アドレノクロム 陰謀。 志村けんの死は名誉を損なわないロンメル死との情報あり!犯罪に手を染めていたのか? | 地球人類の光と闇

【セレブ乱用】300万人が犠牲!アドレノクロム最前線=9歳未満の子供の血液が原料

アドレノクロム 陰謀

生贄にした子供を土に埋めることは許されません。 それは埋葬であり我々ゴイム 獣 を人として扱うことになり、旧約聖書と同じく彼等が大切にする聖典タルムードはそれを認めません。 ですから中世ヨーロッパでは彼等は遺体を井戸に捨てていたので、彼等の犯罪はすぐにばれる事となりました。 また特権階級のみならず一般の多くのハザール悪魔崇拝者達がそういった行為を広く行っていたため、彼等は度々国を追われていました。 遺体の処理は彼等の大きな悩みでした。 国を追われることに慣れている彼等は事前に国内に協力者をつくっており、また王族、貴族にとって狡猾で冷酷な彼等は税の取立て役として重宝していたため、すぐに国へ戻る事ができました。 目的は彼らと同じ悪魔崇拝の無意識加担作戦。 それはなんですか? なぜならユダヤ人はメディアをコントロールし、行政や司法機関の要職の多くを掌握しているからです。 米国でユダヤ人の慣習が蔓延ってしまったので、ユダヤ人は子供の血液を大量にイスラエルに運び、儀式での使用に供することができます。 ユダヤ人の母国イスラエルでの問題の一つは、宗教儀式に。 使える異教徒の子供が不足しているからです。 そしてイスラエルに対する最大の資金援助国であるアメリカはまた、イスラエルが必要とする子供の血液の最大の供給源です。 儀式殺人の犠牲となる子供の殆どは、えてして貧困家庭から調達されるので、子供の失踪が新聞紙上を賑わすことはありません。 なぜ外傷を受け、レイプされ、犠牲になった子供たちからの血ですか? ルシファーの宗教は異教に基づいており、それは非常に邪悪で、暗く、混乱しています。 ルシファーは、悪魔の儀式の中で魔法の力をフルに発揮することが必然であると信じています。 FBI長官フーバーのキャンペーンに秘められた意図 フーバーの毎年の大々的キャンペーンは表面的には児童変態性欲者達を取り締まるものでしたが、そういう事件は毎年アメリカ全土で、わずか1ダースほどしか報告がなかったのです。 キャンペーンの裏に秘められた本当の理由は、ユダヤ人リーダー達が小物のユダヤ人が無謀な計画によって儀式殺人のための子供を誘拐して、うかつにも証拠を残してしまうのを恐れたからです。 フーバーは、すべての見知らぬ人に対して子供の注意を促すために、納税者のお金のなかから毎年数十万ドルを費やした。 ただ子供にユダヤの犯行を警告をすればよかったのに….

