ファイナル ファンタジー 7 リメイク ハード。 【FF7リメイク】ヘルハウス攻略/ハードモードでの戦い方

【FF7リメイク】ハードモードチャプター18攻略!ラスボス「セフィロス」を倒してトロコンした件~ファイナルファンタジー7リメイク攻略ブログ41~

ファイナル ファンタジー 7 リメイク ハード

スクウェア・エニックスの「 ドラゴンクエスト」,そして「 ファイナルファンタジー」といえば,日本の2大RPGシリーズである。 いずれも30年以上の歴史を持つだけに,映像作品やグッズなどさまざまな分野に展開しており,ゲームだけに絞っても両シリーズの名を冠したタイトルは多岐におよび,また同じ名称でもリメイクなどによるバージョン違いも少なくない。 そこで今回,両シリーズのナンバリングタイトルが,どの現行プラットフォームでプレイできるのか,バージョンの違いなども含めてまとめてみた。 なお,ここで定義する現行プラットフォームとはPC,PS4,Nintendo Switch,Xbox One,ニンテンドー3DS,PS Vita,iOS,Androidである。 本日から始まる2019年の大型連休で,まだプレイしたことのない名作に触れたり,思い出のタイトルを再びプレイしたりするきっかけになれば幸いだ。 PS4(ダウンロード版:648円)• 3DS(ダウンロード版:648円)• 2013年末にスマートフォン版,2017年8月にはPS4版と3DS版がリリースされた。 スマホ版はApp StoreやGoogle Playでダウンロードできるアプリ 「ドラゴンクエスト ポータルアプリ」(無料)を介して購入できる。 スマホ版は,「II」以降のタイトルも同様だが, 縦持ちでプレイできるよう縦長画面になり,ユーザーインタフェース(UI)もスマホに最適化されている。 さらに,マップ上のどこでも 中断セーブが可能となるなど,全体的にオリジナル版よりも遊びやすくなっている。 PS4版と3DS版は画面表示およびUIがそれぞれに最適化されていることを除けば,基本的にスマホ版同様の内容。 加えて3DS版は,下画面にマップが表示される。 PS4(ダウンロード版:918円)• 3DS(ダウンロード版:918円)• 2014年6月にスマホ版が,2017年8月にPS4版と3DS版がリリースされており,内容は上記の「ドラゴンクエスト」同様のリメイクが施されている。 PS4(ダウンロード版:1620円)• 3DS(ダウンロード版:1620円)• 2014年9月にスマホ版,2017年8月にPS4版と3DS版がリリースされており,内容は前2作同様のリメイクが施されている。 同じ世界を舞台にしつつ,各章で異なる主人公が異なる町から物語を展開する オムニバス形式を採用した。 2014年4月リリースのスマホ版は,2007年にリリースされたニンテンドーDS版のリメイクとなっており,2001年のPlayStaytion版に導入された追加ストーリーが含まれているほか,全体に遊びやすくなっている。 またPlayStation版で導入され,ニンテンドーDS版で仕様が変わった「移民の町」は,移民の必要数が増えるなどのさらなる変更が加えられている。 親子3代にわたる壮大なストーリーと,モンスターを仲間にできるシステムが注目を集めた。 本作のストーリーを基にした 映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」が8月2日に公開予定だ。 2014年12月リリースのスマホ版は,2008年のニンテンドーDS版(リメイク作品)と同等の内容で,オリジナル版の内容に, 3人めのヒロイン「デボラ」やミニゲーム「スライムタッチ」などを追加している。 2015年6月リリースのスマホ版は,2010年のニンテンドーDS版(リメイク作品)と同等の内容だが,すれちがい通信を使ったシステムが,ゲーム内に隠されたアイテムを収集する「まぼろしの館」に変更されている。 3DS(ダウンロード版:3024円,パッケージ版:6264円)• 2013年2月リリースの3DS版は,シンボルエンカウント形式のバトルや,すれちがい通信を使った「すれちがい石版」を導入。 また各職業で習得可能な呪文や特技が,オリジナル版とは大きく変更されている。 一方,2015年9月リリースのスマホ版は,基本的に3DS版の内容を継承しているが,バトルはランダムエンカウント形式に戻されている。 3DS(6458円)• 2013年12月リリースのスマホ版は,スキルシステムや「錬金釜」といったオリジナル版のシステムに変更が加えられている。 2015年8月リリースの3DS版は,オリジナル版をベースにしつつ,イベントシーンを フルボイス化。 またダンジョンやボスを追加したほか,仲間になるキャラクターも増えている。 さらに,バトルはシンボルエンカウント形式になったことに加え,高速モードが導入された。 該当なし 現在,本作はオリジナルのニンテンドーDS版しか存在しないが,本作のニンテンドーDSカードがあれば,3DS本体の互換機能を使ってニンテンドーDS版をプレイすることは可能だ。 プレイ可能な現行プラットフォーム• PC(3キャラコース:30日間 1000円ほか)• PS4(5キャラコース:30日間 1500円ほか)• Nintendo Switch(3キャラコース:30日間 1000円ほか)• 3DS(3日間 378円ほか)• 同一のサーバーにアクセスする仕様のため,どのプラットフォームでも,プレイヤーが体験できるコンテンツは基本的に同じ。 ただし画面解像度やフレームレート,サウンドは,使用している端末のスペックなどプレイ環境に依存する。 また3DS版とAndroid版(dゲーム版)は,クラウド技術を使ったストリーミングでのプレイとなる。 なおPC版のプレイには,上記の月額料金のほか,パッケージの「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」および追加パッケージの購入が必要となる。 PS4版,Nintendo Switch版も同様だが,発売されているパッケージはバージョン1〜3がセットになった「ベーシックパック」,バージョン1〜4がセットになった「オールインワンパッケージ」,バージョン4単体の「5000年の旅路 遥かなる故郷へ」の3種類のみとなっている。 PC版とPS4版には,ゲームの序盤からバージョン2「眠れる勇者と導きの盟友」の終盤まで無料で遊べる体験版が用意されているので,そちらを利用してみるのも1つの手だ。 