スケボー トラック サイズ。 スケボーのトラックの選び方

インディペンデント(INDEPENDENT) トラックのサイズ別の比較(スケートボード)

スケボー トラック サイズ

スケボーのトラックには多くの種類があり、選び方もまた複雑です。 そこで適切な選び方を分かり易く、詳しく解説します。 トラックはアクスル、ハンガー、キングピン、ブッシュなど、さまざまな部品で構成されています。 これらの部品は全てスケートボードのパフォーマンスに影響を与えます。 トラックの種類とサイズは、安定性に大きく影響し、何ができるか、できないかが決まります。 適切なトラックを選んで確りとメンテナンスをすることは、ウィールとデッキが接触し、トリックやターンの最中に急に止まってしまい危険な「ウィールバイト」を避けるために重要です。 また、トラックは簡単な調整でターンやトリックの感覚を変えることが出来ます。 ターン性能を上げるために柔らかいブッシュを選んだり、あまり曲がらないようにするために硬いブッシュを選ぶ事もできます。 自分が求めるスケートの好みに合わせたセッティングが出来る奥が深いパーツです。 トラックのパーツ トラックは、右の図の様にいくつかのパーツで構成されています。 アクスル アクスルは、ハンガーの中を通っていて、ウィールを装着する長い軸です。 ハンガー ハンガーはトラックの大部分を占める金属部分です。 キングピン キングピンは、ブッシュの中にを通し、トラックの各パーツを支えている大きなボルトです。 最近では中空のキングピン(およびアクスル)が、軽量かつ強度・耐久性も問題ない為、使用される事が増えている。 ブッシュ ブッシュはスムーズにターンできる様に、キングピンの周りに取り付けられたウレタン素材で出来たリング状の物です。 ベースプレート トラックとデッキを繋ぐためのビスを通す穴が開いているパーツです。 もし1990年代以前のヴィンテージデッキに乗っている場合、現在のトラックは殆ど取り付けることが出来ません。 今とはデッキの穴の位置が違うためです。 INDEPENDENTの159と、169はヴィンテージデッキに対応できる様に6つ穴が開いています。 トラックのサイズの選び方 トラックのサイズはアクスル幅、またはハンガー幅によってミリ単位やインチ単位などで表示されています。 ハンガーとアクスルの幅によって、左右のウィールとの距離が決まります。 トラックの幅はターン性能に影響し、広ければ安定し、狭ければ小回りが利きます。 好みのスタイルに合わせると良いでしょう。 最も一般的なセッティングは、トラックのアクスル幅がデッキとほぼ同じ幅にすることです。 日本で最も支持率の高い3つのトラックブランドのサイズ対応は各ページでご確認ください。 一般に、LOW、MID、HIGHの3種類に分別されます。 MIDは標準的ですが、スケートスタイルに応じて高さを選ぶことが出来ます。 LOW:小さなウィールのために設計されており、フリップトリックなどに適しています。 また、デッキの先端と路面との距離が短くなるため、キック時のデッキの反応が速くなります。 LOW用には50-53mmサイズのウィールがお勧めです。 MID:このサイズはパークやストリートに適しています。 デッキの先端と路面との距離が長くなるため、キック時のデッキの反応が遅くなりますがその分、デッキの立ち上がりが強くなります。 53-56mmのウィールサイズをお勧めします。 HIGH:大きなウィールをセッティングする想定で造られています。 深いカービングや、街をクルージングするのに最適です。 ロングボードやクルーザーにセッティングすると良いでしょう。 56mm以上のウィールサイズをお勧めします。 いかがでしたでしょうか?基本的なトラックの違いは上記の通りですが、他にも前後のウィールの距離がトラックによって変わったりと、各メーカーによって特徴が違います。 2016年にはこれまで無かったサスペンションを備えた革新的なトラック、アベニュートラックが発売され話題となりました。