次の

ハリウッドスターは赤ちゃんを丸ごと食べる|松果体とアドレノクロム

アドレノクロム 陰謀

アンチエイジング効果は「プラセンタ」で得られると思っていたのですが、包茎の皮にもその効果があるんでしょうか? それより強力な物が実はあるんですよ。 これはショッキングで許される行為では無いので詳しくは書きませんが、トム・ハンクスの息子がラリって配信していますので、興味がある方はググって下さい。 本当に最悪です。。。 <TOCANAより転載> 画像は「」より いま陰謀論界隈でさまざまな憶測を呼んでいる若返り物質「アドレノクロム」について、トルコのニュース番組が報じたことが話題になっている。 アドレノクロム(Adrenochrome)は、ストレス反応を引き起こす神経伝達物質アドレナリンを酸化させた化学物質で、医学的には傷口から出る血液の凝固を促進させる物質として利用されている他、科学・医学研究の試薬や、医薬品の材料として販売されている。 かつては精神病の治療や幸福感をもたらすドラッグとしての利用が研究されていたが、その効果は科学的に解明されていない。 ところが、陰謀論の世界ではこの物質が「若返り薬」として一部のセレブや政治家らに使用されているとまことしやかに噂されているのだ。 これを継続的に使用すると、いずれは顔にアザできると言われており、ヒラリー・クリントン、ビル・クリントン、トム・クルーズ、ニコラス・ケイジ、バラク・オバマ、ジョニー・デップ、ジム・キャリーらが使用していると噂されている。 トルコ放送局「TRGT HABER」は、2018年のサンドラ・ブロックの特殊な美容法についてのインタビューを取り上げている。 そのインタビューでブロックは、通称「ペニス・フェイシャル」と呼ばれる美肌治療を受けていることを明かした。 これは、幼児の包皮から抽出した成分を肌に注射する美容法だという。 () ペニス・フェイシャルについて語るサンドラ・ブロック。 画像は「」より 「TRGT HABER」はこれを証拠としてサンドラ・ブロックがアドレノクロムを使用していると言いたいようだ。 というのも、アドレノクロムは「大人よりも純粋で臆病な9歳未満の子供の血液」から作られていると噂されており、しかも、原料となる血液中のアドレナリン濃度を高くする必要があるため、子供達は限界ギリギリまでの拷問を受け、強烈な苦痛と死の恐怖の中、アドレナリンたっぷりの血液を抜き取られるというのだ。 さらに「TRGT HABER」の司会者は、アドレノクロムはセレブに1000ドルで販売されていると指摘。 1939年に発見されて以来、若返り効果が期待され、多くのセレブや金持ちが使用してきたという……。 だが、その根拠は薄弱だ。 アドレノクロムが実在する物質であることは間違いなく、富士フイルム和光純薬株式会社も「D,L-アドレノクロム」という製品を販売しているが、(製造はToronto Research Chemicals Inc,と記載)、試験薬としての使用を目的にしているとのことだ。 () 次に司会者はジョニー・デップらアドレノクロムで若返っているとされるハリウッドセレブらの写真を持ち出し、39歳の時と51歳の時のジョニー・デップの顔写真を比べ、老化が見られないと指摘。 しかし、これも根拠に乏しい。 画像は「」より オンライン現象記録サイト「KnowYourMeme」によると、アドレノクロムに若返り効果があると噂されるようになったのは極最近のことだ。 1954年に出版されたオルダス・ハクスリーのサイケデリック体験記『知覚の扉』でアドレノクロムが言及されたのが最初で、メスカリンと同じ効果があるとのではないかと書かれた。 その後、1971年の小説『ラスベガスをやっつけろ(Fear and Loathing in Las Vegas)』でもその幻覚効果が取り上げられ、のちに映画化された際にもアドレノクロムは幻覚剤として描かれた。 同映画を監督したテリー・ギリアムは、アドレノクロムは原作者のハンター・S・トンプソンが創作したものであり、実在しないと映画のメイキング映像で語ったという。 この時点からアドレノクロムは拷問された子供から抽出されるという話になっているが、まだ幻覚剤だとされていた。 しかし、2020年に入るとアドレノクロムが若返り薬としてセレブに使用されているとするフェイスブックの投稿画像がネット上に広がるようになったようだ。 Googleトレンドを見てみると、アドレノクロムの検索件数は今年の3月ごろから激増している。