「ドラゴンクエストX オンライン」 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて プレイ可能な現行プラットフォーム• 3DS(6458円) 現時点でのシリーズナンバリング最新作。 ストーリーの展開は基本的に変わらないが,PS4版はフル3Dグラフィックスを駆使しており,リアルな描写を標榜している。 一方,3DS版はトゥーン調の3Dグラフィックスと等身の低いキャラクターを使った3Dモード,そしてドットグラフィックスの2Dモードを切り替えてプレイできる。 なお,2019年内リリース予定のNintendo Switch版は,リアルな3Dモードと,ドットグラフィックスの2Dモードを用意。 サウンドには従来のシンセサイザー音源だけでなく,オーケストラ音源が追加となる。 さらに3Dモードでは,フィールド移動時にパーティメンバー全員が表示され,イベントやバトルでは豪華声優陣によるボイスも楽しめるとのことだ。 3DS(リメイク版:1080円,バーチャルコンソール:514円)• PS Vita(ゲームアーカイブス:617円,PSP版:2180円)• iOS(960円)• Android(800円) 「ファイナルファンタジー」シリーズの原点。 PS Vitaではゲームアーカイブスにて,PlayStayion用として2002年10月にリメイクされたバージョンをプレイできる。 2007年には,「ファイナルファンタジー20周年記念タイトル」と銘打ち,さらなるリメイクを施したPSP版が登場したが,こちらもPS Storeで販売されており,PS Vitaでプレイ可能だ。 スマホ版と3DS版は,いずれもこのPSP版をベースとしている。 ただしAndroid版には,過去のリメイクに伴って追加されたボスやダンジョンが含まれていない。 3DS(バーチャルコンソール:514円)• PS Vita(ゲームアーカイブス:617円,PSP版:2160円)• iOS(960円)• Android(800円) 前作とはキャラクターの成長システムをガラリと変えた,シリーズ2作め。 3DSのバーチャルコンソール版は,オリジナル版をほぼそのまま再現している。 一方PS Vitaでは,PlayStayion用として2002年10月にリメイクされたバージョンがゲームアーカイブスで提供されているほか,過去のリメイクにさらなるリメイクを施された2007年リリースのPSP版もプレイ可能だ。 スマホ版は,このPSP版をベースにしている。 3DS(バーチャルコンソール:514円)• PS Vita(PSP版:3394円)• iOS(1800円,iPad専用版:2000円)• Android(1400円) ジョブチェンジや召喚魔法が初登場した,シリーズ3作め。 3DSのバーチャルコンソール版は,オリジナル版をほぼそのまま再現している。 PS Vitaでは,リメイクであるPSP版をプレイ可能だ。 またスマホ版およびiPad専用版は,大幅なリメイクが施された2006年のニンテンドーDS版をベースに,グラフィックスの高解像度化などを行っている。 PS Vita(ゲームアーカイブス:1234円,PSP版:2160円)• iOS(1800円)• Android(1800円) アクティブタイムバトルシステムが初登場。 3DSのバーチャルコンソール版は,オリジナル版をほぼそのまま再現している。 一方PS Vitaでは,ムービーを追加した1997年3月リリースのPlayStayion版を,ゲームアーカイブスにてプレイできるほか,アフターストーリーの「ファイナルファンタジーIV:ジ・アフターイヤーズ」まで収録したPSP版「FINAL FANTASY IV Complete Collection -FINAL FANTASY IV & THE AFTER YEARS-」も楽しめる。 またスマホ版は,大幅なリメイクが施された2007年のニンテンドーDS版をベースに,グラフィックスの高解像度化などを行っている。 PS Vita(ゲームアーカイブス:1234円)• iOS(1800円)• Android(1800円) ジョブチェンジとジョブ固有のアビリティを組み合わせることで,キャラクター育成の幅がさらに広がった。 3DSのバーチャルコンソール版は,オリジナル版をほぼそのまま再現している。 一方PS Vitaでは,ムービーを追加した1998年3月リリースのPlayStayion版を,ゲームアーカイブスにてプレイできる。 またスマホ版は,リメイクが施された2006年リリースのゲームボーイアドバンス版に,グラフィックスやUIの刷新などさらなる変更を加えている。 PS Vita(ゲームアーカイブス:1234円)• iOS(1800円)• Android(1800円) シリーズが積み上げてきたさまざまなシステムを継承しつつ洗練・強化させた,2Dグラフィックス時代の集大成的なタイトル。 3DSのバーチャルコンソール版は,オリジナル版をほぼそのまま再現している。 一方PS Vitaでは,ムービーやおまけモードを追加した1999年3月リリースのPlayStayion版を,ゲームアーカイブスにてプレイできる。 またスマホ版は,リメイクを施された2006年のゲームボーイアドバンス版に,UIの最適化などを行っている。 PC(1543円)• PS4(1800円)• Nintendo Switch(1800円)• Xbox One(1814円)• PS Vita(ゲームアーカイブス:1543円)• iOS(1800円)• Android(1800円) シリーズ初の3Dグラフィックス採用タイトル。 PS Vitaでは,オリジナル版にムービーやイベントを追加し,バランス調整を施して遊びやすくした1997年10月リリースのPlayStation版「ファイナルファンタジーVII インターナショナル」を,ゲームアーカイブスにてプレイできる。 2013年5月には,高解像度対応などさらなる新機能を追加したPC版「ファイナルファンタジーVII インターナショナル for PC」がリリース。 そのほかのプラットフォーム版は,基本的にこのPC版の移植である。 PC(1543円)• PS Vita(ゲームアーカイブス:1543円) ジャンクションシステムを筆頭に,シリーズの中でも独自性の強いシステムが登場。 PS Vitaでは,1999年2月リリースのオリジナルPlayStayion版を,ゲームアーカイブスにてプレイできる。 