いちご 100。 『いちご100%』復活!?「EAST SIDE STORY」に期待すること

いちご100% 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

いちご 100

かわいい女の子。 完成度の高いストーリー。 緻密で感情表現に富んだ絵柄。 そしていちごパンツ。 当時少年だった読者の心を鷲づかみにし、今なお異常なほどの存在感を発揮している本作。 連載が終わって10年以上経つが、今読み返してもその面白さと甘酸っぱさは色褪せない。 当時は気づかなかったが、この作品は、「甘酸っぱい恋愛漫画」「えっちな美少女漫画」という魅力のほかに 「夢を追いかける主人公」という青春漫画らしい爽やかな一面を持っている。 無個性で無趣味な主人公が理由もなく美少女にモテる話はそれはそれで面白いが、 本作の主人公は夢という強烈な個性を持っている。 夢が物語の主軸となり、その過程で女の子たちが真中に惚れていく。 高い画力のおかげで、ただでさえヒロインたちがかわいい本作。 そんなヒロインたちが「主人公の夢を応援し、主人公とともに歩もうとする」ことで、 読者は彼女たちのことをより親身に感じることができ、 そして彼女たちの愛らしさと魅力が相乗的に加速する。 彼女たちが未だに愛され、未だにその魅力をめぐって掲示板が荒れることがあるのも、 そういった理由があるからだと思う。 主人公がハーレム的にモテる話は数あれど、 主人公が夢を追いかけている恋愛漫画は珍しい。 そういう意味でも、今なおオススメの一作です。 携帯電話が普及していないなど、全体的に2000年代前半の文化や明るさが残っている作品なので、 今だからこそ面白く読めるという部分もあるかもしれません。 「主人公が何かに頑張っていて、そんな主人公がモテまくる話がよみたい」という方は、絶対に買うべきです。

次の

いちご100%読み終わった結果wwwwwwwwwwwwwww:MAG速

いちご 100

期待を裏切られた東軍から、河下先生に向けた不満や抗議のリプが相次ぎました。 真中が好きって訳じゃあないですが東城が真中以外の男と良い感じになることは想像しただけで本当に寝取られみたいで心臓が痛くなります。 ifやパラレル的な内容が良いです…。 なぜ当時の青春の数年間がこんなとってつけたような短編でズタズタにされなきゃいけないのか。 東城が前に進まなきゃいけないのは分かりますけどそんなのは読者で勝手に補完すればそれでいいじゃないですか。 あんな綺麗な終わり方したのにもったいない。 前作連載当時に東城を好きだった読者の多くが望んでいない後日談を描くのは、読者を楽しませる漫画家ではなく、自分の妄想をノートに描いて自分だけ楽しんでいる学生レベルです。 ずっと好きだった作品だけに幻滅しました。 私は見てとても悲しかった。 またがっかりしました。 東城が今救われるだろうと期待した。 むしろIFストーリーでmanakaと恋人になることを望んだ。 😪😪 — beach0206 beach0206 他にも東軍からはたくさんの不満の声がありました。 作者を攻撃するのは良くありませんが、東軍の気持ちも理解できます…。 いっそのこと百合で…• 西軍の俺が見てもあんな話だったら炎上すると思うわ• 北軍参上• ほんとうに胸を貫かれたような気持ち• 北軍挙手• 北軍万歳• 文句言ってるのは処女厨だろw なんで他の男と付き合ったらダメなんだよw• 当時の胸の痛みはなんだったのって思った• 問題は他の男とくっつくってことじゃなくて、あの男が真中と似てること• 河下はいったい何を考えているんだ• 西軍「おまえらなに騒いでるのwww」• こずえ派が来ましたよ• 唯ちゃん派• 我が大北軍には隙はなかった• 人気度によって勝ちヒロインを決めたと聞いた これで河下先生が二流漫画家であることがわかる• 処女厨のデブオタは東軍の恥でしかない• また打ち切りになりそうだな 北軍で良かった• 真中は嫌い。 真中みたいなクズは女の子に好かれる価値がないと思うから、この続編は正しいと思う。 真中みたいなやつとくっつくパラレルのほうがクソだろ。 まだ1話じゃん… NTRでもないだろ… それに真中は西野を選んだけど、東城を好きだった気持ちを忘れてなくてそれが再燃するかもしれないし… どっちにしろ北軍の俺には関係ないけどw• 東軍勝利のパラレル描いたほうが売れるんじゃないの?• NTRwwwwwwwww• ちょっと北軍が通りますよ• 俺は東軍だけど死体を鞭打たれる気分• こういう純愛作品に他の男出したらNTRだよ• 東軍は目を覚ませ。 俺もなんで新しい男を出したのか理解できないけど、真中と西野の関係は変えられないしパラレルワールドなんてないんだから、新しい恋を見つけたからって文句言うのは繊細すぎるだろ。 いまさら感• 子供の頃に3巻までしか読んだことなかったけど、西野が選ばれたなんて知らなかった。 東城が好きだったからこういう続編はいや。 文句を言ってるのは男でしょ。 女の立場からしたら、東城にはもっといい男を見つけてほしいって思うもの。 ふられて目が覚めて他の男を見つけただけでしょ。 そんなに騒ぐようなこと? それとも東城が病んだら満足なの?• 東軍の私はちょっと複雑な気持ち。 天地と結ばれるなら分かるけど、 なんで新キャラ出してきてるの?• 設定忘れてるんじゃない?• 何か心づもりがあるんだろう じゃなかったら真中そっくりのキャラなんか出さない• わたしも天地は忘れられてるんじゃないかって思う。 最終回にも出なかったし。 どっちにしろ、真中そっくりのキャラを代用品みたいにくっつけるのはダメだと思う。 250641 : 名無しさん:2017年5月8日 05時02分 ID:ZjUzNjJm それだろうな。 そもそも、まったく現実的な作品じゃない男性向けのファンサービスばっかりの漫画なのに現実だったら~ってがおかしいと思うわ。 かなり馬鹿っぽい漫画だっただろ?よく覚えてないけど。 多くファンは現実的で苦いストーリーが好きで評価してたわけじゃなくて、ゆるくて甘い馬鹿っぽいストーリーと二次元のキャラと大量のファンサービスが好きだったんだろ。 現実的なネタや、苦い恋愛とか好むのは女性作家らしいなって感じ。 今までよく我慢出来てたな。 ラスト付近でそういうの入れる女性作家多いイメージ。 作品やキャラが好きだったやつはご愁傷様。 この作品で一番強く思ったことが、俺はいちご100%のファンじゃなくてよかったと思ったことだわ。 250624 : 名無しさん:2017年5月8日 01時11分 ID:Y2JmYTQ4 いったん終わった作品のその後ってあんまり書いてほしくないなぁ。 何年もたってるとなおさら。 作者が精神的に変化しちゃうからね。 続編読んで前作よりよかった、よく書いてくれた、ってほとんどない気がする。 例えば、「デビルマン」とか恋愛ものなら「翔んだカップル」とかひどかったな。 東京ラブストーリーもやってたか。 「子連れ狼」なんかも2部以降は蛇足だし。 アニメなんかでもヤマトとか999とか金儲けが露骨すぎてしらけるし、作品も破綻するし。 ゲートキーパーズとか続編で主人公とヒロインそれぞれ別人と結婚とかなにあれ。 でも一番誰得と思ったのは「気まぐれオレンジロード」小説版でびっちになりはてたひかるちゃんかな。