次の

スケボーのパーツの中で最重要なトラックの説明と有名ブランド紹介

スケボー トラック サイズ

デッキのサイズは主に幅によって分けられています。 実際は長さも板によって違うのですが、そこは目で見て丁度良いものを選ぶことが暗黙のルールとなっています。 さて、スケートボードの幅(サイズ)は、通常7. 5~8. 25(インチ)の間で、7. 5〜8. 25中から選びます。 中にはキッズ用の7. 5より細い板や、8. 25よりも太いバーチカルやトラニー(ボールやランプ、プール)専用の太い板もありますが、最初に選ぶ板としては先に挙げたサイズがどんなタイプの滑りにも適しているのでおすすめです。 選ぶ基準として、7. 5~7. 625は細くて軽いので、板を回転させるフリップトリックに適していますが、安定度は太い板に劣ります。 8や8. 25は太くて重いので、滑りを重視したランプやボール、ダウンヒルなど、スピードのあるスケートに適していますが、複雑なフリップ系トリックには適しません。 もちろん体格や足のサイズによって変わってきますが、一般的な日本人の体格(150〜180cm程度)にはこの基準が当てはまります。 最初は幅広く使える7. 625〜8. 0を選べば問題無いでしょう。 キックとは、デッキの前と後ろの反りの角度の強さのことです。 反りが強い=キックが強いということです。 デッキを選ぶ基準の一つは、このキックの強さです。 キックの強さはオーリーのやりやすさと高さに影響します。 テールのノーズの反り(キック)は、反りが強ければ強いほどノーズとテールの先端から地面までの距離が離れます。 反りが弱い場合、少ない力でテールを蹴ることが出来ますが、デッキが上に傾く角度が緩く、高いオーリーがしにくくなります。 反対にキックが強いと、テールを地面に当てるのに強い力を要しますが、その分より高くノーズを持ち上げることが出来、高いオーリーがしやすくなります。 初めてデッキを選ぶ際は、オーリーのやりやすさを重視して、キックのあまり強くないものを選ぶと良いでしょう。 デッキはそのままでは滑りやすく危険なので、上面に必ずデッキテープ(グリップテープ)を貼ります。 デッキテープは紙ヤスリに良く似た材質のテープです。 スケートショップでデッキを購入すると、サービスで付けてくれることが多いですが、別売りの場合でも¥600~¥1200くらいです。 安物にはたまに外れがあって、滑っているうちにザラツキがすり減ってツルツルになって、効果を発揮しなくなったります。 そういった場合でもスケートショップで交換が出来ます。 近年では様々なカラーのデッキテープが出回っていますが、黒が圧倒的に多く使われています。 実際黒がスタンスなどを判別しやすいのでおすすめです。 デッキテープの貼り方はから。 市販されているデッキで、裏側に何らかのグラフィックが入っているもののほぼすべてが、何らかのスケートブランドからリリースされたデッキです。 ブランドデッキには主にブランドが持つチームに所属しているプロスケーターの名前が入ったシグネーチャーモデルと、ブランドの名前と何らかのグラフィックが描かれたチームモデルがあります。 スケートブランドの中でもデッキブランドは特に数多くあります。 これだけたくさんブランドがあると、どこの物が良いか迷うと思います。 中には独自の技術で、軽量・強化したようなオリジナルデッキもありますが、そういった物は一部で、値段も高額です。 それを除くほとんどの板は、どれもそんなに大きな差はなく、ファッションや文化などの趣向によって分けられています。 始めたばかりの方はそういった事情はよく分からないと思うので、特に気にしなくても大丈夫です。 ブランドデッキを購入する場合は、形・サイズを確認した後ブランドではなくグラフィックのデザインで選ぶと良いでしょう。 それでもきちんとブランドの趣向まで知った上でデッキを選びたいという方は、で紹介します。 、、 、、などは、日本でも人気の高いブランドです。 デッキの材料として最も有名なのが、ハードメープル(砂糖かえで)という重厚な木材です。 通常ハードメープルを加工した薄いベニヤ7枚を、プレス、カットしてデッキが作られます。 ハードメープルは主にカナダやアメリカ北部で生産されていますが、近年では中国産のハードメープルも市場に出回っています。 中国産も良い物は良いのですが、簡単に折れたり、オーリーの際にテールの弾きが悪い「外れ」が多いです。 残念ながらこれは確率によるもので、ブランド品でもまれに品質の良くないハズれ品があります。 スケートショップなら買う前に実際に見て確認することが出来ますが、ネットショップでは直接見て品質を確かめられないのが難点です。 品質が高いのは前者のアメリカのプレス機を用いたもので、そうでないものは形が不安定だったり、ビスの穴がずれていたりと、信頼性に欠けます。 もちろん品質に応じて値段は上下するので、2000円台の安すぎるブランクデッキはまず北米産ではないと思った方がいいでしょう。 ブランクデッキを購入する際は必ずショップの方に、ハードメープルの生産地と、プレス方法を確認しましょう。 販売サイトに記載されている場合も多いです。 デッキの素材として、少し前に竹のベニヤを使ったバンブーデッキが流行ったことがありました。 筆者も一回使ったことがありますが、長く使い過ぎるとささくれが出来てトゲが刺さりやすくなる印象でした。 ただ強度や品質に問題は無かったので、オススメです。 デッキはスケートボードの中で最も交換頻度の高いギアです。 オーリーをしないうちはそうでもないですが、オーリーに慣れ、毎日何回もオーリーをしていると、テールが地面に当たって少しずつ削れ、最終的にテールの先端が小さくなり、テールを弾きにくくなってきます。 こうなったら交換の時期で、毎日オーリーをしながらスケボーをしていると、約1ヶ月で交換となります。 そうでなくても、ステア(階段)をとぶなどして、デッキの真ん中に両足がある状態で着地してしまった場合折れることもあります。 また、用水路などに落としてしまい水で濡れると、水分を吸収して弾きがかなり悪くなります。 オーリーをしてテールが削れるのは仕方ありませんが、水に落としたり、デッキの真ん中を踏みつけたりしないようにし、大切に乗りましょう。