またPC版「ファイナルファンタジーVIII for PC」には,高解像度対応などの新機能が追加されている。 PC(2500円)• PS4(2500円)• Nintendo Switch(2500円)• Xbox One(2500円)• PS Vita(ゲームアーカイブス:1543円)• iOS(2500円)• Android(2700円) 当時の最新技術を駆使しつつ, 原点回帰を目指したシリーズ9作め。 PS Vitaでは,2000年2月リリースのオリジナルPlayStayion版を,ゲームアーカイブスにてプレイできる。 2016年には,高解像度に対応し,オートセーブなどの新機能を追加したスマホ版およびPC版をリリース。 その後PS4,Xbox One,Nintendo Switch版もリリースされた。 PC(3400円)• PS4(パッケージ版:7344円,ダウンロード版:6582円)• Nintendo Switch(パッケージ版:7344円,ダウンロード版:6566円)• Xbox One(6566円)• PS Vita(4104円)• iOS(3400円)• Android(3400円) アクティブタイムバトルに代わり, カウントタイムバトルが登場。 2013年12月には,オリジナル版をHDリマスターし,インターナショナル版の要素を追加したPS Vita版「ファイナルファンタジーX HD Remaster」がリリース。 このPS4版をベースにしたPC版が2016年5月に,Nintendo Switch版およびXbox One版が2019年4月に,それぞれリリースされている。 2006年にXbox 360版がリリース プレイ可能な現行プラットフォーム• PC(サービス基本料金:30日 1274円,キャラクター利用料金:30日 108円) シリーズ初のオンラインタイトル。 2002年5月のサービス開始時にはPS2版のみの展開で,その後PC版とXbox 360向けにもリリースされたが,現在はPC版のサービスのみとなっている。 本作をプレイするには上記の料金以外に「ファイナルファンタジーXI ヴァナ・ディール コレクション4」などの購入が必要だ。 PC(5184円)• PS4(7344円)• Nintendo Switch(6264円)• Xbox One(6264円) アクティブディメンションバトルや ガンビットシステムを採用した,シリーズ12作め。 2017年7月には,PS2版のインターナショナル版をベースに,キャラクター育成要素の強化や表現力の向上などを図るとともにHDリマスターを施したPS4版「ファイナルファンタジーXII THE ZODIAC AGE」がリリース。 さらに2018年2月にはPC版,2019年4月にはNintendo Switch版とXbox One版の「ファイナルファンタジーXII THE ZODIAC AGE」がリリースされた。 なお,PC版とXbox One版(Xbox One Xでのプレイ時のみ)は,60FPSのフレームレートに対応している。 PC(1800円)• Xbox One(1944円)• iOS(2000円)• Android(2000円) オリジナル版は,シリーズ初のHDタイトルとして2009年12月にリリースされた。 PC版は基本的に同じ内容だが,プレイ環境に応じて,より高精細なグラフィックスを堪能できる。 Xbox 360版はXbox One X Enhanced対応となっているので,Xbox Oneでプレイ可能だ。 またスマホ版は,Gクラスタ・グローバルのクラウド技術「Gクラスタ技術」を使ってオリジナル版と同等のゲーム内容を再現。 ただし,プレイ中は常にストリーミング通信を行うため,安定した3Mbps以上の有効帯域を持つWi-Fi接続環境でのプレイが推奨されている。 PC(オープン価格)• 現在はPC版とPS4版に加え,Mac版のサービスも展開されている。 いずれのプラットフォーム版でも,プレイヤーが体験できるコンテンツは同じ。 ただし画面解像度やフレームレートは,使用している端末のスペックなどプレイ環境に依存する。 なお,レベル35まで無料で遊べるフリートライアルが用意されている。 「ファイナルファンタジーXIV」 ファイナルファンタジーXV プレイ可能な現行プラットフォーム• PC(8424円)• PS4(ロイヤルエディション:8424円,ポケットエディションHD:2979円)• Nintendo Switch(ポケットエディションHD:2980円)• Xbox One(ロイヤルエディション:8424円,ポケットエディションHD:2916円)• iOS(ポケットエディション 全Chapterパック:2400円ほか)• ロイヤルエディションには2017年内にリリースされたDLCが含まれる。 PC版「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」は,そのロイヤルエディションをネイティブ4K(最大8K)およびHDR10に対応させ,さらに美しいグラフィックスを実現した。 またスマホ版のポケットエディションは,本作のストーリーを手軽に体験できるようにしたもので,デフォルメされたキャラクターが登場する。 ポケットエディションHDは,その内容をPS4,Nintendo Switch,Xbox One向けにHD化したものだ。 関連記事• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• 関連タイトル:• (C)SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. Copyright (C)2011 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C)SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C)SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C)1990, 2011 SQUARE ENIX CO. ,LTD. All Rights Reserved. ILLUSTRATION : 2006 YOSHITAKA AMANO ILLUSTRATION : AKIHIKO YOSHIDA (C)1990, 2011 SQUARE ENIX CO. ,LTD. All