君の手が触れていた 歌詞。 作品歌詞:手 / 作詞 ソウル / うたまっぷ自作歌詞投稿

TXT Angel or Devil 歌詞 Japanese version

君の手が触れていた 歌詞

その恋の色が自分に向けられているものか、その恋の色を気にするほどでもない関係であれば見て見ぬふりをする必要はないでしょう。 深夜に仕事から帰ってきても家にいるということから、半同棲か同棲状態でありながらも「君」の思いは別の方向に向いている。 それを言えないまま日にちだけが過ぎていっているようです。 「君」と一緒に出かけたものの「君」が向ける恋心の先が自分でなくなったことを知っているため、心ここにあらずで楽しむことが出来ずに「帰りたい」と思います。 そんな自分の心情は知らず「君」は手を握ってきます。 曲名にもなっている『花瓶に触れた』という言葉がここの歌詞にも登場しますが、このフレーズは何を表しているのでしょうか? 花瓶とは花を生けるものであり、ほとんどが花瓶ではなく花がメインとなります。 MVのイラストでは花瓶単体ではなく、ホウセンカと思しき一輪の花が生けてありますね。 しかし曲名は、花ではなく花瓶に視点を置いている風ですね。 花瓶に触るということは、一番見て欲しい花すなわち本心には触れられないということではないでしょうか。 しかしそんな思いを抱えながらも言うことができず、わだかまりを抱えたまま時間だけが過ぎていきます。 そして言わなければと思いながらも言えず、積み重なっていく本心に触れられたくないと今日も変わらない日々を過ごすのです。

次の

まちがいさがし/菅田将暉の歌詞

君の手が触れていた 歌詞

ミスチル公式サイトによると、キリンの新CMについて以下のように発表されています。 新曲「others」が使用される、 キリンビール『麒麟特製ストロング』のCMが 4月7日 火 よりオンエア&WEB公開されます。 「ミスチル公式サイトで新曲として発表されているのなら CMで流れる続きも聞けるのかも・・・!」 と思ってさらに調査してみましたが、 CM以外のリリース情報は見つけることはできませんでした。 とあるニュースサイトによると、この曲は発売未定ということです。 以下引用 Mr. Children 新曲「others」 (発売未定)がキリンビール『麒麟特製ストロング』CMソングに決定しました。 引用元: また、桜井和寿さんはこの曲について 以下のようにコメントされています。 あまりにも映像と音楽の相性が良くて、それだけで気持ち良く酔えます。 ありがとうございます。 フルバージョンは聞けないの? CMのためだけの曲ということであれば、 現時点ではフルバージョンがこのCMの長さということになります。 ですので、もちろん発売日はおろか、 発売されるかどうかもわかりません。 しかしながら筆者の考えとしては 今後"others"が発売される可能性は高いと思います。 というのも、ミスチルの曲の中には、 これまでにも未発売でCMソングに起用されたものが いくつかあります。 たとえば、数年前に話題になったドコモのCM。 今回と同じように、 CMが流れている時点では未発売の曲として騒がれていましたが、 後に「皮膚呼吸」という曲名で アルバム「重力と呼吸」に収録されて発売されました。 正確に言えばこの「皮膚呼吸」は、 メロディはCM曲と同じでしたが 発売されたときには、歌詞が全く異なるものになっていましたので、 同じ曲と言っていいのかは不明ですが・・・^^; というわけで、今後アルバムの収録曲として 発売される可能性が高いと筆者はふんでいます! また、 もしかしたらライブなどのタイミングで曲を披露する予定だった、 というケースも考えられます。 しかしながら、今はコロナウイルスの影響で ライブイベントなどはのきなみ中止に追い込まれている現状。 最近では、ミスチルの公式youtubeチャンネルで 過去にリリースされた楽曲やライブ映像を配信するといった活動もされています。

次の

TXT Angel or Devil 歌詞 Japanese version

君の手が触れていた 歌詞

その恋の色が自分に向けられているものか、その恋の色を気にするほどでもない関係であれば見て見ぬふりをする必要はないでしょう。 深夜に仕事から帰ってきても家にいるということから、半同棲か同棲状態でありながらも「君」の思いは別の方向に向いている。 それを言えないまま日にちだけが過ぎていっているようです。 「君」と一緒に出かけたものの「君」が向ける恋心の先が自分でなくなったことを知っているため、心ここにあらずで楽しむことが出来ずに「帰りたい」と思います。 そんな自分の心情は知らず「君」は手を握ってきます。 曲名にもなっている『花瓶に触れた』という言葉がここの歌詞にも登場しますが、このフレーズは何を表しているのでしょうか? 花瓶とは花を生けるものであり、ほとんどが花瓶ではなく花がメインとなります。 MVのイラストでは花瓶単体ではなく、ホウセンカと思しき一輪の花が生けてありますね。 しかし曲名は、花ではなく花瓶に視点を置いている風ですね。 花瓶に触るということは、一番見て欲しい花すなわち本心には触れられないということではないでしょうか。 しかしそんな思いを抱えながらも言うことができず、わだかまりを抱えたまま時間だけが過ぎていきます。 そして言わなければと思いながらも言えず、積み重なっていく本心に触れられたくないと今日も変わらない日々を過ごすのです。

次の