住民票 横浜駅。 横浜市 上大岡駅行政サービスコーナー|横浜市港南区エリアガイド|住みたい街がきっとみつかるエリアガイド【itot】

横浜市 上大岡駅行政サービスコーナー|横浜市港南区エリアガイド|住みたい街がきっとみつかるエリアガイド【itot】

住民票 横浜駅

住民票の発行に必要なものは? 住民票の写しを発行してもらうのに必要なのは、まず、身分証明書ですね。 代理人が交付の請求に行く場合は、委任状(委任者の意思確認書類)も必要になります。 (同一世帯の人が請求に行く場合は、委任状は必要ありません) どんな身分証明書を受け付けてくれるのかは、市区町村によって書かれていることが若干違うのですが、例を挙げると次のようになっています。 <福岡県筑紫野市の場合> 1つ提示 A. <東京都大田区の場合> (本人又は代理人が請求の場合) 運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・在留カード・特別永住者証明書・健康保険証・年金手帳・預金通帳・社員証等 大抵の人は、住民票の写しを発行してもらうのに、運転免許証か健康保険証を使うのではないでしょうか。 運転免許証か健康保険証、どちらかを持っていけば大丈夫ですね。 (自治体によっては、健康保険証など、顔写真がない身分証明書の場合、複数の提示を求められることがあります。 念のために、お住まいの自治体に問い合わせるか、自治体のサイトを確認してください) もちろん、その他の身分証明書でも大丈夫です。 運転免許証や健康保険証、パスポートなどの、大抵の場面で使用できる身分証明書を持っていない場合は、市区町村によって対応が若干異なりますので、直接役所に問い合わせるか、役所のサイトを確認してみてください。 住民票をもらうのに印鑑は必要? 次に、住民票をもらうのに印鑑は必要なのかですが、これは印鑑が必要になる場合と、そうでない場合があります。 自治体によっては、「住民票等の写し請求書」に認印を押す必要があるんです。 大抵の自治体では、印鑑は必要ないようですけど、かさばるものでもないですし、念のために印鑑を持っていたほうがいいでしょう。 印鑑が必要な場合、シャチハタ式の印鑑でもいいところと、ダメなところがあるようです。 いちいち確認するのが面倒なら、シャチハタ式の判子は持っていかないほうがいいですね。

次の

住民票の写し|相模原市

住民票 横浜駅

住民票の取得方法(正確にはの取得方法) は、市区町村役場である。 これには住民登録をした(の登録をしている)市区町村役場のほか、の登録をしていない(つまり、全の)市区町村役場も含まれる。 ただし、の登録をしている市区町村役場でを取得すると、の登録をしていない市区町村役場でを取得するとではその手続きが異なるので、それぞれ分けて住民票の取得方法について説明する。 住民登録をした市区町村でを取得する 請求方法 を取得するには、市区町村に対して、の交付請求をする。 そして、の交付請求をするには、次の3つの方法がある。 口申請…口にいて請求する• 郵送申請…郵送で申請し、を取り寄せる• 電子申請 ただし、市区町村によっては、電子申請を利用できなかったり、申請に必要な書類など、に述べる具体的な手続きが異なってくるもあります。 正確には、お住まいの市区町村の口にお問い合わせください。 請求人 本人・同一世帯者その代理人、第三者(つまり、誰でも)。 住民票の取得に必要なもの• 所定の交付請求…様式は申請の方法により異なっている• 状…代理人で請求する• 住民票の取得には不要である。 取得の状のテンプレート 代理人での交付請求をするの状のテンプレートは次のページなどにあります。 の登録をしている市区町村以外でを取得する(広域交付) の登録をしている市区町村以外でもを取得することができる。 これを 広域交付という。 ただし、に参加していない市区町村を除く。 請求方法 広域交付のは、口申請だけとなり、郵送による申請はできない。 請求人 本人・同一世帯者のみ請求が可能である。 第三者はもちろんのこと、代理人による請求も認められていない。 住民票の取得に必要なもの 請求人の 運転免許証、、(写真付き)など官公署発行の顔写真付証明書など。 ただし、以外のは、請求人の「」「生年月日と性別」を明らかにする必要がある。 soumu. html 注意事項 広域交付のは、「」と「筆頭者」などは表示されない。 そのため、運転免許証の更新などの手続きには使用できない。 注意点・ポイント 番地の書き方などにおける正確なの記載を知りたいだけの は必要ないが、に記載された正確な(番地の書き方など)を知りたいだけのは、運転免許証などのを持参して、市民課などの市区町村の口に行けば、教えてもらうことができる。 正確には、お住まいの市区町村の口にお問い合わせください。

次の

大和市/住民票などの請求はお近くの分室・連絡所でできます

住民票 横浜駅

横浜市行政サービスコーナーの開所日時について• 平日(月曜から金曜まで): 午前7:30から午後7:00まで• 平日は早い時間からあいていますので仕事に行く前の時間にも取得可能で、非常に便利ですね。 夜も7時とそこそこ遅い時間まであいています。 ただし、 祝日や年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)はお休み(休所日)のようですのでご注意ください。 スポンサーリンク 横浜市行政サービスコーナーの一覧 横浜市の行政サービスコーナーは、横浜駅や新横浜駅をはじめとして 2019年9月時点では横浜市内10カ所にあります。 新横浜駅の行政サービスコーナー• 残念ながら、以下のとおりここ数年は年に1箇所ずつ閉所となってしまっているようです。 2017年3月に新杉田行政サービスコーナーが閉所• 2018年3月に金沢文庫駅東口行政サービスコーナーが閉所• 2019年3月に長津田駅行政サービスコーナーが閉所 取得できる証明書について 住民票の写しや 印鑑登録証明書は原則は申請してその場で受け取れます。 他にも 戸籍謄本、戸籍抄本や 課税証明書なども取得できるようです。 証明書の種類や受付時間帯によっては翌日お渡しになることもあります。 横浜市行政サービスコーナーのご案内 にも取扱証明書の一覧や手数料、お渡し時間などの情報、留意事項が載っていますので、念のため事前に確認の上、利用するのがよいと思います。

次の