Rights Reserved. ILLUSTRATION : 2006 YOSHITAKA AMANO ILLUSTRATION : AKIHIKO YOSHIDA (C)1990, 2011,2012 SQUARE ENIX CO. ,LTD. All Rights Reserved. ILLUSTRATION : 2006 YOSHITAKA AMANO ILLUSTRATION : AKIHIKO YOSHIDA (C)1991, 2012 SQUARE ENIX CO. ,LTD. All Rights Reserved. (C)1991, 2012 SQUARE ENIX CO. ,LTD. All Rights Reserved. (C)1992,2006,2013 SQUARE ENIX CO. ,LTD. All Rights Reserved. (C)1992,2006,2013 SQUARE ENIX CO. ,LTD. All Rights Reserved. (C)1994, 2006, 2014 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C)1994, 2006, 2014 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C)1997, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA (C) 1997, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA (C) 1997, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA (C) 1999,2000 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN : TETSUYA NOMURA (C) 2000, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C) 2000, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C) 2000, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C) 2000, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C) 2000, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C) 2000, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C) 2000, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C) 2000, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C) 2000, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C) 2000, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C) 2000, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C)2002-2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. , LTD. All Rights Reserved. (C)2006,2017 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. , LTD. All Rights Reserved. (C)2006,2017 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C)2009, 2010, 2014 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA , Broadmedia Corporation (C)2009, 2010, 2014 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA , Broadmedia Corporation C 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C)2016 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA (C)2016 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. , LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA (C)2016, 2018 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. C 2016, 2018 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. LOGO ILLUSTRATION: C 2016 YOSHITAKA AMANO C 2016, 2018 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. LOGO ILLUSTRATION: C 2016 YOSHITAKA AMANO C 2016, 2018 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. LOGO ILLUSTRATION: C 2016 YOSHITAKA AMANO (C) 2016, 2018 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. (C) 2016, 2018 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved.

