京都 産業 大学 コロナ 実名。 京都産業大学における新型コロナウイルス感染症罹患者の発生について(第1報)

袋井泉希は誰?富山のコロナ感染が爆サイで特定?

京都 産業 大学 コロナ 実名

令和2(2020)年3月28日(土)、京都市保健福祉局からの連絡を受け、欧州旅行から帰国した本学学生2人が、新型コロナウイルス感染症に罹患していることが判明しました。 また、3月29日(日)に同じく欧州旅行から帰国した本学学生1人、帰国後に当該学生と接触した本学学生4人についても罹患していることを確認しました。 皆様には、大変ご心配とご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。 本事案を受け、本学としましては、京都市と連携し情報を共有しながら、感染経路、接触者の有無、立ち寄り先の特定と、感染拡大の防止を全力で進めているところです。 現在までに判明した事実および本学の対応をお伝えします。 経過について 各行政が発表している情報を参照ください。 接触者への対応について 既に感染者および接触者が訪れた学内施設の消毒は完了しています。 また、接触者48人については、自宅待機のうえ京都市保健福祉局等の指示に従い検査を受けるよう連絡しています。 今後の大学の対応について 4月1日(水)に予定していました、新入生への学生証交付およびオリエンテーション、4年次生、大学院生等の学生定期健康診断(4月1日~4日)は延期いたします。 授業の開始は、5月11日(月)とします。 なお、新入生は該当する新入生オリエンテーションの5月4日(月・祝)、5日(火・祝)まで、在学生は5月10日(日)まで不要不急の学内への立ち入りを原則として禁止します。 本学における取り組み• 2020年1月30日• 2020年2月3日• 2020年2月28日• 2020年2月29日• 2020年3月5日• 2020年3月26日 6. 本件に関する問い合わせ先 報道機関の方 広報部 075-705-1411 上記以外の方 総務部 075-705-1410•

次の

【京都産業大学】「新しい生活様式」を楽しみ、親子の絆を深めよう!現代社会学部濱野ゼミの学生が子ども向けオリジナルSNS教材を配信(2020年6月22日)|BIGLOBEニュース

京都 産業 大学 コロナ 実名

令和2(2020)年3月28日(土)、京都市保健福祉局からの連絡を受け、欧州旅行から帰国した本学学生2人が、新型コロナウイルス感染症に罹患していることが判明しました。 また、3月29日(日)に同じく欧州旅行から帰国した本学学生1人、帰国後に当該学生と接触した本学学生4人についても罹患していることを確認しました。 皆様には、大変ご心配とご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。 本事案を受け、本学としましては、京都市と連携し情報を共有しながら、感染経路、接触者の有無、立ち寄り先の特定と、感染拡大の防止を全力で進めているところです。 現在までに判明した事実および本学の対応をお伝えします。 経過について 各行政が発表している情報を参照ください。 接触者への対応について 既に感染者および接触者が訪れた学内施設の消毒は完了しています。 また、接触者48人については、自宅待機のうえ京都市保健福祉局等の指示に従い検査を受けるよう連絡しています。 今後の大学の対応について 4月1日(水)に予定していました、新入生への学生証交付およびオリエンテーション、4年次生、大学院生等の学生定期健康診断(4月1日~4日)は延期いたします。 授業の開始は、5月11日(月)とします。 なお、新入生は該当する新入生オリエンテーションの5月4日(月・祝)、5日(火・祝)まで、在学生は5月10日(日)まで不要不急の学内への立ち入りを原則として禁止します。 本学における取り組み• 2020年1月30日• 2020年2月3日• 2020年2月28日• 2020年2月29日• 2020年3月5日• 2020年3月26日 6. 本件に関する問い合わせ先 報道機関の方 広報部 075-705-1411 上記以外の方 総務部 075-705-1410•

次の

【京都産業大学】「新しい生活様式」を楽しみ、親子の絆を深めよう!現代社会学部濱野ゼミの学生が子ども向けオリジナルSNS教材を配信(2020年6月22日)|BIGLOBEニュース

京都 産業 大学 コロナ 実名

京都産業大学現代社会学部濱野強ゼミ生は、新型コロナウイルス禍によって子どもの自宅で過ごす時間が多くなったことに着目し、親子で在宅時間を楽しく過ごすためのきっかけづくりとしてオリジナル教材を制作し、SNSでの配信を開始した。 濱野ゼミ生は、人と社会、人と人をつなぐ架け橋のような存在になりたいという思いから「架け橋プロジェクト」を2019年4月に立ち上げ、地域の健康推進事業の普及活動を行ってきた。 2020年度は新型コロナウイルス禍によって子どもの自宅で過ごす時間が多くなったことに着目し、SNSでオリジナル教材の配信を行う「ちょこまなはうす(語源:ちょこっと・まなぼう・おうちで)」に取り組んでいる。 オリジナル教材は、幼児から小学生を対象に配信し、幼児向けは線を書く練習、小学校低学年向けはことわざ、小学校高学年向けは四字熟語といった学習単元別に展開している。 配信は5月31日から濱野ゼミのTwitterやInstagramで開始し、既に6本を配信している(6月22日現在)。 オリジナル教材の作成にあたっては、イラストを多く盛り込んだり、難易度を段階的に上げたりするなど、子どもが楽しく学習できるように工夫を凝らした。 新型コロナウイルスの第2波、第3波が警戒され、「新しい生活様式」の実践が求められる中、配信する教材を通して自宅で親子の絆を深めるきっかけづくりを目指す。 むすんで、うみだす。 kyoto-su. jp 【リリース発信元】 大学プレスセンター プレスリリース詳細へ.

次の