次の

いちご100% 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

いちご 100

着地に失敗して倒れ込んだ女の子のスカートは捲れあがり「いちごのパンツ」が露出。 慌てて起きあがった女の子は夕日に映える美貌の持ち主で、真中は一瞬で心を奪われる。 制服を着用していることから同校の生徒である確証はあるのだが、驚いて逃げるように立ち去ってしまった美少女に心当たりはない。 唯一の手掛かりは屋上に落ちていた東城綾と名前の書かれた一冊のノート。 翌日、東城を訪ねたが、おさげ髪に黒縁メガネ、野暮ったいほど地味な印象だったため、いちごパンツの美少女ではないと思いこんでしまう。 真中の悪友らは美少女は学年のアイドル的存在の西野つかさに違いないと真中を煽り、真中本人もその気になってしまい、勢いで西野に交際を申し込む。 その告白を受け入れる返事をした西野の背後を走り去っていく「いちごパンツ」の美少女の姿があった。 その後、西野と付き合うことになったものの、次第に東城に惹かれていく真中。 そんな真中の様子に気付いた西野は真中への想いを胸に秘めたまま、彼らとは別の高校へ進学する。 高校時代 高校に入学した真中は、新しく同級生になった外村ヒロシ・北大路さつきを交え、中学時代からの友人である東城・小宮山とともに映像研究部を立ち上げる。 彼らは、学校に残されていた過去の映像コンクール応募作品を発見し、それを超える作品をつくろうと、東城が脚本・真中が監督を担当し、文化祭での発表と映像コンクールへの応募を目指して作品を作り始める。 そして物語は東城・西野・さつき、その他の人物による真中をめぐる恋の混戦を描き出していく。 アニメ広場 以下当サイト は各動画共有サイトにあるアニメ情報をまとめたリンク集サイトです。 運営者は動画の違法アップロード、またはそれの推奨・援助を含め著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問に関しまては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト運営者に責任は及ばないものとします。 リンク切れや紹介記事に不適切な箇所がございましたら、お手数ですがコメント、またはからお知らせいただけますと幸いです。 All Rights reserved.

次の