次の

FINAL FANTASY VII REMAKE

ファイナル ファンタジー 7 リメイク ハード

あわせて読みたい• このゲームを簡単に説明すると 10点満点中 【7点】• FF史上もっとも素晴らしいリメイク作品だがリメイクオリジナルのストーリー展開がちょっと微妙• グラフィックが最高レベルに美しい• 自由度がなく一本道で進んでいく 作品紹介 作品紹介 製品名 ファイナルファンタジー7リメイク ハード プレイステーション4 ジャンル アクションRPG 発売元 スクエアエニックス 開発元 スクエアエニックス 発売日 2020年 クリア後の感想 細かく書くと長くなってしまうので、大まかな感想にまとめたいと思います。 まず、ゲームを起動させて一番に思った事は、グラフィックがめちゃくちゃ綺麗でリアル過ぎー!と思ったのが率直な感想でした。 当時FF7を遊んでいた少年の僕からは想像できなかったグラフィックですしね笑 では、ゲームの内容についてですが、とにかくボリュームが凄い。 一応原作もクリアしているのですが、こんなシーンあったっけ?や、こんな会話したっけ?というように、原作で再現しきれなかった部分までめちゃくちゃ細かく再現されていました。 そのせいもあって、ジェシーやティファに対してゲーム前半はギャルゲーみたいな雰囲気になっていたような気もします笑 今回のリメイクではミッドガル脱出までのストーリーを描いているのですが、後半は原作と全く違うような内容になっていました。 確か原作では、バイクに乗って道路上で神羅の兵器と戦って終わっていたと思うのですが、リメイクではもちろんそのシーンも再現されている他、リメイクオリジナルの【フィーラー】という 『運命の番人』という存在と戦って終わりました。 このフィーラーについて、賛否が色々あるのかな? 多分、分作にするにあたって、最後をどのように終わらせるかということで、フィーラーと言う存在を付け足したのかな? このフィーラーという存在はストーリーで何度も登場します。 はじめ見たときこんなの居たっけ?状態でした笑 一応セフィロスとも戦う事になるのですが、ちょっと無理やり感?があったような気もします。 というか、ラストの部分のストーリーが急に今までに無いような展開過ぎて、ちょっと意味が分からない部分も多かったように思えました。 一応原作もクリアしているとは言え、うーんって言う感じ。 ラストまで物凄くよかったのに、着地がちょっとね。 あれは記憶なのか別の世界線の映像なのか気になりました。 原作をプレイしていない人にとったら、意味の分からない内容だったのかもしれません。 賛否分かれるかと思いますが、あくまで個人の感想ということで参考にしていただけると幸いです。 グラフィック これはわざわざ言うまでもないと思いますが、世界が認める程の綺麗さではないでしょうか。 やっぱりリメイクに期待していた1つなので、ここはめちゃくちゃ良かった。 過去のファイナルファンタジーVII アドベントチルドレンの映像のままゲームが遊べるという感覚で物凄く興奮しました笑 神羅の内部、スラムの様子、キャラクターの表情、全てにといて細かいところまで作りこまれていて、ひとつひとつ見ているだけで時間があっという間に過ぎていきました。 特にティファ、エアリス、ジェシーの女性キャラクターには男性の皆さんは絶対かわいいい!となったはずです笑 戦闘システム リメイクでは原作と異なりアクション要素が強い戦闘システムになっていました。 これについては、個人的に悪い部分もあるので、悪い部分は下記で書いていきますが、全体を見ると物凄く操作しやすかったです。 難易度も3種類から選べますので、苦手だなーと思ったら難易度を下げればいいですしね。 バッサバッサ斬っていける所がかなり爽快感がありました。 やり込み要素 1周目をクリアするとハードモードが追加されます。 ハードモードをクリアしないと手に入らないアイテムや、隠しボスなどが挑戦できるようになるので、普段ゲームをやり込む人にとっては嬉しいシステムでした。 