次の

志村けんの死は名誉を損なわないロンメル死との情報あり!犯罪に手を染めていたのか? | 地球人類の光と闇

アドレノクロム 陰謀

ロンメル死とは何か? 志村けんがコロナウイルス感染によって死亡したとの報道され、日本中に衝撃が走った。 笑いを与えてくれた志村けんを愛する日本国民は多い。 「ドリフターズ」や「かとちゃんけんちゃん」のお笑い番組を見て、私も小さい時によく笑ったことを思い出すと残念な気持ちになる。 志村けん死亡について後から知ったことだが、コロナウイルスによる死亡説の他に、名誉を損なわない「ロンメル死」というのも目にした。 ロンメル死? 初めて聞いた言葉だったので調べてみたのだが、有名人や指導者など、世間に影響力がある人が、犯罪を犯した罰として、名誉を失わない形式の死(つまり死罪)であるとのことだった。 すべての主要な逮捕は、偶発的または陰謀説としてメディアに描かれます。 逮捕されたすべての個人には「ロンメル死」が与えられます。 つまり、彼らの 評判が損なわれないという保障と引き換えに、自殺または偶然の死として大衆に描写される死の選択があります。 彼らは公共の不名誉をもたらす刑事裁判に直面することを選択することもできます。 一部のトップ宗教指導者は逮捕または辞任を余儀なくされ、一部は突然「病気」になります。 バチカンが最初で、教皇は2020年に撤去させられます。 人間が抽出したアドレノクロムの生産が明らかにされ、ハリウッドとバチカンがその直接の責任者として公開される。 引用元: 志村けんは2020年においても、ゴールデンタイムにレギュラー出演して活躍を続けていたが、じつは裏では犯罪に手を染めていたということか? コロナウイルス騒動の裏で起こっている大規模作戦 世界はコロナウイルスで混乱状態だが、水面下ではエリートや宗教指導者を筆頭に極悪犯罪者を大量逮捕する作戦が、世界的規模で実施されているとの噂がある。 主な対象は、小児性愛犯罪(ペドフィリア)の関係者とされている。 政治界での大物、大企業経営陣、宗教指導者などの世界的権力者、ハリウッドスター、セレブなど世界的に影響力がある人物や有名人、大富豪が多くいるそうだ。 小児性愛犯罪の本質は、アドレノクロムの摂取にある。 アドレノクロムの抽出は、0~9歳の乳幼児に「肉体的虐待・精神的虐待・性的虐待」を加えることから始まり、恐怖に陥った死ぬ直前の乳幼児の血液からしか抽出できないとされる。 そのため、対象となる子供たちは想像を絶する凄まじい虐待を加えられたうえで殺害されるということだ。 信じられないようなおぞましい犯罪なのだが、志村けんはこれに関わっていたということなのだろうか? ハリウッドスターや王室や政治家がコロナウイルスに感染しているとニュースで目にするが、この者たちの感染源はコロナウイルスが混入したアドレノクロム摂取が原因との情報がある。 志村けんもアドレノクロム摂取による感染であったのか? ペドフィリア特徴の顔にアザなどはないので、そうじゃないことを信じたいが、もしそれが本当ならば死罪は当然ということになる。 たとえ子供虐待や殺害に直接手を下していなくても、アドレノクロムを摂取していたのならそれは同罪である。 多くの日本人に笑いを与えてくれた志村けん。 一方で乳幼児虐殺によって作られたアドレノクロムを摂取するという犯罪。 この推測が間違いであってほしいと願うばかりだ。 アメリカ精鋭部隊が横田基地に入ったという情報もあることから、もしかすると日本でも小児性愛犯罪者の大量逮捕作戦がすでに始まっているのかもしれない。 【天皇家、旧皇族、自民党、統一教会、公明党、創価学会、日本維新の会、生長の家、希望の党、全官僚組織 財務省、金融庁、外務省、東京地検特捜部、経団連、電通、日本会議、日本青年協議会笹川財団、笹川機関】などの関係者が、次々に姿を消すことになるのだろうか? 小児性愛ペドフィリアはなぜ無くならないのか? 人類の闇はいったいどこまで深いのであろうか? この犯罪は地球人類だけで起こされていることなのだろうか? 子供を生贄にするおぞましい儀式は、中南米の遺跡などでも確認されていることから、古代から脈々と続けられてきており、現在の悪魔崇拝儀式に至っているようだ。 血を飲み人肉を食らうことが共通している。 この悪しき儀式はなぜなくならないのだろうか。 地球には人間とは別に悪魔的な何かが存在し、その存在が古代から現代にまで影響を与えているような気がしてならない。 アドレノクロムのために監禁されている子供たちが、一刻も早く解放されることを願うばかりだ。

次の