通報」も可能 をおこなった状態でも、不愉快な画像や動画が表示されてしまう可能性もあります。 そのようなときは、該当のツイートをTwitterに通報するという手段もあります。 ツイート右上の[v]マークから[ツイートを報告する]を選択 まず、不愉快な画像や動画を載せているツイートを開き、右上にある[V]マークをタップ。 すると、画面下部からメニュー画面が出現するので、[ツイートを報告する]を選択します。 ツイートの報告理由を選択する画面に遷移したら、通報する理由として最も適切なものを選びましょう。 不愉快な画像や動画を通報する際は、[センシティブな画像または動画を表示している]をタップします。 続いて、通報する画像や動画がどのような内容を含むのかを、さらに4つのカテゴリーから選択して報告してください。 ボタンを押すとブロックかミュートができる これで、ツイートの通報は完了です。 完了画面では、通報した画像や動画をツイートしたユーザーを「ブロック」か「ミュート」できるボタンが用意されています。 ブロックとミュートは、不愉快な投稿を見ないためにも有効な手段です。 一方で、もし相手が相互フォロー関係にあるような状態である場合、ブロックすると相手にバレてしまう恐れもあります。 相手との関係性などに応じて上手く使い分けましょう。 通報したツイートは、タイムライン上で「このツイートを報告しました。 」というメッセージに覆われて表示されます。 通報後にツイートの内容を見たいときは、メッセージの右側にある[表示]をタップすると、一時的にツイートの内容を確認できます。 特定のキーワードやアカウントを見たくなければ「ミュート」が便利 特定のキーワードを含むツイートを見たくない場合や、特定のアカウントをタイムラインで非表示にしたいときは「ミュート」機能が便利です。 ブロックとは異なり、ミュートは相手に知られることなくツイートを非表示にできます。 ミュートの設定の詳細は、下記記事を参照してください。 appllio. com 自分のツイートがセンシティブな内容と判定されないための方法 普通の写真を投稿したつもりなのに、センシティブな内容を含む可能性があると判定されてしまった、という経験はないでしょうか。 その場合、自分の投稿に警告メッセージがつかないように設定する必要があります。 Twitterのメニュー画面から[設定とプライバシー]を開き、設定項目から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これが有効になっていると、自分の投稿した画像や動画に警告メッセージが出てしまう場合があります。 センシティブな内容を投稿するつもりのない人は、チェックを外しておきましょう。

次の