しかも一番初めからプレイするのではなく、自身でプレイしたいチャプターを選択して途中から始められるのも素晴らしいと思います。 もちろんノーマル以下の難易度でもプレイ可能なので、取り逃したアイテムを回収しにいくことも可能です。 ムービーが多く映画のよう 原作ではあっさり終わっていた会話やシーンが細かく一つ一つムービーになっていることが多く、映画を見ているような壮大な雰囲気が楽しめました。 NPCが自然 原作のファイナルファンタジー7ではNPCに話しかけることで会話を聞くことができたが、 リメイクでは近づくだけで勝手に喋ってくれる。 更に、近づかなくても近くで色々なNPCが小さな声で喋っているので、実際に自分がそこにいるかのような雰囲気が味わえるのが驚きでした。 ここが悪かった 個人的に悪かった部分をまとめて紹介したいと思います。 賛否分かれるかと思いますが、あくまで個人の感想ということで参考にしていただけると幸いです。 戦闘システム 上記でも書いてあるように、全体を見ると初心者にも優しく操作も簡単なので物凄くよく思うのですが、やっぱり悪い部分もありました。 まず、ゲージ管理がめちゃくちゃ大変。 ATBゲージ、リミットゲージ、サモンゲージ、敵のヒートゲージと色々な部分を見ながらの戦闘となるので大変。 また、操作は簡単になってバッサバッサ斬れる爽快感は素敵なのですが、画面がぐちゃぐちゃして何をしているかの見えなくなる時がありましたね笑 ただでさえゲージ管理であちこち画面を見なきゃいけないのに戦闘が終わるとちょっと疲れちゃいましたね笑 ダンジョンが一本道 原作ではささっと数分でクリアできていたダンジョンをリメイクではめちゃくちゃリアルに表現して、入り組んでいるようなダンジョンに見せている一方、元々数分でクリアできるような場所なので、一本道感が物凄くありました。 ダンジョンといえば探索! と思っている僕からすると物足りなさがありました。 深いダンジョンを求めていたので、ミッドガル脱出後の次回作に期待します! 雑魚敵の種類が少ない 雑魚敵と自由に戦えるまでがストーリー後半で、それまでは自由に雑魚敵と思う存分戦える環境があまりなかった。 僕は雑魚戦も大好きなので、ずっと戦闘していても飽きないし、むしろLV上げが好きな方なので物足りなさを感じた。 ミッドガル脱出までのストーリーを描いているせいか、機械のモンスターが多く、雑魚敵の種類は少なめでした。 2週目から隠しモンスターなど追加要素があるので、 変わり栄えのしない映像 せっかく美しいグラフィックになったのに、ミッドガル脱出までのストーリーなので、終始スラムの町並みかミッドガルの機械のグラフィックばかりなので変わり栄えのしない映像ばかりでした。 原作をプレイしたことある人、プレイしたことない人、どちらも十分に楽しめるようになっている。 原作をプレイした事ある人 プレイしたことある人からすると、細かい描写まで再現されているし、原作では表現し切れなかったところまで表現がされているので、2度美味しいと言えます。 戦闘システムも原作同様のATBシステムは生きたまま、アクション性が高くなっているので、これまた2度美味しい体験ができるのではないでしょうか? フィーラーという新しい要素も加わっていて本来のFF7+リメイクオリジナルが入っているので、新しいFF7として遊べます。 原作をプレイした事ない人 原作をプレイしたこと無い人からすると、全てが新しく今までのファイナルファンタジーを余裕で越えてくるクオリティーだと思います。 分作なのでストーリーが途中で終わってしまう残念さはあるかもしれませんが、ゲームとしては最高の出来と言えます。 そもそもファイナルファンタジーを始めてプレイしたと言う人は、むしろ羨ましいです!ファイナルファンタジーの1作目がFF7 まとめ-FF7リメイクのレビュー- リメイクの分作が賛否に分かれる中、僕は圧倒的に賛でした。 確かにミッドガル以外のストーリーだったり、ダンジョンだったりを体験したいのはあるのですが、このクオリティーだと、どうしても分作になってしまうだろうなーと納得できました。 どのぐらいのペースで発売されるかは不明ですが、本作のクオリティーを見て楽しみが沢山できたと思えばゆっくり待てそうです。