次の

スケボーのトラックを選ぶ!アイテム選びの参考書〜SK8

スケボー トラック サイズ

トラックのアクスル幅とデッキの適合表はこちら!! 25 インチ 8. 125 インチ 8 インチ 7. 875 インチ 7. 75 インチ 7. 625 インチ 7. 5 インチ 7. 375 インチ 7. 25 インチ 7 インチ 6. 875 インチ 8. スケーターからの絶大な支持を集める、THUNDER TRUCKS 新入荷いたしました!! 手に持てばわかる!! 滑ってみればわかる!! ハンパない軽さに超驚きの THUNDER TRUCKS。 とっても軽いので、キッズスケーターやガールズスケーターにピッタリ!! プッシュやオーリーなどのトリック、ランプでのスケートもグンと良く変わります。 デッキが軽くなると、動きも軽やかになります!! 回し系のトリックも、軽く回転させられ、より Cool にメイクできちゃいます!! 定番モデルのアイテムです。 シンプルなデザインでなので、どんなデザインのデッキにも合わせられます。 クイックなレスポンスで動きがよく、とても頑強です。 初心者から上級者まで幅広い層をカバーするアイテムです。 [SIZE] 8. 25 AXLE 高さ 54mm 一般的な HI と同じ高さです。 [適合デッキ SIZE] 8. 125 〜 8. 375 インチ [WEIGHT] 360g 一般的な重さは 375g です。 *この商品は2個セットです。 シンプルでベーシックなデザイン。 [SIZE] 8. 0 AXLE [適合デッキ SIZE] 7. 875 ~ 8. 125 インチ *この商品は2個セットです。 圧倒的な軽さに超ビックリ!! スケーターからの絶大な支持を集める、THUNDER TRUCKS 新入荷いたしました!! 手に持てばわかる!! 滑ってみればわかる!! ハンパない軽さに超驚きの THUNDER TRUCKS。 とっても軽いので、キッズスケーターやガールズスケーターにピッタリ!! プッシュやオーリーなどのトリック、ランプでのスケートもグンと良く変わります。 デッキが軽くなると、動きも軽やかになります!! 回し系のトリックも、軽く回転させられ、より Cool にメイクできちゃいます!! 定番モデルのアイテムです。 シンプルなデザインでなので、どんなデザインのデッキにも合わせられます。 クイックなレスポンスで動きがよく、とても頑強です。 初心者から上級者まで幅広い層をカバーするアイテムです。 [SIZE] 7. 625 AXLE 高さ 50mm 一般的な LOW と同じ高さです。 [適合デッキ SIZE] 7. 5 〜 7. 75 インチ [WEIGHT] 320g 一般的な重さは 348g です。 *この商品は2個セットです。 圧倒的な軽さに超ビックリ!! スケーターからの絶大な支持を集める THUNDER TRUCKS!! 手に持てばわかる!! 滑ってみればわかる!! ハンパない軽さに超驚き。 とっても軽いので、キッズスケーターやガールズスケーターにピッタリ!! プッシュやオーリーなどのトリック、ランプでのスケートもグンと良く変わります。 デッキが軽くなると、動きも軽やかになります!! 回し系のトリックも、軽く回転させられ、より Cool にメイクできちゃいます!! ベーシックラインのアイテム。 25インチ以下のキッズデッキにオススメです。 驚きの軽さで、滑り心地バツグン。 十分な可動域を確保しており、ターン性能にも優れたバランスのよいモデルです。 [SIZE] 7. 125 AXLE 高さ 50mm 一般的な LOW と同じ高さです。 [適合デッキ SIZE] 7 〜 7. 25 インチ [WEIGHT] 311g 一般的な重さは 320g です。 *この商品は2個セットです。 強度に定評があり、ストリートをはじめ、パークトランジション、ボールとすべてのシーンで活躍できるトラック。 キッズスケーターにオススメのサイズです。 [SIZE] 6. 875 AXLE 高さ 55mm 一般的な HI と同じ高さです。 [適合デッキ SIZE] 6. [THUNDER TRUCKS] INDEPENDENT、VENTURE に並ぶ3大トラックブランドの一つ。 2000年にモデルチェンジを経てそれまで問題視されていた軸ズレを完全に克服。 軽くて丈夫しかも反応がピカイチなトラックに生まれ変わった。 長年に渡り進化し続ける老舗トラックブランドである。 トラック自体の重さも3大トラックの中でも最軽量であり、ハンガーだけでなくベースプレート自体が他のトラックに比べて内に入っているため、クセがなく驚きのキックの軽さを実現!! トラックブランドの中ではシグネチャートラックを1番最初に出したブランドでもありライダーのサポートにも余念がない。 マーク アップルヤード、クリス コール、オウスティン ジレット、マーク ジョンソンなどビックネームが名を連ねる。 日本でも米坂淳之介やハッシーこと大阪の橋本貴興、などトッププロが愛用する今1番 HOT な TRUCK である。 [VENTURE TRUCKS] 3大スケートボードトラックカンパニーのひとつ。

次の