次の

FF7Rリメイク ヘルハウス ハード 簡単な倒し方!トンベリ攻略や2回目!マテリアや装備【ファイナルファンタジー7】

ファイナル ファンタジー 7 リメイク ハード

FF7リメイクの難易度の種類 最初から選べる難易度は3種類 『FF7リメイク』体験版で選べる難易度は「CLASSIC・EASY・NORMAL・HARD」の4種類あります。 クリア後に難易度ハードが追加 ゲームをクリアすることで難易度「ハード HARD 」が追加されます。 難易度はEASYと同じ。 EASY ・ストーリーを楽に進められる、やさしい難易度 NORMAL ・バトルや戦術を楽しめる、標準の難易度 HARD ・敵が強力になる、難しい難易度 ・制限が課される 難易度ハードの特徴 休憩所ではHPのみが回復 難易度ハードでは、休憩所での回復が「HP」のみになります。 MPは回復しません。 アイテムが使用禁止 難易度ハードでは、「アイテム」の使用が禁止されます。 「ノーマル」でさえアイテムを使う場面が結構あったため、かなり厳しい制限となります。 武器強化のコンプリートを目指すのであれば、ハードモードは避けては通れません。 ハード限定のスキルアップブックが入手可能 ハードモード限定の「スキルアップブック」が入手できるようになります。 難易度変更不可 チャプターセレクトで難易度「ハード」を選ぶと、以降難易度を変更することができないので注意が必要です。 経験値増加 難易度ハードは、ノーマルとイージーに比べて基礎経験値が上昇している様です。 腕に自信があればレベル上げする際は、ハードにすると良いでしょう。 FF7リメイクの難易度の変更方法 難易度は途中でも変更可能 『FF7リメイク』体験版では、ゲーム開始時に難易度を選択しますが、 ストーリー序盤で「メインメニュー」が使えるようになるとゲーム内で難易度の変更が可能になります。 ストーリー中のボスに勝てない時や、もっと歯応えのあるバトルを楽しみたい時に変更してみましょう。 序盤のボス「ガードスコーピオン」戦以降では多少の戦術が求められる為、初心者はイージーモードで進めて、戦闘に慣れてきたらノーマルモードに変更してみましょう。 アクション慣れしてる人はノーマルがおすすめ! アクションゲームに慣れている人は「ノーマルモード」で始めてみましょう。 「イージーモード」より敵が固くなっているので歯応えあるバトルが楽しめます。 ボス戦では不慣れだと回復アイテムを大量に使うなど緊迫感ある戦いができます。 ただ、少し敵が硬すぎるので爽快感を求めたい人は、「イージーモード」にしても良いでしょう。 FF7はコマンドバトル!という方はクラシック! 旧FF7をプレイしていて「FF7といったらコマンドバトルでしょ」という方は多くいると思います。 そのような方におすすめなのは「クラシックモード」です。 基本CPUが自動的にキャラを動かしてくれるため、プレイヤー側はコマンドの指示を出すだけとなります。 クリア後にコンプリートを目指す人はハード ゲームクリア後に、武器強化やプレイログなど様々な要素をコンプリートしたいのであれば難易度ハードを選びましょう。 かなり歯応えのある難易度になっているので武器成長やマテリアの強化、レベル上げなどを行う必要があります。 関連情報 バトル関連 システム関連 難易度の変更方法 - その他• ストーリー攻略• チャプター別攻略一覧• 装備データベース 最強装備• 武器防具• マテリア• お役立ち バトル関連• システム関連• その他• ボス攻略• ストーリーボス攻略• VRミッションボス攻略• バトルシミュレーターボス攻略• なんでも屋クエスト• なんでも屋クエスト• EXクエスト• バトルレポート• バトルシミュレーター• ミニゲーム• キャラクター• 掲示板• 体験版攻略• 公式サイト• 英語版攻略ウィキ•

次の